自分は今の仕事に向いていないのではないかと悩む人はとても多いです。特に、新しい会社に入社したばかりの新人の頃は、仕事がうまくいかずストレスになり、自分は向いていないのではないかと思ってしまいがちです。

そこで気になるのが、自分の仕事の向き不向きを判断する方法はあるのかということです。この仕事には向いていないと自分では思っていたのに、実は向いていたというケースはよくあります。

この記事では、仕事の向き不向きを判断する方法や、仕事に向いていないと思ったときの対処法について解説します。

仕事の向き不向きは3ヶ月でわかる

仕事の向き不向きは、3ヶ月もすればわかるといわれています。

3ヶ月といえば、4月に入社した場合、7月までの期間です。学校でいえば1学期です。
この時期になると、ビジネスマナーなどの最低限の研修は終わり、新人としての仕事をこなすようになっています。段々と会社に慣れ始める頃といえるでしょう。

実際に業務をこなすようになっても自分には向いていない、つらいと思うのではあれば、その仕事は向いていない可能性があります。

仕事の向き不向きを判断する方法

「自分の性格はこうだから」や「今できないからこの仕事は向いていない」などと考えている人も多いでしょう。
確かに現在の能力によって、すぐにできる仕事とそうでない仕事があります。

しかし、今できないからといってその仕事に向いていないかといえば、そんなことはありません。

一見向いていないような人見知りの人が営業職で成功したという例だってあります。

ここでは仕事の向き不向きを判断する方法を解説します。

周りにいる人に聞く

自分が今の仕事に向いていると思うかどうか、周りに相談してみることがおすすめです。

自分が思っていることと全く異なることをいわれることもよくあります。
まるで仕事ができないし向いていないと思っていたのに、実は上司は評価してくれていたというケースも見られます。

先輩や同僚、友人、家族などに思い切って聞いてみましょう。

周りに聞けるような人がいないという方は、カウンセラーに相談するという手もあります。
カウンセリングと聞くとうつ病などの精神的な病に対応するものというイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。

自分が仕事に向いているのかどうかということだけではなく、どうしてそんなことを考えてしまうのか、今できることはないのかと考えるきっかけを作ってくれます。自分の考えを整理するのにとても便利です。

大きな会社なら産業カウンセラーが所属しているので、気軽に相談してみましょう。

やりがいや楽しさを感じるかどうか

その仕事で少しでもやりがいや楽しいと思えることがあれば、向いている可能性があります。
楽しさは、仕事の上達に必要な要素です。

楽しいと思う気持ちがあれば、次第に余裕が生まれ、仕事も工夫しようとします。するとさらにスキルが上がり、いい循環が生まれていきます。

できるかどうかではなく、楽しいと思うかどうかで向いているかどうか判断するといいでしょう。

適職=向いている仕事ではない

自分の「適職」について考える際、「自分にはこういう特徴があって向いているから」などと、今の自分の特徴や能力から判断することが多いでしょう。

その考え方は、ある程度は問題ありません。

しかし、自分の意外な可能性を潰してしまうという危険性があります。

自分が向いていないと思っていた職業が、実は適職だったというケースはすごく多いのです。

・歌がうまいから歌手に向いていると思ったら全く売れず、お笑いを始めたら大ヒットした。
・研究者に向いていると思ったけれど、イマイチピンと来ず、思い切ってトラック運転手になったらとても楽しく過ごすことができている。

といったケースです。

自分の思い込みが自分の可能性を狭めています。

また、最初は嫌だと思っていても慣れてきてできるようになれば、苦痛だったものが段々と楽しく感じるようになります。

すぐに向き不向きを判断するのではなくて、しばらくやってみるようにするといいでしましょう。

仕事に向いていないと思ったときの対処法

自分と今の仕事についてとことん考えている人もいます。
それでも「自分は今の仕事に向いていない」と思ったときにどうすればいいのか、その対処法を解説します。

目標を立てる

自分のこれからの人生について考えて、目標を立てましょう。
自分は将来何をして、どういう人間になりたいのか決めることで、これからの行動の指針を定めることができます。

自分の目標次第で、転職をするのか、そのまま今の職場に残るのかさえも変わってきます。

今がつらいと未来のことになかなか目がいきません。無意識に狭くなっている視野を広げるためにも、先のことを考えて目標を立てましょう。

今の仕事で成果を出してから転職を考える

せっかく今の職場で就職したのですから、ある程度の成果を出して自分のキャリアアップにつなげるという手もあります。

何かを成し遂げることは自信につながります。なにより、転職する際にも退職の理由を前向きに答えることができます。

何もせずに退職した場合、自己評価が低くなって自分は駄目だと責めてしまいがちです。そうなることを避けるためにも、一定の成果を出してから退職することをおすすめします。

休暇をとって自分を客観的に見直す

もしも可能なら、まとまった休暇をとって自分を客観的に見直してみるのもおすすめです。

忙しいときや精神的に参っている場合には、「こうに決まっている」「こうあるべきだ」「こうしなければならない」などといった偏った考えになってしまう傾向があります。

一度頭をやわらかくしてフラットな気持ちになることで、今の仕事に本当に向いていないのか、これから何がしたいのか、転職するならどんな仕事がいいのかなど、大事な項目についてすっきりした頭で考えることができます。

仕事の向き不向きについてのまとめ

  • 仕事の向き不向きは3ヶ月でわかります。
  • 自分の今の特徴に合っている仕事が適職であるとは限りません。
  • 自分に向いていないと思っていた仕事が適職であることもよくあります。
  • 自分の仕事の向き不向きは誰かに相談することがおすすめです。
  • 今の仕事に向いていないと思ったら、休暇をとってじっくりと自分と自分の将来について見つめなおしましょう。