日常生活でもコミュニケーションは大切なことですが、ビジネスシーンでも重要視されます。

ここでは、コミュニケーションにおいて大切なこと、ビジネスでコミュニケーション能力が大切な理由、面接でのコミュニケーション能力のアピール例文などをご紹介します。

持っている能力をうまくアピールして、内定をつかみ取れます。

コミュニケーションで大切なこと

コミュニケーションでは、「話すこと」に誰でも注目しがちです。

語彙力があり、整然と、かつ堂々と話す人は、コミュニケーションが上手にみえるでしょう。しかし、コミュニケーションで大切なことは「話すこと」よりも他にあります。

相互理解のためのコミュニケーションにおいて、大切なことを解説していきます。

人の話を聴くことが大事

人の話をきくのは、コミュニケーションを成立させるためには当然なことであると誰もがわかっているでしょう。

「きく」には、「聞く」と「聴く」があります。「聞く」は、特に意識せずに耳に入ってくる音を自然ときいている状況です。

対して「聴く」は、相手の話に注意深く意識を傾けて、話の内容だけでなく、隠れた要求や心情なども読みとることをさしています。

お互いを理解するには、この「聴く」ことが最も重要です。

相手から話を引き出す事が大事

コミュニケーションは、「お互い」を理解する事であるため、どちらか一方が話しているだけでは本当の意味のコミュニケーションは成立しません。

相手が気持ちよく話せるような心情になるように、相手の話を引き出しながら会話のキャッチボールをする事も大切です。

自分の話を伝える気持ちが重要

誰もがすらすらと話ができるとは限りません。

しかし、コミュニケーションでは上手に話すことは重要ではありません。

どんなに上手く話せても、伝えたいと思う気持ちがないと、相手には伝わらないでしょう。

話すことが苦手ならなおさら、伝えたいという気持ちを強く持つことが大切です。

ビジネスでコミュニケーション力が大切な理由

現在のビジネスシーンでは、企業の中の誰でも情報を収集・発信できる能力を求められています。

以前と比べて、業務の種類が増えたため、流動的に対応しつつ働かなければなりません。

ビジネスシーンでのコミュニケーションには、コーチングやファシリテーション、プレゼンテーションなどがあります。

多様なコミュニケーションをこなすために、ビジネスでのコミュニケーションの目的をしっかりと理解しておきましょう。

相手の意思を十分に汲み取る必要があるため

円滑なビジネスのためには、Win-Winのゴールに向かって交渉するコミュニケーションを図りることが重要です。

win-winなコミュニケーションのための提案や妥協案を設定するためには、相手の意思をしっかりと理解していなければWin-LoseやLose-Loseに終わってしまうでしょう。

コミュニケーション能力の中でも、「聴く」力をフルに活用しましょう。

関連する記事はこちらです。
Win-Win(ウィンウィン)とは

自分の伝えたいことを的確に伝えるため

ビジネスでは、折衝する場面が多くあるでしょう。

折衝とは、相手とかけひきをすることをさしています。ビジネスで相手のいうことばかりにいいなりになっていては、ビジネスとして成り立たないことがあるでしょう。

上手くかけひきをして折り合いをつけるためには、伝えたいことを正確に伝えるコミュニケーション能力も重要です。

 

 

信頼関係を構築するためのコミュニケーション能力

ビジネスにおいても、信頼関係は重要です。家や車などの大切なものの購入こそ、信頼できる人にお願いしたいと思うのが普通でしょう。

コミュニケーション能力が高いと、意識しないうちに日々の積み重ねで信頼を勝ち取っていることもあります。信頼関係を構築できると、相手を説得するの楽になります。

また、一緒に働く人からの信頼関係があれば、状況に応じ協力してもらえたり、円滑にビジネスが進んだりすることも多いでしょう。

コミュニケーションについてのまとめ

  • コミュニケーションでは、「話すこと」に誰でも注目しがちです。しかし、本来のコミュニケーションで大切なことは「聴くこと」、「相手の話を引き出すこと」、「自分の話を伝える気持ち」の3つになります。
  • 現在のビジネスシーンでは、企業の中の誰でも情報を収集・発信できる能力を求められているので、コミュニケーション能力が大切といわれています。
  • ビジネスにおけるコミュニケーションには、相手の意思を十分に汲み取る必要があるため、自分の伝えたいことを的確に伝えるため、信頼関係を構築するためなどの目的があります。