SE(システムエンジニア)に興味をもったものの、志望動機をどうしたらいいか悩んでしまいますよね。

特に未経験だったり文系だと、どうアピールするべきかと頭を抱えてしまうことでしょう。

今回はSEを目指すために志望動機で意識しておくべきポイント、全くの未経験でも採用されるための志望動機の書き方について解説します。

志望動機の本質をキチンと理解して、あなたの熱意を志望する企業に届けましょう。

志望動機に関してより理解を深めたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。
就職・転職における志望動機の書き方・伝え方
就職・転職の志望動機 各種業界で使える例文

SEの志望動機を書く時意識すべきこと

理想と現実のすり合わせ

志望動機が理想で固められていると、志望した企業はあなたを落とす可能性が高くなります。理想と現実とのギャップを感じてすぐに辞められてしまうと困るからです。

選考を通るためには、現実のSEという職種をしっかりと見据え、自分自身の適性を考慮した上で『地に足のついた志望動機』を書くことが大切になります。

業界研究をする

業研究をする必要があります。SEはIT業界だから理系、プログラミングをするなど、そのような安易なイメージでは志望動機が薄っぺらいものになってしまいます。

IT業界について多少でも知識をつけておくだけで、面接でもスムーズに会話をすることができます。最低でも1冊はIT業界についての本を読んでおきましょう。

また、実際の仕事風景をイメージできるようにしておくのもオススメです。様々な企業の採用ページに、SEとして仕事をしている先輩の実際の仕事内容ややりがいが書かれています。

それらを読み込んでいくと、『SEって実はこういうこともやるのかな?』『こういう楽しさや苦労があるんだろうな』と自分なりに理解できるようになっていきます。

自分のSEのイメージと実際の仕事の距離感が近くなるにつれて、より説得力のある志望動機が書けるようになるでしょう。

自分の適正を把握しておく

適正をしっかり把握しておくことも重要です。仕事の向き不向きがあるので、仮に採用されたとしても、適正と合っていないと仕事がただ辛いものになってしまいます。

自分の適正がSEという仕事と合致していると、充実感ややりがいが生まれます。

自己分析を行い、自分が何に長けていて、どんなことを不得意と感じるのか理解しましょう。また、自身の価値観を理解していきましょう。

資格を取ったのはなぜなのか、バイトリーダーをやっていたのはなぜなのか、『なぜ』を突き止めていくと、あなたが本来持っている気質が理解できるようになります。

また、自分の適性が自分自身でわからない場合などは転職エージェントを活用してみましょう。転職エージェントについては以下の記事を参考にしてみてください。

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業界特化型&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較

求められるスキルを知っておく

SEに求められるスキルを理解しておきましょう。自分の適正と求められるスキルが合致しているからこそ、志望動機が成り立ちます。

SEに求められるのは、主に以下のようなスキルです。

  • コミュニケーションスキル
  • ロジカルシンキング
  • マネジメントスキル

最初から専門知識を持っていると有利ではありますが、新しい技術や知識を率先して勉強していく意欲がある方が重要です。

特にSEはプロジェクトを組むことも多いので、お客様やメンバーとの円滑なやり取りができる力も大切です。

未経験者や文系の方の志望動機のポイント

新卒などでSEスキルが未経験だったり文系の場合、経験豊富な理系の人よりも不利になるのでは?と考える人も多いのではないでしょうか。

確かに即戦力を求める企業であれば不利になるかもしれませんが、なぜその企業を選び、SEという職種を選んだのかという理由の方が重要です。

そこで未経験者でも好印象を与えるためのポイントを紹介します。

仕事内容の把握

まずは仕事内容についてしっかり理解しておきましょう。前述したように仕事風景をイメージできるようにしておくと有利です。SEはプログラマーのようにプログラムを作るだけの仕事ではありません。

例えば、SEには以下のような仕事があります。

  • お客様とどのようなシステムを作るかを決める
  • 見積書を作る
  • 設計書を作る
  • 製造、進捗の管理を行う
  • 品質の管理やテストを行う
  • 納品、不具合対応

企業によっては営業のような仕事を行うこともありますし、イメージとしては『システムに特化した何でも屋さん』です。

お客様やメンバーとの板挟みになりながら、プロジェクトの管理を行うので負荷もかかりやすいですが非常にやりがいは感じるでしょう。

未経験であっても意欲をみせる

SEの仕事をする上で、プログラミングの知識は最低限必要になります。

しかし知識以上に求められているのは、コミュニケーション能力やマネジメント能力です。

プログラミングが未経験であっても向上心を持って精力的に勉強をすることがアピールできれば評価に繋がります。どんなに知識がないことも前向きに取り組めるという姿勢を見せていきましょう。

企業が求める人物像を考える

志望動機を書く際に、企業研究は欠かせません。汎用的な志望動機は他の就活生の志望動機に埋もれてしまう原因にもなります。

企業を知るためにいい方法としてはOB訪問をすることです。お願いすれば中途でもOB訪問を受けることが可能です。会社説明会に参加するのもいいでしょう。

同じ企業で働いている人はなぜか似通った雰囲気を持っていることが多いです。HPの採用ページに書いてある『求める人物像』は、抽象的で少々分かりにくいこともあります。

実際に会ったり採用された人の口コミを見るなどして、求める人物像の雰囲気を理解した上で志望動機を色づけしていきましょう。

SEを目指す理由をはっきりさせる

専門知識がないにも関わらずなぜSEを目指しているのか、納得できる明確な理由を持ちましょう。理由がない状態で就職すると、早い段階で挫折して辞める原因となります。

SEになることで自分はどうなろうとしているのか、SEという職種に何を求めているのか、自分がSEになることで企業やIT業界にどんなメリットがあるのかなど、様々な視点からSEになろうと思った理由を考えて書き出してみましょう。

SEを志望する際の志望動機に関するおさらい

SEを志望する際の志望動機に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 業界研究をしたり仕事内容を理解して、理想像だけで書かないようにする。
  • 自分が向いている適正をしっかり把握して、SEに求められるスキル(コミュニケーションスキル、ロジカルシンキング、マネジメントスキル)があることをアピールする。
  • 実際に働いている人に会うなどして、求める人物像の雰囲気を肌で感じる。志望動機もそれに合わせて雰囲気を変える。
  • 自分を採用することで企業、IT業界にとってどんなメリットがあるのかを提示する。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda