ここでは「お察し」という言葉の意味や「お察しします」という表現の正しい使い方、いい換えられる類語や例文を紹介していきます。

また以下では似た意味の「お心遣い」について解説しています、この記事と合わせて上手に使い分けられるようになりましょう。

感謝の言葉「お心遣い」の使い方と類義語「お気遣い」との違いとは?

「お察し」の意味とはなにか?

実用日本語表現辞典では、「お察し」の意味を以下の様に解説しています。

「お察し」:「明示されるまでもなく推測して、了解することを意味する表現」

つまり、相手の気持を推測したり、自分の気持を推測してもらいたいときに使う語句です。また、相手の気持に同情するニュアンスも含まれているでしょう。

「察する」は、日本的独特の表現

「察する」という言葉は、とても日本的です。英語では、「guess」や「imagine」などの単語はありますが、「推測」や「想像」するという意味合いです。気持の状態のよし悪しには関係なく、あくまでも動詞としての意味しかありません。

「お気持をお察しします」という日本語を英訳する場合は、「I know how you feel」だけでは不十分です。「I know how terrible you feel」のように状況によって形容詞を追加しないと的確な表現にはなりません。

「お察し」と「ご察し」どちらが正しい?

「お察し」の「お」を漢字にすると、丁寧な表現の「御」がつきます。本来であれば「御」は、音読みの単語につけた時には漢語に付属するので「ご」、訓読みの単語なら和語になるので「お」と読むというルールがあります。
ですから、「御察し」は「ご察し」と読むのが正しいといえます。

しかし、今では「お察し」が一般的に使われているので、「ご察し」ではなく「お察し」を使うのが無難でしょう。

「察する文化」ともいわれるように、「お察し」には、曖昧な日本独特の意味合いが込められています。この曖昧さを理解しないと、間違った使い方をしてしまうので注意が必要です。

「お察し」は相手の苦労や不幸をいたわる意味に使う

「お察し」の表現で使われるのが、「心中お察しします」や「ご心労お察しします」です。

この場合、「心中」は、「心労」と同じように、心配事や精神的にダメージを受けている状態のことです。相手に身内の不幸や仕事上での苦労などがあった場合に使うのが一般的です。

また以下では相手をいたわる場面の注意点について解説しています、この記事と合わせて上手に相手を思いやれるようになりましょう。

お大事に・お大事にしてくださいのビジネスシーンでの使い方・例文集
ビジネスでのお見舞いメールのポイント3つと上司などへの文例5選
「思いやり」とは何か、思いやりのない人の特徴や改善方法を解説
「慈悲深い」人の特徴と「慈悲深い」人から見習うべきポイント

目上の方に使う際は注意する

手紙などの冒頭に使える表現ですが、相手が微妙な精神状態のときなので、相手の性格や状況を考慮して使うようにしましょう。特に目上の人には注意を払うことが大切です。「お前に私の気持がわかるのか!」と怒りを買ってしまう場合もあります。

相手から直接状況を聞いた場合などに使う言葉で、第三者から話を聞いたからといって使うのは失礼にあたります。注意しましょう。

また、親しい間柄では畏まりすぎてしまうので、「ご心労が絶えませんね」程度の表現の方がよいでしょう。

「お察しください」という場合は、「自分の悪い状況を推測してください」という意味になり、相手に理解を求める表現になります。

「お察し」を使った例文

以下では、「お察し」を使った例文をご紹介します。

ご家族皆様のご心痛いかばかりかとお察し申し上げます。
お仕事でのご苦労、お察し申し上げます。
司法試験合格までの道のりは大変だったとお察しいたします。
なにとぞ窮状をお察しいただき、ご協力いただけるようお願い申し上げます。
突然の訃報をお聞きし、○○様のご傷心のほどお察し申し上げます。
貴社のご事情はお察ししますものの、なにとぞ納期までには納入していただきたく存じます。