現在の転職市場において、技術職から異業種へ転職する人が増えています。中でも営業職は人気の職種で、転職サイトによっては半数以上の技術者が異業種への転職を希望している状態です。

技術職が異業種へ転職を希望している背景と営業職に転職するメリット、転職を成功させるためのポイントについて解説します。

技術職から異業種への転職が増えている背景

世間で今、最も求められている人材がIT関連の技術職です。今後もITの成長に合わせて人材不足が懸念されており、対応できる人よりも仕事の方が溢れかえっている状態です。

一方で、IT関連の仕事が溢れかえっている余波は、技術職の時間を束縛する状況を作り出しています。残業が続いて日付が変わるのは当たり前で、休日もなく納期に追われている開発現場が多数存在しています。

技術職が異業種に転職するケースが増えている背景の1つは、過重労働によると考えることができるでしょう。

他にも、人とのコミュニケーションに仕事のやりがいを感じる技術職が、営業職を希望するケースがあります。技術職といっても大きく2つに分かれ、1つ目はスマホアプリの開発を含め、お客様と接点が無い技術職です。

もう1つがお客様と仕様の確認をしながら業務の改善案を提案する、お客様と接点のある技術職です。ITエンジニアになった後、お客様とコミュニケーションを取り、メンバーをマネジメントしながら仕事を進めていくことにやりがいを感じる人が増えています。

IT業種に関する情報は以下の記事で解説しています、この記事と合わせてご覧ください。

IT業界を目指す際の志望動機 求められている人物像 例文
プログラマーとは 仕事内容や目指す方法、収入や勤務時間などを解説
3分で力試し!エンジニアやプログラマーの適性がわかる『CABテスト』
技術者派遣とは何かや技術者派遣で働くメリット・デメリットを解説

以下の記事では営業職に関する情報を解説しています、営業職を目指す方はこの記事と合わせてご覧ください。

営業職を目指す場合の職務経歴書の基本や要点を詳しく解説
営業トークで使えるバーナム効果意味と使用例をまじえ解説
転職・就職で営業に向いてない人はどのような人か 特徴を解説
営業職への転職 志望動機や未経験はなにを重視するべきかを解説

営業職に転職する場合のメリット

技術職の方が営業職に転職する場合のメリットは以下の通りです。

営業職はマーケティング力とセールス力が身につく

営業職は、お客様が求めているニーズを知るスキルが必要です。欲しくないお客様に商品を提案しても売れません、欲しがっているお客様に気付かずに営業活動をしなければ売上に繋がらないでしょう。

世間のニーズを知り、各業界のニーズを掘り起こしていかなければなりません。誰が何を欲しがっているのかを考え続けることで、マーケティング力が身に付きます。ニーズがあるお客様を発見したからといって商品が売れるわけではありません。

お客様の懐事情を探り、心に響く提案をしなければ、売上は上がりません。営業職で経験を積めば、セールス力が身についていくでしょう。

営業職でコミュニケーション能力が身につく

人と話せなければ営業職はつとまりません。しかし営業職になれば、コミュニケーション能力が自然と身に付くでしょう。

コミュニケーション能力は、営業職だけに必要なものではなく、今後のキャリアパスで必須な能力です。営業職として業務を推進すれば、コミュニケーション能力がより活用できるようになるでしょう。

営業職になると人脈が広がる

今ニーズが無いお客様でも定期的な訪問を続けていれば、いつか仕事に結びつくことがあります。また、提案を気に入っていただければ、訪問したお客様のところには、アンマッチでも別のお客様を紹介してくれることがあるでしょう。

仕入先業者やパートナー企業にもいえることです。交渉する機会を増やせば増やすほど、ビジネスチャンスは広がっていき、人脈も増える好循環を起こすことができます。

アイデムスマートエージェントでは営業職を目指す方に向けた案件を多く取り扱っています。

 

異業種への転職を成功させるポイント

異業種へ転職したからといってこれまでに学んだスキルが活きないということはありません。異業種で転職を成功させるポイントがあります。

就職、転職活動がうまく行かないという悩みがある方は、専門のエージェントの手を借りることでより早く自分に合った職場を見つける事が出来ます。この記事と合わせて、よりスムーズな転職を目指しましょう。
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 ブックマーク推奨!
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 ブックマーク推奨!
マイナビエージェント 転職活動の始め方

スキルと経験を明確にし転職を成功させる

自分が持っているスキルを明確にし、転職する際のアピールポイントにしましょう。例えばネットワークに強いのであれば、営業職をしながら社内ネットワークの管理者として任命されるかもしれません。技術を活かして働く環境はどこにでも存在しています。

これまでに経験してきた実務に対しても同様です。これまでの経験を整理すると、新たな自分のアピールポイントに気付くこともあります。

転職理由を明確にし転職を有利にする

転職に応募した企業は、なぜ前職を辞めたのかを知りたがります。すぐに諦めてしまうタイプの人であれば、採用してもまたすぐに退職してしまうリスクが高いためです。

また、人づきあいがうまくいかなかった人であれば、入社した後に周りに溶け込めないのではないか、といった不安が生じます。辞めた理由は常に前向きに捉え、どうして異業種へ応募したのかを伝えるようにしましょう。

合わせて、入社してからやってみたい事を熱意を持って話すようにしましょう。

技術力以外をアピールし転職を有利にする

技術力のアピールだけでは、異業種への転職として不十分です。技術職として仕事をしてきた中で、自分が身につけた技術力以外のスキルをアピールするようにしましょう。

コミュニケーション能力、企画書作成能力、ヒアリング能力など、事例を交えて話せば相手にも伝わりやすくなるでしょう。

技術職から異業種への転職まとめ

    • 技術職から異業種への転職は勇気がいることかもしれません。しかし、身につけたスキルはどのような業種でも活かすことができます。転職先の生え抜きの社員が経験できない事をしてきているのです。

新しいフィールドでチャレンジをしたいけれど、よい転職先が見つからない、ということはありませんか?

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda