ユーチューブ(YouTube)に動画を投稿することで収入を得ているユーチューバー(YouTuber)という方々がいます。ユーチューバーはどんな仕事をしているのか、ユーチューバーはどのようにして収入を得ているのかなどが疑問点としてあげられます。この記事では、ユーチューバーの仕事内容、ユーチューバーが収入を得る仕組み、ユーチューバーのなり方、ユーチューバーの年収などについてご説明します。

ユーチューバーとは

ユーチューバー(YouTuber)という新しい職業があることをご存知でしょうか。ユーチューブ(YouTube)に自ら作成した動画を継続的に投稿している方々のことです。

ユーチューブでは、投稿する動画に広告を挿入することにより広告収入が得られる仕組みになっています。

多くの人は趣味として動画を投稿しているのですが、一部の方はこれによって収入を得て生計を立てている人もいるのです。

 ユーチューバーの仕事内容

ユーチューバーの仕事は、動画を撮影し、それを編集してユーチューブにアップロードすることがメインです。一日の作業は特に決められている訳ではないので、自分で決める必要があります。

何を撮影し、何をアップするかは本人の自由ですが、自分で何をするとか目標を立てて作業をしている人もいます。また、動画の撮影を明るい昼間に行い、静かな夜は動画編集をするという人もいます。

ユーチューバーの仕事内容

ユーチューバーの仕事は、動画を撮影し、それを編集してユーチューブにアップロードすることがメインです。

一日の作業は特に決められている訳ではないので、自分で決める必要があります。何を撮影し、何をアップするかは本人の自由ですが、自分で何をするとか目標を立てて作業をしている人もいます。また、動画の撮影を明るい昼間に行い、静かな夜は動画編集をするという人もいます。

ユーチューバーが収入を得る仕組み

ユーチューブから収入を得るには、事前の登録や動画に広告を設定するなどいくつかの準備が必要です。実際に登録する流れについてご説明します。

パートナープログラムへの登録方法

1.ユーチューブのパートナープログラムに登録します。ユーチューブのアカウントにログインし、クリエイターツールから申し込みを行います。
2.次にGoogle AdSense(グーグルアドセンス)への申し込みを行います。そして、パートナープログラムのGoogleアカウントアドセンスのアカウントとの関連付けを行います。さらに口座情報の登録ををします。
3.個々の動画をアップロードするときに、広告の設定をします。CM動画、バナー広告など広告をどこに挿入するか指定できますので、個々の動画にて設定します。
4.チャンネルの合計視聴回数が1万回に達するとユーチューブのパートナープログラムに参加可能か審査されます。審査に通過すると動画の収益化が可能です。
5.収益が8000円以上になった時点で、翌月25日に支払いが実行されます。

再生数あたりの報酬額は開示されていない

アドセンスに登録して実際どのくらいの収入が得られるのでしょう。今まで一般的に再生1回あたり0.1円と言われていたのですが、最近は少し変わってきているようです。

実際にはバラつきがあり、1再生0.5円だったり、0.1円未満のこともあるようです。現在ユーチューブでは、サブスクリプション収入という考え方で報酬が決定されており、動画の再生関数と再生時間の両方要素で報酬を決定しています。

つまり、長い動画でユーザがその動画に長く留まっていた場合、報酬も増える仕組みになっています。

ユーチューバーになるには

ユーチューバーになるには、特別な資格や学歴は必要ありません。動画が好きで、多くのユーザを集められれば、誰でもユーチューバーになることができます。収益を得るためにはユーチューブのパートナープログラムに申し込みをする必要がありますが、ただ好きというだけの理由であっても構わないのです。

ただ趣味としてユーチューバーになるには、そんなにハードルは高くありませんが、ユーチューバーとして生計を立てていくのは、非常に大変です。、ユーチューバーとして生計を立てるくらいの収入を得るには、ほぼ毎日、人に観たいを思われる動画をアップロードし続ける必要があります。

それから、ユーチューバーは、撮影した動画を編集するスキルが必要です。動画編集ソフトを使って、撮影した動画にテロップや効果音などを入れて、より見やすい映像にします。動画編集ソフトは、有料のものや無料のものなど幾つかありますが、使いこなすのに、それなりに学習が必要になります。

ユーチューバーの年収

趣味が仕事になったようなユーチューバーですが、実はトップユーチューバーになると結構高い年収になるようです。

トップのユーチューバーになると年収1000万円を超える水準になることもあるようです。最も稼いでいるユーチューバーは、1億や5000万超えという噂もあり、トップのユーチューバーになれば相当な収入があるのです。

しかし、ほとんどのユーチューバーは生計を立てられるほど稼いではいないようです。ユーチューバーの約8割が月1000円未満の収入であり、月100万円以上稼げる人は数%以下です。

参考:給料BANK「youtuberの給料年収、手取り、初任給」

その他の職種に関してはこちらが参考になります。

dodaへ

勤務体系と休日

ユーチューバーは、フリーランスであるため、勤務時間や休日は特に決まっていません。自分自身で完全に決められるため、完全に自由です。逆に決まっていないからこそ、自分自身でスケジュール管理して実行していく姿勢が必要になります。

ユーチューバーの中には、毎週いくつ動画アップするなどと目標を立てて、仕事をしている人も多いのです。

有名なユーチューバー事務所

日本で有名なユーチューバーの事務所にUUUM(ウーム)株式会社があります。このUUUM株式会社についてご紹介します。

UUUM株式会社

UUUM株式会社にHikakinやはじめしゃちょーなどの日本のトップユーチューバーのほとんどが所属しています。この会社では、ユーチューバーのマネジメントや動画制作サポート、プロモーションのプランニングを行うことで、ユーチューバーに対して各種のサポートを行っています。具体的には、ユーチューバーのグッズ販売やイベント運営、キャンペーン、テレビ雑誌等のメディア取材対応などを行っています。

UUUM株式会社

ユーチューバーの仕事内容まとめ

ここまで、最近誕生した新しい職業であるユーチューバーについて説明を行ってきました。

  • ユーチューバーは、ユーチューブに動画を投稿し、収入を得ている
  • ユーチューブから収入を得るには、パートナープログラムに参加、広告を設定
  • ユーチューバーになるには資格は不要、多くのユーザを集められれば誰でもなれる
  • トップユーチューバーになれれば、高い年収が可能

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda