世の中には、ほとんど人の悪口をいわない人とよく人の悪口をいう人がいます。悪口をいう人にはどのような特徴があるのか、どのようにしたら悪口をいわないようにすることができるのかということが疑問点としてあげられるでしょう。

この記事では、悪口をいう人の特徴と、悪口をいわないようにする方法について解説します。

悪口をいう人の特徴

誰しもついつい人の悪口をいいたくなることがありますが、人の悪口をいうことはあまりよいことではありません。自分の評価を落とすことになる上、周囲の人を経由して本人にバレてしまう危険性もあります。

精神衛生上、悪口を聞くこともあまりよい気分にはならないため、なるべく人の悪口をいわないようにしましょう。悪口をいう人に近寄らないことも重要です。

また、気が付かないうちに悪口をいってしまうことや、実は不満があるが悪口をいわないように気を付けていたのに他人から悪口を引き出されてしまうこともあります。自分も悪口をいっていないか確認することも重要です。

ネガティブな発言は、自分の心や気持ちを暗くしてしまうでしょう。

人には必ずよい面と悪い面があるため、なるべくよい面を見るようにして、楽しく生活することが大切です。なるべく悪口をいわない、聞かないようにして、明るく楽しく暮らしましょう。

悪口をいう人は自分に自信がない

自分に自信がない人は、悪口を言うことで自分を落ち着かせている面もあるでしょう。

悪口をいう人は、他人と比較することで自分を確認しています。「あの人はお金はあるけど容姿が悪い」など、人の粗探しを絶えずしているでしょう。

不幸な人を見つけては、自分の方がマシだと自分自身にいい聞かせ、見下すことで、劣等感を打ち消しています。

悪口をいう人は感情的になりやすい

悪口をいう人は、すぐに感情的になります。なにか気に食わないことがあるとカッとなって怒りだしてしまいます。

普通の大人であれば、少しくらい気に入らないことがあっても、自制して感情を表に出して怒り出すことはありませんが、悪口が多い人は自制が効きません。

すぐに感情的になることは、ある意味自分の感情に素直ともいえますが、上司や先輩などに直接悪口をいってはいけません。

対象が上司の場合、直接怒ることはできないため、同僚や部下に上司の悪口をいってうさ晴らす人も多いでしょう。しかし悪口を聞かされる同僚や部下はたまったものではないことを忘れてはいけません。

悪口をいう人はストレス解消をしたい

悪口をいうことでストレス解消をしている人がいます。他人の噂話が大好きな人に多く、特定の人物の悪口がエスカレートすることで、特殊な連帯感ができてきます。

悪口をいいあう人達は、職場で気に食わないことがあると、仕事の後に居酒屋で上司の悪口を語り合うことが多いです。

悪口をいうことでストレス発散できればよいですが、ストレスが倍増することもあるため要注意です。

また本人にバレてしまった場合、取り返しのつかないことになります。

悪口を無意識にいってしまう人もいる

無意識のうちに悪口をいってしまっている人は、悪口を言うことが癖になっていて、人に会った直後にその人の悪口をいっています。

また、普段愚痴ばかりいっている人も悪口をよくいうでしょう。悪口と愚痴を区別していないため、愚痴をこぼしているうちにそれが悪口に変わってしまっていることが多いです。

ある日突然友達の態度が変わった場合などは、無意識のうちにその友人の悪口をいっていて、それが本人に知られてしまった場合です。悪口をいわれた友人はよい気はしないため、悪口をいった人と仲良くすることはできないでしょう。

悪口をいわないようにする方法

悪口は、いわれた人を苦しめることになるため、それ自体非常によくないことです。

悪口はなるべくいわないようにしましょう。相手に悪口をいったことがバレてしまうとその相手から悪く思われ、人間関係が崩壊してしまいます。複数の人の悪口をいった場合、周りの人に敵が増え、その人を苦しめることになります。

悪口をいわないために他人の評価を受け入れるのが大事

悪口をいわない人は、周囲の人からの意見を素直に受け入れることができます。

職場の上司や先輩などから注意されたとしても、謙虚にアドバイスとして聞き入れることができます。素直にアドバイスを聞き入れ、自分に足りない所だと認識し、本当に直した方がよいのであれば、直してさらによい人になっていけるでしょう。

他人からなにか意見をいわれたとき、感情的になって不快感を表に出してしまう人もいますが、悪口をいわない人はそのようなことはありません。

さらに他人は色々なこと、ときには矛盾したことや適切でないこともいうため、悪口をいわない人になるためには、周りの意見に振り回されず、自分が改善した方がよいと思うことのみ直すことが大切です。

自分に自信を持つことが悪口をいわなくなる秘訣

悪口をいわない人は、自分に自信がなく他人の意見に振り回されることが少ないでしょう。

自信があっても他人に対して常に謙虚であり、決して傲慢になることはありません。物事に関して自分なりの基準を持っており、自分がこれなら実行した方がよいと思うことだけを実行するようにしています。

悪口をいわない人は何事にも着実に歩んでおり、小さな成功体験の積み重ねでそれが自然と自信になっているでしょう。

自分に自信があるため、悪口をいって他人を蹴落とし、自分を正当化したいとも思わず、誠実に対応することが一番と思っている人が多いです。

ポジティブなことにフォーカスすれば悪口をいわなくなる

悪口をいわないで常にポジティブなことにフォーカスする人もいます。物事にはポジティブな面とポジティブな面がありますが、常にポジティブな面だけにフォーカルして見ようとしている人があげられます。

たまにポジティブ過ぎる人もいますが、このような人と一緒にいるとポジティブな思考に巻き込まれてしまいます。ポジティブな話題になると急に参加し、話が盛り上がりますが、悪口などのネガティブな話題で話に参加することはありません。

このような人は常にポジティブであるため、卑屈になって他人をうらやむこともありません。

常に自分は前向きに頑張ることだけを考えているため、悪口とは一切縁がありません。

客観的にみる人は悪口をいわない

物事を主観的に見る人より客観的に見る人の方が、悪口をいわない傾向があります。

物事を主観的に見ると自分の損得ばかりを考えてしまいがちであり、不満や悪口が出てしまいます。客観的に全体ととらえてみれば、損をしている訳ではないのに、物事の一部だけを見ることで不平・不満が出てしまうでしょう。

悪口をいわないために、物事を客観的に冷静に見る癖をつけましょう。なにかをいわれたときにすぐに反応するのではなく、冷静に落ち着いてから発言するようにしましょう。

悪口をいわないことについてのまとめ

  • 悪口を言う人の特徴は、「自信がない」「感情的になる」「ストレス解消」「無意識に言ってしまう」など
  • 悪口を言う人には近寄らないことや、自分もそうではないか確認することが重要
  • 悪口を言わないようにする方法は、
    「他人の評価を受け入れる」「自分に自信を持つ」
    「ポジティブなことにフォーカス」「客観的にみる」など