メールや手紙に「〇〇におかれましては」という表現について解説いたします。正しい使い方、文例と類義語「つきましては」との違いを知ると、相手がよみやすい文をつくることができるでしょう。

「おかれましては」の意味は?

「おかれましては」は「おいては」の丁寧な表現です。ビジネスでは、名前や会社名の後に続けて、相手についての事柄を話すときに使います。意味は「関しましては」と同義と覚えておきましょう。

「おかれましては」を漢字表記にすると、「於かれましては」と書くことができます。「於」はあまり使わない漢字ですが、「置」と同じ意味になります。

「於(お)いて」の様々な意味と例文 実際に使われる場面の解説

「おかれましては」の敬語表現は?

「おかれましては」は、すでに丁寧な敬語表現になっています。前後の言葉を敬語にして、さらに丁寧な表現にすることもできるでしょう。

「おかれましては」を分解していくと、もとの動詞「置く」を丁寧に活用した「おきます」を尊敬語にして「おかれます」、それに助詞の「て」「は」をつけています。
ちなみに、「おきましては」は丁寧語ではありますが、「おかれましては」の尊敬の意味までは含んでいないでしょう。

また以下では敬語やビジネス用語について解説しています、会社での言葉の使い方にまだ不安があるという方は、合わせてご覧ください。

【敬語】丁寧語・謙譲語・尊敬語の一覧表
ビジネス用語・カタカナ語 一覧まとめ
履歴書の書き方 マイナビ

 

「おかれましては」のビジネスシーンでの使い方

ビジネス文書にはよく使う言葉

ビジネスシーンで「おかれましては」という言葉が一番よく使われるのが、文書です。時候の挨拶の後に続く安否を伺う挨拶で、「○○におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます」などという一文が入るのが一般的です。

「おかれましては」はビジネス文書でのお決まりの慣用句として、広く用いられています。

また「おかれましては」の前に、名前も団体名も置いて使用できます。名前を置く場合には「様」を付けて、会社について安否を伺う場合は「貴社」、商店なら「貴店」、銀行なら「貴行」といった言葉を置いて使います。

名前を直接書かずに「貴殿」や「貴職」という表現も使うことができます。

「おかれては」ではダメな理由

「おかれましては」という言葉は、厳密にいうと文法的には過剰な敬語で、「おかれては」でも十分丁寧ないい回しといえます。

しかし、「おかれては」という言葉は尊敬の意味合いまで含んでいない、ワンランク下がった丁寧な表現として、社内に向けて発信するときに使われることが多く、このふたつは区別されています。社外に向けたビジネス文書の作成時には気をつけましょう。

「おかれましては」の例文

個人宛ビジネス文書の場合

○○様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
貴殿におかれましては、ますますご活躍のこととお喜び申し上げます。

会社宛ビジネス文書の場合

貴社におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
貴店におかれましては、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。

会話で使う場合

○○様におかれましては、大変ご活躍のことと伺っております。
ご家族の皆様におかれましては、お変わりなくお過ごしでしょうか。

「つきましては」と「おかれましては」の違いと使い分け

ビジネス文書を作るときに悩むのが「おかれましては」と「つきましては」の使い分けです。「おかれましては」は、先ほど触れたように人や会社などについて話すときに、敬意を込めた丁寧ないい回しとして使用します。

一方、「つきましては」は、接続詞として使う場合と敬語として使う場合があります。疑問にあがるのは敬語の表現として使う「つきましては」ですが、これは「~については」の丁寧な表現で、~の部分には話題にしている事柄が入ります。「つきましては」は、人ではなくものごとに対して使うのが一般的でしょう。

以下の記事では「つきましては」の意味と使い方について詳しく解説しています。この記事と合わせて、似た言葉もうまく使い分けられるビジネスパーソンを目指しましょう。

ビジネス文書の定番ワード「つきましては」の意味と使い方と例文20選

つきましての例文

この件につきましては、今後検討していく予定です。
記入の方法につきましては、詳しい説明書を添付してあります。

「つきましては」の前に社外の人名や会社名を置いてしまうと失礼な表現に聞こえてしまう場合があるので、使い分けには気をつけましょう。