気持ちを新たに、未経験の仕事に転職したいと考えている30代の人は少なくありません。

しかし、「30代にもなって未経験の仕事への転職は可能なのだろうか?」「企業はスキルや経験のある人材のみを即戦力として求めているのではないか?」などという疑問があげられます。

この記事では、30代での未経験業界・職種への転職は可能なのかについて解説します。

30代で未経験の職種・業界への転職は可能

30代でも未経験の仕事への転職は可能です。しかし、20代の転職と比較すると、未経験での転職が困難であることに加えて、同じ30代でも「30代前半」と「30代後半」では転職の難易度が異なります。

未経験者の場合、教育のしやすさや給料の安さなどの観点から、若い求職者を優先的に採用する企業が多いです。
ゆえに、「30代後半」よりも「30代前半」の方が容易に未経験の仕事へ転職ができるでしょう。

長期化することが多いので在職のまま転職活動を進めよう

未経験の仕事に転職をする場合、30代は20代と比べて難易度が上がるため、なかなか内定が出ずに転職活動が長期化してしまう可能性もるでしょう。

転職活動では、交通費やスーツ代など、多くの費用が必要です。30代が未経験の仕事へ転職をする場合、現在の職場を辞めてからではなく、在職のまま転職活動を行うのがおすすめです。

30代で未経験の職種への転職をさせる方法

即戦力になる事をアピールし未経験での転職を成功させる

30代の転職では、採用担当者に即戦力をアピールする事が大切です。新卒採用でもない限り、企業は常に即戦力となる人材を求めているためです。

応募する職種自体の実務経験が無かったとしても、他の職種の実務経験や、持っている資格を根拠に即戦力になる事をアピールできます。

営業職から製品開発職に転職をする場合の例文は以下の通りです。

前職の営業で客様のニーズを的確に把握してきた経験を活かして、よりお客様目線に立って製品開発をすることが可能です。

環境適応の高さをアピールし未経験での転職を成功させる

環境適応能力の高さをアピールするという方法も大切です。採用担当者側からすると、求職者のが高ければ高いほど、前職の環境に染まっていて、うちの職場に適応できないのではないかと懸念してしまいます。

30代で未経験の仕事への転職を成功させたい場合、環境適応能力の高さを積極的にアピールしていく必要があるでしょう。未経験の仕事に転職するにあたり、自分で情報を集めて勉強をしているなど、取り組んでいることをアピールすることが効果的です。

転職エージェントを活用して30代で未経験の仕事に転職する

30代で未経験の仕事への転職を成功させたいという方は、転職エージェントを活用するとよいでしょう。

転職エージェントは、30代の未経験者を積極的に採用している企業の求人を紹介してくれる上、未経験者ならではの強み・弱みや、採用担当者への上手いアピール方法を教えてくれるためです。

30代前半の方におすすめの転職エージェント

30代前半の方におすすめの転職エージェントとして、「マイナビエージェント」をご紹介します。

マイナビエージェントといえば、転職・就職支援業界の最大手のひとつである株式会社マイナビが運営する転職エージェントで、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

総合型の転職エージェントであるため、業界や職種を幅広く扱っており、最大の特徴は、20代~30代の若い求職者のサポートを得意としているという点です。

扱っている求人も20代~30代の若年層や未経験者の採用に積極的な企業が多く、30代前半の皆であれば安心して未経験の仕事への転職活動を進めることができます。

30代後半の方におすすめの転職エージェント

30代後半の皆さんにオススメの転職エージェントは、「dodaエージェントサービス」です。

30代後半の場合、30代前半の方と比較して未経験職種への転職の難易度が上がります。未経験者を歓迎している企業といっても、30代後半ともなると受け入れてもらえない場合が多いでしょう。

30代後半の場合は、前項でも触れたように、未経験者であったとしても「即戦力」や「環境適応能力」を最大限にアピールする必要があります。

dodaエージェントサービスの場合、キャリア相談専門のキャリアアドバイザーと、応募する企業・業界に詳しい採用プロジェクト担当の2人体制でひとりの求職者をサポートします。

キャリアについての相談をじっくり受けられることはもちろん、企業の募集背景を把握した上での的確なアピール方法を指導してもらうことが可能です。

30代未経験のIT系転職におすすめの転職エージェント

30代で未経験でIT系へ転職する場合の転職エージェントには、「ワークポート」がおすすめです。

ワークポートはIT業界を志す求職者を対象とした無料エンジニアスクール「みんスク」を運営しており、IT・エンジニアのスキルを付けた上で転職サポートもしてもらえる点が魅力です。

IT系への転職ではスキルが重視されますが、ワークポートを利用することで、無料でスキルを磨いてIT業界への転職活動を行うことができます。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda