天職さえ見つかれば、毎日もっと楽しく仕事をできて、生活も充実すると思う人が多いでしょう。でも、「天職」の本当の意味を理解している人は多くありません。

ここでは、天職の意味や「適職」との違い、天職を見つけるメリット・デメリット、天職の見つけ方などを解説します。

天職とはなにか?

「天職」とは、性格や能力にふさわしい職業のことをさします。スピリッチュアルな見方では、天性に最も合っており、天から授かった職業という意味で使います。

また、昔は神聖な職業のことも「天職」といい、天子(天命を受けて天下を治める者)が国家を統治する職務や、江戸時代の遊女を表す言葉としても使われていました。

天職と適職の違いは天性か適性か

「天職」は、まるで天から授かったと思うほど自分に合っている職業のことですが、人によっては、職業でのあこがれや苦労、よろこびの中から悟りのように「天職」を見つける人もいるといわれています。一般的に 「天職」は、ひとりに1つでしょう。

対して「適職」は、その人の素質や肉体的な能力などに合う職業のことです。理論的にその人に合っている職業で、生活の糧になるようなものともいえるでしょう。

「適職」はひとりにいくつかある可能性があり、「適職」につきながら「天職」をみつけることもできます。現実的には、「天職」と「適職」が同じという人はほとんどいないでしょう。

またドコイクでは適職を探すための診断を実施しています、簡単な診断ですが結果がすぐに出るため、気になる方は是非お試しください。

あなたの適職がわかる!ドコイク式グッジョブ診断

天職を見つけると自信が出る

「天職」は、自分が好きで仕方がないことを職業にできているため、自分に自信が持てるでしょう。

自分がやりたいと思う職業なので、満足感も高いです。「天職」で人を喜ばすことができる人もいるでしょう。それは、自分自身の幸せにつながります。

天職を見つけることのデメリット

「天職」といわれる職業は、一般的には対価を得るのが難しいことが多いでしょう。

自分自身や人の喜びを求める「天職」に、会社経営や利害関係などが発生してくると矛盾を感じてしまうことが多いためです。

天職の見つけるための方法

「天職」は天から授かった職業と考えると、与えられるのを待つだけで出会うのはなかなか難しいものです。「天職」は与えられるものではなく、自分から探しにいくものです。

生活をするための職業をしながら、好きなことを続け、その先で「天職」になることもあります。また、今の職業に打ち込んでみたら、様々な貴重な経験や学びが見つかり、その職業自体に、または違う職業で「天職」が見つかるでしょう。

天職に出会うために今の仕事を好きになる

「天職」を早く見つけるには、今自分がやっていることを好きになることが大切です。

「適職」は他人が見つけてくれることもありますが、「天職」は自分で見つけるものです。今していることが、実は「天職」である場合もあります。

天職の英語は「calling」

「天職」は、英語ではa callingといいます。直訳では「神からの呼びかけ」という意味です。
他の表現方法は以下の通りです。

my vocation
my mission
an ideal job

callingを使った例文

日本語を教えるのが私の天職です。
To teach Japanese is my calling.

「天職」についてのまとめ

  • 「天職」にはいくつかの意味がありますが、“性格や能力にふさわしい職業”のことをさします。一般的にはスピリッチュアルな見方で、“天性に最も合っており、天から授かった職業”との意味のほうが使われるでしょう。似た言葉の「適職」は、“その人の素質や肉体的な能力などに合う職業”のことをいいます。
  • 「天職」を見つけるメリットは、自分が好きなことを職業にしているので、自分に自信が持てるし、満足度が高いでしょう。デメリットは、「天職」から一般的には対価を得るのが難しいことが多いところです。
  • 「天職」は自分で探すことが大切で、今の職業を続けつつ好きなことをしたり、打ち込んで学びなどを探したりするのもよいでしょう。早く「天職」を見つけるには、今やっていることを好きになることです。「天職」を探すことに一生懸命になり過ぎている人やストレスを抱えている人は、見つかりにくいでしょう。
  • 「天職」は、英語では“a calling”といいます。

天職を探してるけれど見つからない・・・そんなことはありませんか?