収入を得るためとはいえ、会社に勤めていると理不尽さを感じてしまう場面もあると思います。会社への不満が我慢の限度を超えてしまうようでは、精神的に追い込まれてしまい、体にも悪影響を及ぼしかねません。

この記事では「会社で起こり得る理不尽なこと」や「理不尽に対応するためのコツ」について解説します。

辞めたくなる会社での理不尽

会社で理不尽さを引き起こす原因にはいくつかあります。
会社そのものに対してであったり、そこに関わる人に対してであったりとさまざまな原因です。

以下の項目では、3つの原因について解説します。

会社の待遇に対する理不尽

会社の待遇や労働環境に理不尽さを感じてしまう場合です。
「給料が仕事に見合っていない」「労働量が多すぎて帰宅時間がいつも深夜」などと感じてしまうことが原因です。

労働の対価として給料をもらっていますが、仕事の量や質に比べてあまりにも給料が低すぎるとこのように感じてしまいます。

また、そこまで不満のない給料をもらっていたとしても、労働量が多すぎると理不尽だと感じてしまいます。

会社から解放される時間が遅すぎて、寝て起きるだけの生活が続いてしまうようだと「なんのために働いているのだろう」と思っても不思議ではありません。

上司からの理不尽

会社で働く人、特に上司に対して理不尽さを感じてしまう場面もあります。

いい上司に恵まれればいうことはありません。
しかし、事あるごとに怒鳴られたり、苦労して立てた手柄を自分の手柄のようにされたりしては、イライラは募っていきます。

また、上司が気分屋のときも困ってしまいます。

具体的には、昨日まで何も言われなかったことが、次の日に同じことをしたらなぜか怒られたなどといった場面です。

「正しいことをやっているのになぜ怒られなくてはならないのか」と理不尽に思ってしまいます。

顧客からの理不尽

取引先の会社の人や客に対して理不尽さを感じることもあります。

客の立場であることを利用した身勝手なクレームや、常識では考えられない無理な要求などを受けた時にも理不尽だと感じます。
店側と客の立場でなかったら無視したいところですが、実際にはそうはいきません。

当然「何とかして応えたい」と頑張って対応策を考えることも大切です。

しかし、あまりに度が過ぎるようなものになると、頑張る努力さえ失われてしまいます。

会社からの理不尽なことへの対応のコツ

「人間ある程度の我慢は必要」とはよくいわれることですが、理不尽な言動は、やはり面白くありません。
そんな理不尽に対応するコツをいくつか解説します。

理不尽な会社には期待しない

給料や待遇の面で理不尽な扱いを受けていたとしても「いつかは給料を上げてくれるだろう」「待遇面の見直しはそのうちなされるのではないか」などと、思うことによっていくらかは頑張れます。

給料や待遇面で改善が見込めるのであれば、理不尽なことに対しても「今はしょうがない」と考えることができます。

しかし、改善が実現することなく、理不尽さに我慢をする状態が続くと、自分でも気づかぬうちに体が悲鳴を上げてしまいます。

会社としても、人件費を安く抑えようとしたり、社員の声に耳を傾けなかったりと、労働環境が改善しないことも多々あります。

そのため、会社に対して過度に期待しすぎるとかえって危険な場合もあります。

成長のためと思う

自分では正しいと思っていたことを否定されたり、常識的に考えて無理な要求をされたりした時に、気分よく過ごせる人は少ないはずです。

しかし、よくよく考えた結果「そういった考え方もあるのか」「もしかしたらこういったことをすれば解決できるかもしれない」といったように、新たな気づきに発展することもあります。

一見理不尽だと感じることでも、後に解決し、自分の成長へとつながる場合もあります。

一度、「理不尽だけど自分の成長のためだ」と思ってみるのも一つの方法です。

辞めるリスクを考える

仕事に対して理不尽さを感じる環境であれば、会社から離れてしまうのもひとつの方法です。

ただし、辞めるのは簡単なことですが、次の就職先を見つけるのはそこまで簡単なことではありません。

辞める際にもいろいろな準備や書類が必要です。
さらに、業務の引継ぎや周りの同僚や上司からの引き留めにあうなど気を遣う場面が多く出てきます。

リスクや面倒ごとに比べれば、自分の考え方を少し変えて理不尽さに対応していったほうが、結果的に上手くいく可能性も考えられます。

辞める前に転職先を見つける

理不尽への対処法はいろいろとありますが、無理に我慢してしまうことは大変危険です。

外側から見えるケガとは違って、心の中は、本人であってもどこまで傷ついているのか分からないものです。
そのため、転職を視野に入れること自体は悪いことではありません。

転職する方法は2つあります。

・在職中に新しい仕事先を見つける方法
・離職後に仕事先を見つける方法

しかし、離職後に転職先を探したとしてもすぐに見つかるとは限りません。

在職中は、時間的にいろいろと制限はあるかもしれませんが、辞める前に次の仕事先を見つけたほうが精神的に安心できます。

会社への理不尽についてのまとめ

  • 仕事をしていくなかで感じる理不尽の対象としては、「会社そのもの」「自分の上司」「顧客」が考えられます。
  • 理不尽さに対応するためには「会社へ過度な期待をしない」「自分の成長のためと思ってみる」「辞めたときのリスクを考える」というのも一つの方法です。
  • どうしても我慢できない理不尽に対しては転職も視野に入れることも考えられますが、離職前に次の仕事先を見つけておくと時間をロスすることなく転職することができます。

理不尽に感じていることを我慢せず、対処法を実践し、転職を視野に入れてみてもよいかもしれません。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda