昔はエンジニアといえば、限られた業界での職種でしたが、現代ではさまざまな業界で活躍するエンジニアがいます。エンジニアでない社会人でも、社会常識として知っておきたい職種でもあります。

この記事では、エンジニアとエンジニアリングの違い、エンジニアの種類、エンジニアの転職などについて解説します。幅広いエンジニアについての現状を知ることができます。

エンジニアとエンジニアリングの意味

エンジニアとは、日本語でいえば技術者のことで、エンジニアリングは、学問の工学を意味しています。

エンジニアは、それぞれの分野の専門的なエンジニアリングの知識や技術をもっている人や、人材をあらわしています。

エンジニアには多くの種類がある

エンジニアといえば、IT関連の仕事をしている人という漠然としたイメージを持つ人が多い言葉です。

しかし、エンジニアの種類は多岐にわたり、それぞれ専門性の高い仕事内容をしています。以下では、代表的なエンジニアの種類5つを解説します。

システムエンジニアには幅広い能力が求められる

システムエンジニアはコンピューターシステムの開発から完成まで、場合によっては提案の段階からはじまる一連の流れをこなすエンジニアです。

システムとは、コンピューターシステムのことをさしています。

一連の流れの中では、プログラミングはプログラマー、テストにはテスターなどと細分化されていることもあるでしょう。

大きなプロジェクトになれば、関わる人の人数が多くなるため、システムエンジニアは責任者的な立場になることもあります。

コミュニケーション能力も欠かせない職種です。エンジニアではありますが、会社へ、あるいはクライアントへ書類を作成する機会もなども多く、一般的な事務的能力も求められることが多いでしょう。

システムエンジニアの資格には、応用情報技術者試験や基本情報技術者試験などがあります。

クライアントに合わせた専門分野の資格もあるとよいでしょう。例としては、会計システムのエンジニアであれば、会計関係、簿記などの資格も役に立ちます。

プログラマーは設計書に従ってプログラミングを行う

システムエンジニアとともに働くこともあるプログラマーも、エンジニアという名称は付きませんがエンジニアのひとつです。

プログラマーは、システムエンジニアが作成した設計書に従ってプログラミングを行う専門性の高い仕事です。

プログラマーは、それぞれ対応するシステムがあったり、使用する言語などに違いがあったりするでしょう。

それぞれの役割の違いから、プログラマーの中でも、Webプログラマー、アプリケーションプログラマー、Javaプログラマー、PHPプログラマーなど、さらに細分化さています。

プログラマーに関連する資格は、システムエンジニアと同じように応用情報技術者試験や本情報技術者試験などがあります、特化するシステム言語別のOracle認定Java資格、PHP技術者認定試験などもあります。

インフラエンジニアはサーバ構築やネットワークに関わる

インフラとは、インフラストラクチャーの略で、基盤や下部構造などの意味があります。

インフラエンジニアは、ITでのインフラ、つまりサーバ構築やネットワークなどの基盤にかかわるエンジニアを意味しています。

ITのインフラでも24時間の管理・監視が必要であるため、厳しい労働環境な所もあるでしょう。インフラエンジニアの資格には、ORACLE MASTERなどがあります。

ネットワークエンジニアは安全なネットの構築をする仕事

エンジニアの中でもネットワークに特化した仕事をするのが、ネットワークエンジニアです。ネットワークの設計や構築だけでなく、運用や保守も仕事です。

現代では特に、ネットワークの安全性に関連した知識が注目されています。

ネットワークエンジニアも開発が仕事になるため、システムエンジニアから転職する人も多い職種でしょう。

ネットワークエンジニアに関連した資格には、ネットワークスペシャリスト試験、CCNA(アメリカシスコシステムズ社の認定資格)などがあります。

データサイエンティストはシステムを分析する仕事

データサイエンティストとは、システムの中のデータを分析し、そのデータの中に埋もれている情報を引き出す職種です。

必要な情報を見つけ出す高いスキルに加えて、使える情報としてクライアントに伝わるものにする能力も必要です。

ほとんどのデータサイエンティストはプログラミングの経験も持ち、コミュニケーション能力や分析力もあるため、比較的高給な職種でしょう。

データサイエンティストの資格は、システムエンジニアやプログラマーなどに関連する資格、Hadoop、HBase、pig等のオープンソース群の知識、クライアントに合わせた一般的な資格もあるとさらによいでしょう。

エンジニアの転職に求められるもの

エンジニアの転職では、年代により求められるものを理解しておくことも重要です。

20代での転職では、新しいことをやってみたいという意気込みや、将来性を見込んでくれる企業も多いでしょう。しかし、30代前半のエンジニアの転職では、企業は指導役なども期待します。

新しい技術を持つ30代のエンジニアや、専門性の高い30代のエンジニアが欲しいというのが一般的です。

エンジニアは全体的に人材不足の傾向があるため、分野によっては新しいことへのチャレンジで違う職種への転職ができることもあるでしょう。

30代後半のエンジニアになると、成果や専門性に加えて、リーダーシップが求められるのが一般的です。職場の環境の変化に対応できる柔軟性も求められます。

エンジニアの転職におすすめのエージェント

最後にエンジニアに転職したい人に向けておすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

レバテックキャリアは評判がよく、エンジニア転職で最もおすすめ

SEの転職で最もおすすめなのが、レバテックキャリアです。
レバテックキャリアはIT専門職に特化した転職エージェントです。
2017年のGOOD AGENT AWARDという転職エージェントの賞を受賞し、今最も勢いのある転職エージェントといっても過言ではありません。
登録自体も簡単で、気になる方はぜひ、一度ご相談に伺ってはいかがでしょうか?

SEへの転職におすすめな転職エージェント② ワークポート

ワークポートはIT・インターネット業界に特化しているエージェントであるため、IT業界に転職をしたい人におすすめです。

また、IT業界でやりたいことがはっきりしていない人でも、エージェントが知識豊富であるため相談しやすい環境があります。自分の未来をイメージできていない人にもおすすめです。

//あなたの転職に最高のパートナーを//
IT・インターネット・ゲーム業界の転職エージェント

エンジニアについてのまとめ

  • エンジニアとは、日本語でいえば技術者です。エンジニアリングは、学問の工学を意味しています。
  • エンジニアの種類は数多くありますが、代表的なものには、システムエンジニア、プログラマー、インフラエンジニア、ネットワークエンジニア、データサイエンティストなどがあります。
  • エンジニアの転職では、年代によって求められることに違いがあります。
  • エンジニアの転職には、エンジニア求人に力をいれている、または特化している転職エージェントを使うのもよいでしょう。
  • おすすめのエンジニアの転職には、レバテックキャリア、マイナビエージェントIT、Forkwell Scoutなどがあります。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda