自分のことを表す「小生」や「小職」と言う言葉。たまに見かけることがありますが、どのような場面で使われるのが適切しょうか。意味や類語、使い方について解説していきます。

「小生」の意味

「小生」は「男性が自分をへりくだっていう言葉」です。多くの場合、手紙において使用されます。また、一人称となりますので、例えば家族全体を指すのではなく、あくまでも自分一人を指す場合に使用します。

「小生」は男性が使う

前述のように「小生」は男性が使う一人称です。「へりくだる」というのは「相手に敬意を払い自分を控えめに表現する」ということです。
例えば、手紙や小説の場において「小生は~」のように使われることもあります。この場合は「私は~」ということを「相手に敬意を払いながら表現している」ということになります。

女性は使わない

「小生」は自分自身を表す一人称ではありますが、男性が使う言葉ですので、女性はこの言葉を使用しません。では「女性の場合はどういった言葉を使うのか?」と疑問に思ってしまいますが、どうやら「男性=小生」のように、女性特有の呼び名というのはないようです。女性の場合は「私」(わたし、わたくし)を使うのが一般的でしょう。

「小生」は目上の相手には使わない

このように、へりくだった表現であるのですが「小生」は「目上の相手には使わない」というところには注意が必要です。
敬意を表す言い方なのですが、目上の相手に使うと「無礼で生意気」と思われてしまうこともあります。良かれと思ってしたことでも、相手の取り方次第で思わぬ誤解を受けてしまう可能性もあります。「小生」という言葉を使う際には、どういった場で使うべきなのかについては気をつけたいところです。

辞書によると「小生」は「自分と同等か目下の相手に使う」とされています。やはり、目上の相手に使うことは好ましくないということです。
ただし、「同等か目下の相手」に使ったとしても「古臭い」印象や「偉ぶっている」と勘違いをされることもありますので、よほどの仲ではない限り使わないほうが無難であると言えます。

ビジネスメールで「小生」は使わないほうが無難

ビジネスの場では特に、ちょっとした勘違いから大きな問題に発展することもあります。そのため「小生」という言葉はビジネスメールでは使わないほうが良いでしょう。例え相手が同等か目下の場合であってもその表現を好む人もいれば好まない人も存在します。「小生」を使ったがために「自意識過剰な人なのでは?」と思われてしまっては、仕事に支障をきたす場合もあります。ビジネスメールでは「小生」という言葉は使わないほうが無難です。

「小職」の意味と使い方

「小生」と似た言葉に「小職」があります。意味は「自分をへりくだっていう言葉」ですので「小生」とほぼ同じ意味です。
2つの違いは、男女の区別がないということと、官職についている人が主に使う言葉であることです。
しかもここでいう官職は公務員を指すことが多いようです。ですので、本来は公務員がその役職をへりくだって使うのですが、時代とともに一般の会社でも使われるようになりました。
例えば「小職」と言う言葉は「小職、このたび異動となり~」などという使い方をします。しかし、どうしても「堅い、形式ばった」印象を受けてしまうため、敬意を表してはいるものの、取る側次第で要らぬ誤解を与えてしまうこともあります。

ビジネスメールで使うべき一人称 – 「私」「下名」

いくつか自分のことを示す表現方法を紹介してきましたが、どれも一長一短があり場合によっては「状況にあっていない」と判断されてしまうこともあります。
無難な例として「下名」という表現もあります。読み方は「かめい」であり、やはり「自分をへりくだって使う」言葉です。男女の差や職業の違いで使い方を制限されませんのでビジネスメールの場でも見ることのできる表現です。もちろん「私」という表現でも問題ありません。「下名」ですと、どうしても堅苦しい印象を与えてしまうために、特に文章が堅苦しい内容でなければ「私」を使っても失礼にはなりません。

私的なメールでも「小生」は使わないほうが無難

ビジネスの場だけでなく、私的なメールにおいても同じ事が言えます。
「小生はただいま休暇をいただいております」と使った場合、休暇中であることは伝わるのですがやはり堅苦しい印象を持ってしまいがちですし、本人はへりくだったつもりでも、相手側は「偉そう」と感じてしまう場合もあるでしょう。
年配の方同士や「小生」という言葉を使う意味をお互いが理解しあえている仲でない場合は、例え私的なメールの場であったとしても使わないほうが無難であると言えそうです。

一人称は基本的に「私」が良い

これまで自分を表す一人称として「小生」「小職」「弊職」「下名」について見てきましたが、それぞれにメリット、デメリットがあります。職場やプライベートを問わず使える言葉としては「私」を使うことが一般的でしょう。
ついつい「私」では失礼に値するのではないかと思ってしまいがちですが、決してそのようなことはありません。
自然な印象を与えることになるでしょう。

一人称についてのまとめ

自分を指し示す言葉でもこのように多くの表現方法があります。例えばもっと砕けた表現では「俺」や「自分の名前」を使っている場合も見かけることができます。それらの言葉の一つ一つの意味をしっかりと理解して、その言葉を使う場所や相手などを考慮して使い分けることが重要となってきます。

関連するおすすめ記事

「当職」の意味と使い方と「小職」との違い

マナラボで学ぶ!ビジネス用語

ビジネス用語・カタカナ語 一覧まとめ

マナラボで就活・転職を勝ちとる!

マナラボ式 好印象をあたえる履歴書の書き方まとめ

心理統計学から自己分析ができる! Future Finder