自分のことを表す「小生」や「小職」という言葉。普段はあまり見かける事の少ない言葉ですが、どのような場面で使われるのが適切でしょうか。ここでは意味や類語、使い方について解説していきます。

「小生」の意味とは何か?

「小生」は「男性が自分をへりくだっていう言葉」で、多くの場合、手紙において使用されます。また、一人称であるため、家族全体をさすのではなく、あくまでも自分一人をさす場合に使用します。

「小生」は男性が使う

前述のように「小生」は男性が使う一人称です。「へりくだる」というのは「相手に敬意を払い自分を控えめに表現する」ということです。

例えば、手紙や小説の場において「小生は~」のように使われることもあります。この場合は「私は~」ということを「相手に敬意を払いながら表現している」という意味になります。

「小生」を女性は使わない

「小生」は自分自身を表す一人称ではありますが、男性が使う言葉のため、女性はこの言葉を使用しません。

では「女性の場合はどういった言葉を使うのか?」と疑問に思ってしまいますが、どうやら「男性=小生」のように、女性特有の呼び名はありません。女性の場合は「私」(わたし、わたくし)を使うのが一般的でしょう。

「小生」は目上の相手には使わない

「小生」はへりくだった表現ですが、「目上の相手には使わない」というところには注意が必要です。

敬意を表すいい方ですが、目上の相手に使うと「無礼で生意気」と思われてしまうこともあります。よかれと思ってしたことでも、相手の取り方次第で思わぬ誤解を受けてしまう可能性もあるため注意が必要でしょう。

また「小生」は「自分と同等か目下の相手に使う」とされているため、目上の相手に使うことは好ましくありません。

ただし、「同等か目下の相手」に使ったとしても「古臭い」印象や「偉ぶっている」と勘違いをされることもあります。そのためよほどの仲ではない限り使わないほうが無難であるといえます。

また以下では職場での人間関係に悩む方に向けた情報を紹介しています。言葉遣いに限らず、周りの仕事仲間との間に壁があるな、と思ったときに是非ご一読ください。

仕事行きたくない 一番の原因は人間関係 職場の人間関係の改善方法
仕事が好きでも会社に行きたくない理由とは 人間関係の問題と解決方法
職場で疎外感を感じた時の抜け出し方、疎外感を感じやすい人の特徴

 

 

ビジネスメールで「小生」は使わないほうが無難

ビジネスの場では特に、ちょっとした勘違いから大きな問題に発展することもあります。そのため「小生」という言葉はビジネスメールでは使わないほうがよいでしょう。

例え相手が同等か目下の場合であってもその表現を好む人もいれば好まない人も存在します。

「小生」を使ったがために「自意識過剰な人なのでは?」と思われてしまっては、仕事に支障をきたす場合もあります。ビジネスメールでは「小生」という言葉は使わないほうが無難です。

また以下の記事ではビジネスメールの書き方や例文を解説しています、この記事と合わせてビジネスマンとして正しいメールを書けるようになりましょう。

ビジネスにおけるメールでの謝罪のやり方 お詫びメールの例文を解説
【内定をもらったあと】 お礼メールの書き方・例文をわかりやすく解説
上司へメールを送る際の重要ポイントと例文
英文メール、正しく敬称をつけよう ビジネスで使える英語例文集
企業に対するメール返信について 返信がない場合の対処法など
マイナビ:履歴書