この記事では「いとおかし」という言葉について解説しています。「いとおかし」はの「をかし」に由来する言葉。現代語でも「めっちゃおもしろい」というで「いとおかし」と冗談めかして言いますが、古語の「おかし(をかし)」には別の意味もあります。

そこでこの記事では「いとおかし」の古語と現代語の意味の違いをはじめ、類義語や「枕草子におけるいとおかし」などをテーマにくわしく解説いたします。

いとおかしの意味とは


「いとおかし」は「とても深い趣がある」「すばらしく優美だ」といった意味をあらわす言葉です。品詞分解すると副詞の「いと」と、形容詞の「おかし」で構成されます。「いと」は「大変に」「とても」など程度がはなはだしいことを意味する言葉です。

また「おかし」は「こっけいだ」「変だ」「風情がある」「優美だ」などを意味する言葉です。現代語の「おかしい」はもっぱら「こっけいだ」「変だ」という意味で使われますが、古語の「おかし」には自然や人の情けに対する感動の意味も含まれます

いとおかしは平安時代の言葉

「おかし(をかし)」は、枕草子など平安時代の日本文学にみられる美的理念のひとつ。自然や物事を直感的に観察して、その情景や印象を知的で批評的なエッセイとして表現しました。

「おかし」の語源については諸説ありますが、「愚かなこと」を意味する「をこ(痴)」が変化したという説と、「(良いことを)招き寄せる」という意味の「をく(招く)」を語源とする説が有力です

ちなみに「おかし(をかし)」の語源のひとつと考えられる「をこ(痴)」は名詞ですが、形容詞では「をこがまし」。この言葉は現代語の「おこがましい」の語源でもあります。

「おかし(をかし)」の語源が「をこ(痴)」や「をく(招く)」などに分かれて一定しないのは、「おかし」の意味が古くから「風情がある」と「こっけいだ」の両方あったことが理由のひとつ。古典文学では意味を前後の文から判断する必要があります。

源氏物語や枕草子、更級日記など平安時代の貴族的な女流文学では「おかし」は「風情がある」という意味でよく使われています。一方、平安時代末期に成立した宇治拾遺物語では「滑稽だ」「おかしい」という意味が中心です。

宇治拾遺物語は民間伝承の滑稽譚を集めた説話集ですので、女流を中心とした宮廷文学との違いとみることもできますが、室町時代以降になると「おかし」=「滑稽だ」の意味が主流となり、「風情がある」という用法はフェードアウトしていきます。

いとおかしは平仮名で表現する

「いとおかし」は平仮名で表現します。該当する漢字がないのは、「いと」も「おかし(をかし)」も大和言葉だからです。「大和言葉(やまとことば)」とは古代日本に漢語が入ってくる前から使われていた日本固有の言語のこと。「和語」ともいいます。

大和言葉の多くは後世に漢字があてがわれましたが、「いとおかし」は平仮名のままで残ったものと考えられます。「おかし」に現代語の「可笑しい(おかしい)」を当てはめて「可笑し」と書くのはまちがいです。

いとおかしの類義語

放送作家
すでに述べたように「いとおかし」は平安時代以前から使われている古い大和言葉です。そこで類義語についても平安時代を中心とする古語と現代語に分けて解説します。

古語におけるいとおかしの類義語

「いとおかし」と同じ意味を持つ平安時代の類義語としては「きょうあり(興有り)」「いとあわれ(あはれ)」をあげることができます。「きょうあり」の「興」は「おもしろいこと」「楽しいこと」「趣(おもむき)」「風情」などを意味する言葉です。

一方、「あはれ」は「しみじみとした深い情緒や趣」「心にわき起こる寂寥や愛情」といった意味をあらわします。「おかし」は人を和ませる明るい情緒をあらわしますが、「あわれ」には寂しさやもの悲しさを感じるニュアンスがあります。

また「おかし」はシク活用の形容詞ですので、終止形は「おかし」となりますが、「あはれ」は形容動詞ですので、終止形は「あはれなり」となる、という違いもあります。

現代語におけるいとおかしの類義語

現代語で「いとおかし」の類義語としては「すてき」「素晴らしい」「おもしろい」などをあげることができます。また若者が使う言葉では「良い感じ」「エモい」「ヤバい」なども類義語と言えるでしょう。

枕草子におけるいとおかし


江戸時代の国学者の本居宣長は紫式部の源氏物語を「あわれの文学の代表」と評しました。同じ観点から「おかしの文学の代表」を選ぶとすれば清少納言の枕草子を置いて他にありません。

四季折々の自然美や生物、人の情けや心情などを女性ならではの繊細な感性でさわやかに綴った珠玉のエッセイは時代を超えた人気があります。そこで最後に「いとおかし」の頂点とも言える平安文学をぜひ原文でご堪能下さい。

枕草子におけるいとおかしの原文と訳

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる 雲のほそくたなびきたる。


春は夜明け前(が良い)。東の山のあたりの低い空がだんだん白くなり、少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびく様子(がたまらなく良い)。

夏は夜。月のころはさらなり、やみもなほ、蛍の多く飛びちがひたる。また、 ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。


夏は夜(が良い)。月があればなおさら。闇の夜でも、蛍がたくさん飛び交っている(のはすてきだ)。ほんのひとつ、ふたつ、ほのかな光を放って飛んで行くのも趣がある。雨が降ったりするのも風情がある。

秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行く とて、三つ四つ、二つ三つなど、飛びいそぐさへあはれなり。
まいて雁などの つらねたるが、いと小さく見ゆるはいとをかし。日入りはてて、風の音、虫の 音など、はたいふべきにあらず。


秋は夕暮れ(が良い)。夕日が射して太陽が山の端に近づいている時に鳥がねぐらへ帰ろうと三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる姿もしみじみと胸に迫る。
特に雁などが列を成して飛んでいく姿がすごく小さく見える様子はとても風情がある。日が完全に沈んだあとの風の音、虫の音などもまた言うまでもない。

冬はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず、霜のいと白きも、また さらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭もて渡るもいとつきづきし。
昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。


冬は早朝(が良い)。雪が降り積もるのは言うまでもなく、霜で真っ白になっている景色も。またそうでなくても、凍える寒さの中で急いで火をおこして、炭を部屋へ運ぶのもいかにも冬らしい。
昼になって寒さがゆるむ頃になると、火桶の炭に白い灰が目立って興ざめになる。

まとめ

  • 「いとおかし」は「とても深い趣がある」「すばらしく優美だ」といった意味をあらわす言葉です。
  • 平安時代以降、「おかし」は「こっけいだ」「変だ」という意味で使われるようになっていきます。
  • 「おかし」の語源は「愚かなこと」を意味する「をこ(痴)」か、「(良いことを)招き寄せる」という意味の「をく(招く)」とする説が有力です。
  • 「いとおかし」の類義語としては「きょうあり(興有り)」「いとあわれ(あはれ)」をあげることができます。
  • 源氏物語を「あわれの文学の代表」とすれば、「おかしの文学の代表」は枕草子を置いて他にありません。