転職を30代で考え実際に転職する人は、いまではそう珍しくありません。転職が成功するかしないかは、進め方によるところが大きいといわれています。

ここでは、30代での転職を成功させるための方法、転職を決めたらするべきこと、企業からみた30代転職者採用のメリット、30代の転職を失敗できない理由についてご紹介します。

ここで30代の正しい転職の進め方を詳しく学ぶことで、成功へ向かっての準備を今日からできるようになります。

30代で転職を成功させる方法

30代の転職では、本当に必要な転職であるという意志をしっかり固めるところから始めましょう。

迷いや悩みを持ったままの転職活動は、どんな年代にとっても上手くいない傾向にあります。

意志がうまく固まっていないせいで転職を繰り返すことになると、ネガティブなスパイラルに深く入り込んでしまいます。

転職の理由が以下のような場合には、自分なりにもう一度考えて見ることが大切です。

人間関係が理由の場合

たとえ、人間関係による転職だとしても、面接のときには人間関係を理由にはしない事が賢明です。どこの会社でも人間関係が完璧によいところはないため、採用側には敬遠されてしまいます。

また、人間関係で転職しても、転職先で必ず人間関係が良好になるとは限りません。最悪の場合には、より悪くなることも考えられます。転職の前に、人間関係を改善できないか試みることが大切です。

人間関係を理由に転職するならば、面接などではたてまえの転職理由を考えましょう。

リフレッシュしたいのが理由の場合

中には、充電したいとかリフレッシュしたいとの思いから転職に至る人もいます。しかし、短期間の充電ならば、わざわざ退職する必要もないでしょう。

まずは、リフレッシュしたいと思う理由を探すことから始めましょう。理由によっては、転職しなくても解決できるかも知れず、体や心の病気がある場合は、転職活動の仕方を考える必要がでてくるかもしれません。

家庭問題が理由の場合

家庭に問題があるときの転職は、転職で解決できるのか冷静になって考えましょう。

また、家庭の問題を解決してからでないと、転職でさらに問題が悪化したり、他の問題も出てきたりすることもあります。

転職には、家族の理解も必要です。家族とともに、しっかりと意志をかためましょう。

仕事内容の不満が理由の場合

仕事内容に不満があり転職を考えるなら、転職で何を求めているのかはっきりさせる必要があります。

そうでなければ、転職先を選ぶのも困難になってしまいます。複数の不満がある場合、改善したい内容順に優先順位をつける必要もあります。転職しなくても、配置換えで解消されることもあるでしょう。

また、面接のときには仕事内容の不満を転職理由にするのはおすすめできません。キャリアアップやスキルアップとポジティブな言葉にいい換えましょう。

よい転職先が見つからない場合は、転職エージェントを利用することでより早く自分に適した職場を見つけられます。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 

転職の際は優先順位を考える

転職の意志をかためたら、次は転職の目的に優先順位をつけます。年収、勤務地、安定、スキルアップ、企業知名度などの項目で、絶対に譲れないものははっきりさせておきましょう。

すべてを叶える転職先が見つかるに越したことはありませんが、項目によっては、現状よりも悪条件になることも考えられます。

バランスを考えて、本当に転職先として相応しいのかを精査していかなければいけません。

転職先を決める鍵は年収とスキル

30代の転職で優先順位をつける時にキーになるポイントは、年収とスキルだといえます。転職をして、必ず年収が増えるとは限りません。

30代は結婚をし、子供を持つなど人生が大きく変化する年代であるため、安定を求める人も少なくないでしょう。目先の年収ばかりに気を取られずに、長い目で企業研究することも必要です。

また、20代で身につけたある程度のスキルをうまく活用できる転職を心がけましょう。

20代なら、採用側は将来性をかうこともありますが、30代はそうはいきません。

自分のスキルを吟味して、転職先とのマッチングを考えましょう。

企業から見た30代採用の利点

先にも述べたように、企業側は30代には20代よりも即戦力になることを期待しています。

スキルもない、専門知識もない30代だと転職は難しくなります。

スキルや知識あってこその30代であるため、しっかりと応募企業にあわせたアピールができるように、職務履歴書作成や面接の受け答えも大切にしましょう。

特に30代後半では、すでに管理職になる人もいる年代です。採用側の期待値も高い事を理解しておきましょう。

30代の転職で失敗できない理由

30代の転職活動は、30代の後半になればなるほど、活動期間が長くなる傾向にあります。

失敗できないと思うからこそ慎重になることが理由としてあげられますが、あまりにも長くかかると経済的にも苦しくなってしまうでしょう。

年齢的に、何度も転職を繰り返せないと思うからこそ、高望みになってしまっていることもあります。30代での転職は、転職理由が曖昧だと転職癖になることも多いです。

30代の転職で失敗できないと思う場合、転職先を決めてから退職するのが正解です。

在職中に次の場所を決めておくことで成功しなければという強迫感念に捕らわれてしまうこともあるでしょう。

30代の転職についてのまとめ

  • 30代の転職では、本当に必要な転職だと意志をしっかり固めるところから始めましょう。
  • 転職の理由が人間関係、リフレッシュしたい、家庭問題、仕事内容の場合には、自分なりにもう一度考えてみるのが大切です。転職で必ず人間関係が良くなるとは言えないし、リフレッシュは転職しないでもできることもあります。
  • 転職には家庭の理解も必要なので、家庭問題を解決するのが先ですし、仕事内容に不満しかないなら転職に何を求めているか具体化しましょう。
  • 転職を決めたら、年収、勤務地、安定、スキルアップ、企業知名度などのなど優先順位を考えておきましょう。その際には、年収は30代の転職では必ずしもアップするとは限りませんが、目先の年収ばかりにとらわれない様にしましょう。
  • 20代とは違い、将来性ではなくスキルが大切なので、応募企業とのマッチングもよく考えましょう。
  • 企業側からの30代転職者採用のメリットとして、即戦力になると考えています。アピールの仕方をしっかり考えましょう。
  • 30代の転職は、失敗すると転職癖になると考える人が多いため、長期化したり、高望みになったりすることがあります。失敗できないと思うなら、転職先を決めてから退職するようにしましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda