やっと手に入れた希望の職なのに「仕事に行きたくない」と感じてしまうことがあります。その原因となるのが、入社前にはわからなかった職場の人間関係です。
憂うつで辞めることばかりを考えてしまいますが、できればそれは避けたいとも思っているはず。そこでこの記事では、

・職場の人間関係の嫌な点
・自分で引き起こす悪化の原因
・人間関係を良好にする方法

について解説していきます。この記事を通して、あきらめていた人間関係の改善を前向きに目指せるようになるでしょう。

仕事行きたくないと感じた理由に一番多いのが人間関係

就職活動ではリサーチを念入りに行うので、仕事内容が予想と大きく外れることはまれです。ですが、人間関係ばかりは入社してからでないとわかりません。
そのため、仕事を辞めたいと思った理由で一番多いのが人間関係だと言われています。人間関係がスムーズにいかないと仕事がうまく進まないだけでなく、神経がすり減ってしまい、切実に辞めたいと感じてしまうのです。

職場の人間関係で嫌だなと感じた瞬間

職場内の派閥が多い

たくさんの人が働いている会社では、派閥同士の争いという厄介なものが存在します。となると、社内の人との付き合いは常に気を使わねばならず、知らないうちに巻き込まれ当事者になってしまう可能性も否定はできません。

上司が理不尽に嫌味を言ってくる

世の中には色々な人がいるといいますが、性格がきつく嫌味な人が自分の上司になってしまうと、仕事に行くのが憂うつになってしまうでしょう。上司という立場を利用して理不尽なことを言われ続ければ、神経がまいってしまいます。

同僚同士で陰口を言い合っている

人の悪口を言っている姿は実に醜いものです。ですが、仲間内での悪口はエスカレートしやすく、何かの時に同意を求められ困ってしまう場面も容易に予測できます。こうした職場に身を置いていると、同僚同士の険悪な雰囲気に嫌気がさし、辞めてしまいたくなります。

人間関係が悪化する自分自身の原因

自分から人に対して心を開かない

積極的に話しかけたり、笑顔で接したりと人間関係を良くしようと努力をしているのに、なぜか相手は心を開いてくれない気がする。そうした悩みは、実はあなた自身の心を開いていないことが原因です
「人間関係を良くしたい」という強い願望があなたに緊張感をまとわせ、それが相手にも伝わり親近感や安心感を持ちにくくさせてしまうのです。

他人の顔色を窺って行動している

相手の気持ちを察して思いやることはとても素晴らしいことですが、顔色を窺って行動することは不快感や不信感を与えてしまう原因になります。
それは、相手を思いやっているように見えて、実は「自分がこんなにしているのだから自分にも同じようにしてほしい」という自分勝手な本音が見え隠れしてしまうからです。

自分の意見を言わない

自分の意見を言わない人は信頼を得ることができません。本人としては相手に合わせているつもりでも、相手からすれば責任を持たず丸投げされたと感じてしまうからです。力を合わせて遂行すべき仕事の仲間であれば、なおさらそう感じさせてしまうでしょう。

他人を避けようとしている

大勢でいるよりも一人で過ごす方が性に合っていると感じる人がいます。このタイプの人は、他人との親密な関係を築くことを避けがちです。
ですが職場でその傾向が強く出てしまうと、人間関係は円滑になりません。なぜなら、親密な関係に伴う責任感やしがらみを面倒に思っていることが相手にも伝わってしまうからです。

自分に自信がない

他人から傷つけられるのを恐れていると、人間関係が構築できずに職場でも問題を抱えがちです。
これは否定されたり拒絶されたりという経験がトラウマとなり、自分に自信が持てないときに陥る状況です。他人の視線になりすぎて、会社という集団の中で自分の人生を生きることが困難になっているのです。

仕事で人間関係を良好にする方法

自分自身の視野を広くする

人間関係に悩むと、その状況から抜け出したいために「仕事を辞める」という選択肢を選びたくなります。ですがちょっと一呼吸して、視点を今見ているところから広く高い場所に移動してみましょう
すると、職場の人間関係は意外と狭い範囲で起こっていることで、人生の中でもほんの一瞬にすぎないことだと思えるようになります。
さらに、たまたま人生の一時期で一緒に働く人と馬が合わなかったからといって、あなたの人格が否定されるものではないということにも気付けます。
つらい時は今の状況だけにとらわれてしまわないように視野を広く持ってみましょう。その気楽さが心に余裕を生み、状況を好転させてくれるかもしれません。

素直になることが大切

周りに気を使いすぎて生きづらくなり、人間関係も一向に良くならない……そんな時は自分の気持ちに素直になって、空気を読むのをやめてしまいましょう。
もちろん、わがままになることとは意味が違いますが、誠意あるあなたの意見は職場の仲間にも尊重してもらえるはずです。
また、自己バリアを盛大に張っているタイプならば、鎧を脱ぎ捨て、弱点だらけの自然な姿を見せましょう。周りもそんなあなたに気を許し、一気に距離が縮まるはずです。

関わり方を変えてみる

相手が変わってくれるのを待ちながらつらい人間関係を続けていくのは、心身ともに消耗します。そして、相手がこちらの気持ちを察して変わってくれることはまずありません
ならば、さっさと自分の方から相手との関わり方を変えてしまうのが正解。待つよりも働きかけている時間の方がストレスはうんと軽減します。

人間関係が上手くいっていない原因を突き詰める

つらいことには目を背けたくなりますが、人間関係が上手くいかない原因は何なのかじっくり考えてみることも重要です。自分自身に向きあい、気持ちと起きている事柄を整理すると、解決方法や自分のすべきことが見えてくるはずです。
漫然と悩み続けるより、一度問題と対峙して仕切り直すことをおすすめします。

まとめ

・自分から心を開かないと人間関係は築けない
・顔色を窺って相手に合わせても信頼は得られない
・自分の意見を言わないと責任の放棄と感じさせてしまう
・人間関係の悩みは意外と狭く、一時的なことと視点を広く持つと良い
・素直な気持ちや姿を見せることで人との距離は縮まりやすい
・相手が変わるのを待たず、自分から関わり方を変えていくべき
・悩みから目を背けず向き合えば、解決策が見えてくる