ウィンウィンの一般的な意味とは

ウィンウィンはもともと経営学用語の一つであり、英語ではwin-winと表記されることが多く、一般的には自分と相手の両方に得のある良好な関係のことを示します。

ウィンウィンのビジネスシーンの意味

ウィンウィンという言葉は、ビジネス書などでも使われる言葉で書籍を通して、広く浸透しました。
ビジネスシーンにおいては、取引する両者に利益があるという意味で使われています。

ウィンウィンの使い方と例文

たとえば、自分の会社が大量の在庫商品を抱えていたとします。困っていたあるとき、その商品を大量に購入したいと考えるお客様が現れました。少しでも多く購入してもらえるならとお客様に値引き額を提案し、お客様も快く了承したとします。
このとき、売り手側は「在庫をなくすことができて嬉しい」と思い、買う側のお客様も「安く買うことができて嬉しい。得した」と両者が良い思いをします。これがウィンウィンの関係です。
例文としては、「よくアパレルメーカーのA社と契約することができましたね。けっこうな高額契約ができましたけど、どんな働きかけをしたんですか?」とたずねる部下に対し、上司は「うちの会社の制服すべてをA社商品にするという条件で契約にこぎつけたんだ。社長も快諾してくれたし、みんながウィンウィンだよ」とこのような形で使われます。