ヘッドハンティングは海外にある企業や外資系の企業では当たり前のように行われていますが、日本ではまだまだ歴史も浅く、あまり馴染みがないかもしれません。

今回はヘッドハンティングについて以下のような点を中心に解説いたします。

  • ヘッドハンティングって何だろう?
  • ヘッドハンティングの話が自分にきた場合
  • ヘッドハンティングされやすい人材

ヘッドハンティングに強い転職エージェントにはビズリーチというものがあります。以下から参考にしてみてください。

ヘッドハンティングって何だろう?

日本ではまだ歴史が浅いヘッドハンティング

ヘッドハンティングとは、経営者や経営幹部、またはそれに準ずるミドル層などの優秀な人材を会社の外部からスカウトし、自分の会社に引き入れることをさします。

ヘッドハンティングは企業から直接依頼を受けたヘッドハンターと呼ばれるプロのスカウトマンによって行われることが多い傾向にあります。

ヘッドハンティングは、事前に企業から一定の金額を受け取ってから動くケースとその人の出来高や成果によって成果報酬を受け取るケースとがあります。

日本ではまだまだ歴史も浅く、日系企業では義理や終身雇用などの古い慣習が残っているため、ヘッドハンティングが積極的に行われることは少なかったのですが、最近では増えてきています。終身雇用制度や退職金制度なども崩壊してきたため、転職する人が増え、良い人材はヘッドハンティングするケースも多くなってきています。

日本でなかなかヘッドハンティングが進まない理由として、優秀なヘッドハンターがいないこと、内部からの反発が大きいことが挙げられます。

ヘッドハンティングの場合、転職サイトを利用するように公募できないため、ヘッドハンターに人材選びは任されています。ヘッドハンター自体が少ないため、思うようによい人材を登用できないことがあります。

また、経営者などの上層部を社外から呼ぶことに抵抗を示す会社もまだまだ多く、「外部からの優秀な経営者」よりも「経営スキルは少し劣っても生え抜き(プロパー)」を希望する社員も多いのが現状です。

転職エージェントとの違い

●転職エージェント

サイトに登録している人材を企業に紹介する。企業が求める人材がいれば、サイト登録者の中から推薦する。

●ヘッドハンティング

転職を考えているか否かは問わず、すべてのビジネスマンを対象に行われる。

以上のことから、転職エージェントはあくまで、「サイト登録者」の中から選ばれますが、ヘッドハンティングの場合、「全ビジネスマン」がターゲットとなる点が異なっています。

ヘッドハンティング会社から話が来た場合

ヘッドハンティングは突然くる

ヘッドハンティングの大半は、突然、会社や自宅に見知らぬヘッドハンターから電話やメールで誘いが来るようです。予期せぬ時期、場面で誘いが来て、驚く人が多いです。

ヘッドハンティングしてほしいと思って来るものではありませんし、自分から願い出るものでもありません。

ヘッドハンティングされた際に確認すべきこと

大抵、ヘッドハンティングされる際の条件として、現職よりもよい雇用条件であることが多いです。報酬や待遇がよいからといって、即答するのは危険です。

突然のヘッドハンティングに興奮し、歓喜するだけではなく、自分の意志としっかり向き合い、これからのキャリアを築いていく上で大切なことはなにかを考えて答えるようにしましょう。

もし、新しい会社に移ったとしたら、自分はどんな成果を上げられるのか、どんな人たちと一緒に仕事をするのか、会社の将来性は大丈夫か、など会社のことや自分のことも考える必要があります。

相手の会社を知るために以下のような点を確認しておく必要があります。

  • 連絡先は会社かプライベートか
  • 自分がヘッドハンティングされた理由を明確に教えてもらう
  • 自分の情報を相手がどれだけ持っているのか

中には詐欺まがいのヘットハンティング会社もあるので、信用できる相手かどうか見極める必要があります。

ヘッドハンティングの断り方

ヘッドハンティングされた場合、すぐに受け入れるのはあまりおすすめできません。考える時間を取った方がよいですし、そもそも転職を考えていなかった場合、突然の誘いに驚くことでしょう。

もし、一度断ったとしても、ヘッドハンターは複数人に声をかけているので、その中でどうしても来てほしいと思う人材には何度もアプローチするはずです。一度は断るという慎重さを逆に評価される場合もあるくらいです。

ヘッドハンティングを断る際は適当に扱ってはいけません。ヘッドハンティングされるほどの人材ならば、今回でなくても将来的にまた声がかかるかもしれません。

しかし、断り方が雑だと、評価が下がり、今後ヘッドハンティングの対象から外されてしまうかもしれません。今、もし転職する気がなくても、将来はわかりません。その時のためにも、お互い気持ちよく仕事ができるよう丁重にお断りしましょう。

また、相手の批判を言わないように気をつけましょう。そのつもりがなくても、今の会社の待遇が良い、今の企業の年収が良い、といったことを並べて断ると、相手の会社も気持ちのよいものではありません。あまり多くの理由は語らず、現状では難しい旨を伝えるようにしましょう。

メールで断る場合は以下の例文を参考にしてみてください。
例)メールで断る場合

この度は、大変光栄なお話をいただき、ありがとうございました。

せっかくのお話ですので、考えさせていただきましたが、現状を考慮するとお断りせざるを得ません。

ご期待にそえず申し訳ありません。

ご連絡ありがとうございました。

ヘッドハンティングに関連する英語

外資系の企業から英語でヘッドハンティングされることもあります。そのような場合、どう対応すればよいのでしょうか。

断り方の一例として、以下のようなフレーズを使うことができます。

例1)

I deeply appreciate the officer, but I’m really satisfied with my current job.So I’m sorry and thank you again.

例2)

I’m afraid, but I am honestly not interested in your offer.I’m sorry and thank you.

ヘッドハンターが惹かれる人材とNGな人材

ヘッドハンターが惹かれる人材

ヘッドハンターが求める人材には、豊富な経験とスキルを持ったミドル層が多くいます。企業で様々なプロジェクトを成功させ、地位も信頼も確立してきた人はヘッドハンティングされやすいでしょう。

では、若手のヘッドハンティングの場合はどうでしょうか。

ミドル層に比べて経験もスキルも弱いですが、「円滑な人間関係」の中で仕事をしている人はヘッドハンティングされやすい傾向にあります。ヘッドハンターも様々な会社のエグゼクティブクラスの人材については情報が入ってきますが、若手で優秀な人材の情報はなかなかキャッチできません。

社内で色々な人との繋がりを大切にし、仕事上で人間関係が広い人はヘッドハンティングの対象になりやすいです。よい人脈があるということは信頼もあり、仕事もできると判断されるためです。

ヘッドハンターがNGな人材

ヘッドハンターにとってNGな人材は、個人の能力のみを優先し、協調性がない人です。

どんなに経験やスキルが豊富でエグゼクティブクラスにいたとしても、部下が全然ついてこない人や部下を信頼しておらず、自分の能力のみを信じて仕事をしている人は、ヘッドハンターの間で評価が高くありません。

そもそもヘッドハンティングして、新しい会社で会社のために力を尽くしてミッションを達成してほしいのに、協調性がない人材だと、新天地での活躍が期待できないためです。

スキルと経験、そして、人間力(特に人間関係)がヘッドハンティングするか否かの重要な分かれ道となるのかもしれません。

ヘッドハンディングに関するおさらい

ヘッドハンディングに関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 日本ではまだ馴染みが少ないヘッドハンティングだが、外資系企業や外国では当たり前に行われている
  • 日本でヘッドハンティングが進まない理由は、優秀なヘッドハンターが少なく、転職に対して企業の目が厳しいことなどがある
  • 転職サイトに登録している人の中から人材を探すのが転職エージェントで、ヘッドハンティングは全会社員が対象
  • ヘッドハンティングは突然、電話やメールでアポがくる
  • ヘッドハンターをお断りするときは丁重に
  • ヘッドハンターが求める人材は豊富な経験とスキルはもちろんだが、人間関係を築く力が優れているということもポイントとなる

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda