転職サイト

新卒で就職しても、人間関係がよくなかったり、自分のキャリアプランに合っていない会社だったりと、転職したくなることも少なくありません。

この記事では、第二新卒が転職に失敗しないコツ、成功させるための転職エージェントについてご紹介します。

新卒で転職したい人は第二新卒

一般的に「第二新卒」とは、新卒で入社して3年未満の求職者のことをさします。
大学を卒業して就職した場合、年齢的には26歳くらいまでが相当するでしょう。

第二新卒は、学校を卒業して一度就職していること、つまり社会人経験があることを前提にしています。

企業にとっての第二新卒とは

  • 社会人経験がある
  • ビジネスマナーなどの基本的な教育が省ける
  • 柔軟に自社に馴染んでくれる

これらを期待できる人材です。

反対に、卒業後に就職した経験がなければ、「既卒」として区別されることが多くなります。

第二新卒の求人は増えている

企業によっては、第二新卒を大々的に募集しているところもあります。

ただし、第二新卒は法律などではっきりと定義されているわけではありません。募集要項で定義をしっかりと確認しましょう。

第二新卒歓迎としているところは、大手から中小企業まで様々で、転職サイトや転職エージェントには、第二新卒専用のものもあるほどです。

>

第二新卒の転職で失敗しないコツ

企業が積極的に募集している第二新卒ですが、本人の状況やアピールの仕方などによって、「短期間で仕事を辞めた」と、マイナスイメージになってしまうこともあります。

少しでも第二新卒として評価されて転職を成功させるには、いくつかのポイントがあります。

転職先が決まる前に退職しない

転職先が決まる前に退職してしまうと、次の仕事に対してビジョンがはっきりしておらず、会社を辞めたい気持ちが先行しているように見えてしまいます。

身体的・精神的に追い詰められていない限りは、転職先を先に見つけることが大切です。

また、転職活動にもお金はかかります。
自分自身としても、経済的に安定して転職活動ができたほうが、いい結果を導き出せます。

先に退職してしまうと、就職を焦ってしまう可能性が大きくなります。

何のための転職か明確にする

転職活動では、退職理由も大切です。

辞めた理由が、自分の意志ではなく、人や会社のせいになっていると、また同じ理由で退職するのではないかと思われてしまいます。

たとえ、ブラック企業と判断して辞めたとしても、退職理由はポジティブな理由を考えましょう。

退職理由ではなく転職理由と考えると、ポジティブに考えやすくなります。
会社を辞めるための転職ではない、キャリアパスを考えたポジティブな理由を考えましょう。

新卒とは違う転職活動をすること

前述であったようにポジティブな理由を考えても、実際のところは、新卒の際に会社とのミスマッチがあったので辞めることになったというのが現実です。

新卒の時と同じような転職活動では、またミスマッチを起こしかねません。

新卒は決まった時期に就職先を見つけなければいけません。
しかし、第二新卒の転職活動は自分のペースで進められます。

自分自身の適性や適職も、新卒の時とはまた違う視点で考えられるいい機会です。

また、緻密な業界・企業研究と自己分析をするのも大切です。
第二新卒の転職は、今はそう難しくないですが、第二新卒とされる時期は短いです。
その短い時期に何回も転職を繰り返すのは、賢い選択ではありません。

新卒で転職を成功させるには

転職する際に、転職エージェントを活用するのが一般的になっています。

転職エージェントは、求人の紹介だけでなく、履歴書・職務経歴書の作成指導や面接対策、内定が出てからの条件交渉や入社日の交渉などもしてくれます。

また、転職エージェントによっては、面接同行をしてくれるところもあります。

転職エージェントはいくつか登録する

転職エージェントは、自分に合ったエージェントを選ぶのが鉄則ですが、多数のエージェントからひとつを選ぶのはほぼ無理です。

そこで、大手転職エージェントと第二新卒特化型転職エージェント、両方への登録がおすすめです。

大手転職エージェントに紹介された求人と、第二新卒特化型エージェントから紹介された求人の内容を比較することで、より自分に合った情報を得ることができます。

初めての転職は、条件の良し悪しの見分けがつかないこともあるので、大手の求人数の多さを上手く利用して、数多く目を通すことも大切です。

また、特化型の中小規模の転職エージェントは、面接対策などのサポートが丁寧で親身、登録者数が大手よりは少なくサポートを受けやすい環境である可能性が高いです。

転職エージェントの解説・比較記事
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

第二新卒の転職についてのまとめ

  • 第二新卒とは、新卒で入社して3年未満の求職者のことです。
  • 今では、第二新卒の求人の数もかなり増えています。
  • 企業側は、第二新卒は社会経験があり、基本の社員教育が必要ないだけでなく、職場に早くなじむ層と期待しています。
  • 企業により第二新卒の条件が異なるので、しっかりと確認しましょう。
  • 転職先が決まる前に退職しないこと、何のための転職か明確にすること、新卒とは違う転職活動をすることなどが大切です。
  • 第二新卒として初めての活動には、転職エージェントを活用し、サポートを受けるのがおすすめです。
  • 比較対象があると参考になるので、大手転職エージェントと第二新卒特化型転職エージェントに登録するのがおすすめです。

第二新卒として、転職エージェントを活用して転職活動を成功させましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

会社にばれずに転職活動するためのページへ

【最速】お昼休みの30分で転職活動するためのページへ

マナラボが特におすすめする転職エージェントは以下のとおりになります。

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェント

DODA

それぞれの特徴を申し上げると、はじめに管理職クラスならBIZREACH(ビズリーチ)・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)ならFecebookでの登録も可能なので、気軽に始めることができるからです。自分は管理職、かつ気軽に転職を始めたい場合は強くおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェント

DODAは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はDODAがおすすめです。また、DODAの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またDODAには各業界の年収を知ることができるページもございます。簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

DODA平均年収ランキング

DODA