思いやりのある人は誰からも好かれ、羨ましく見えるかもしれません。しかし、無意識で相手を思った行動ができる人はそれほど多くなく、思いやりを持って人と接するにはそれなりの努力が必要です。

この記事では思いやりの意味や使い方、思いやりのある人になるための方法を詳しく解説します。

思いやりの意味や使い方

思いやりとは、他人の心情や身の上などに心を配ることやその気持ちのことをさします。
その人の身になって考える、推察して気遣いをするなどの意味もあります。

「思いやる」という動詞の連用形や、「思いやり」という名詞において使われる言葉です。

思いやりの類語「気遣い」や「心遣い」

思いやりの類語としてよく使われるのは「気遣い」や「心遣い」、「思慮」や「気配り」です
いずれも相手のことをおもんばかる行動やその気持ちのことをさす言葉です。

「思いやりを持って〜」という表現は多いですが、類語はあまりこういった表現では使われません。意味は似ていてもそれぞれの言葉で使い方が微妙に違うため注意して使いましょう。

思いやりのない人の特徴

日常生活において、「思いやりがないなあ」と感じることは多いものです。電車など公共の場で感じることもあれば、職場の同僚など身近な存在に対して感じることもあります。

しかし、これはただの他人事ではなく、自分では気をつけているつもりでも無意識のうちに思いやりがないと思われているかもしれません。

自分勝手な行動やわがままも、たまにであれば許してもらえるかもしれません。しかし、わがままが何度も重なると周囲の人たちが離れていってしまいます。

余裕がないと自己中心的になってしまう

思いやりのない人の特徴として、まずは自己中心的であることがあげられます。

自分のことばかり考えていて、自分勝手な言動や行動で周囲を悩ませます。

しかし、もともとの性格が自己中心的であるのとは別に、忙しいときなどは誰でもこの状態に陥ってしまう可能性があります。一つのことに集中するあまり、周りが見えなくなってしまう人も注意が必要です。

人にはそれぞれ事情や都合があり、悩みがある時には相手も自分のことで精一杯になってしまいます。余裕がないときでもなるべく相手を傷つけないように言葉や行動には気を配りましょう。

自己愛が強い人は思いやりを持てない

自己愛が非常に強い人も思いやりに欠けてしまう可能性があります。

自分のことが大好きな人は、人と話す時でも「いつ自分の話を切り出そうか」と他人の話を聞くどころではありません。

しかし、一般的に「優しい」と呼ばれる人は聞き上手であることが多いです。そのため、相手の話を聞いてあげることは思いやりのある行動と捉えられます。自分の話ばかりする人は思いやりのない人と思われてしまっても仕方がありません。

また思いやりのある行動はときに自己犠牲を伴います。自分に対する愛情が強すぎるあまり、自分が損をすることを恐れてしまうとこのような行動はとれないでしょう。
自己愛が強い人は、「こうすれば相手が喜ぶ」と分かっていながら行動できなくなってしまうことがあります。

何でも人任せにする人

自分は動かないのにむやみやたらと指示をしてくる上司など、何でも人任せであることも思いやりのない人の特徴です。

自分は率先して動かず他人任せにした結果、ミスがあっても自分ではなく他人のせいにします。そのようなことを繰り返していては、人が離れてしまっても無理はありません。

「仕事ができる人は人をうまく使う」といいますが、何でも人任せにすることとは意味が全く違います。

思いやりのある人になるには

職場で疲れていそうな部下がいたときに、「大丈夫?」と声をかけてあげたり、コーヒーを差し入れてあげたりと、些細な気遣いをできる人が思いやりのある人です。

相手の様子をよく見ることが大切

思いやりのある人になるためには、まず相手の様子をしっかり観察することが重要です。

「疲れているみたいだから少し休憩したら」などと声をかけ、気にかけていることを示すだけでも、相手は「大切にされているんだ」と感じます。

相手の気持ちになってみる

相手の様子をよく見ることができたら、次は相手の気持ちになってみましょう。

友人や職場の同僚など、いつも元気ハツラツとした人がやけに静かだったら、それはなぜなのか考えます。
もしそれが自分であれば、嫌なことがあったのかな、落ち込むことがあったのかなと考えられるはずです。

相手を優先にすることも大切

前述しましたが、思いやりは時に自己犠牲を伴います。円満な人間関係を築くためには時と場合によって相手を優先にすることも必要です。

自分が損をしたくない気持ちは誰にでもありますが、思いやりのある人になりたいと願うならば、自分にできることを少しずつ実践していくことが大切です。

少し疲れていても相手の話を聞いてあげるなど、小さなことから相手を優先してみてはいかがでしょうか。

思いやりについてのまとめ

  • 思いやりとは、他人の心情や身の上などに心を配ることやその気持ちのこと。
  • 余裕がないからといって自己中心的になってしまい、周りの人を知らず知らずのうちに傷つけてしまっているかもしれません。
  • 思いやりのない人は他人から好かれず、しばらくすると誰からも相手にされなくなってしまう恐れがあります。
  • 思いやりのある人になりたいと思うのであれば、相手の様子をしっかり観察し、相手の気持ちになってよく考えることが重要です。

現在の職場で気疲れしてしまい、思いやりを持つことができなくなっている人は転職を考えてみてもよいかもしれません。