一生懸命に仕事をしていて、ふと気がつくと30歳。そろそろ転職を考えてみようか、という人も少なくないでしょう。

ある程度の勤続年数を積んでいて、転職しやすい環境であるのが30歳です。

ここでは、30歳の転職で大切なこと、働きながら転職活動をするすすめ、30歳の転職に役立つ資格について解説します。30代の転職に役立つことを学ぶことで、転職に向かって、実際に明日からでも動くことができます。

30歳の転職で大切なこと

転職が珍しくなくなった今では、30歳の転職は不利ではありません。しかし、30歳・30代前半の転職でも、有利な転職にしたいならスキルがなければ、年収低下などのデメリットがあるケースもあるでしょう。

採用企業側からすると、社会人経験が5~10年ほどの30歳に求めるのは、即戦力になれるスキルです。

スキルの棚おろしとキャリアプラン

転職は、初めての就職活動とは違いスキルと採用側の仕事内容のマッチングが重要です。

企業が20代に求める様な将来性は、30代の転職者の採用決定の理由にはならないため、自分自身のスキルを棚おろししてみるのが大切でしょう。また、30代の転職では、裏付けになる実績も、数字などで具体的に表現できることが望まれます。

もうひとつ大切なのは、キャリアプランをはっきりさせることです、スキルアップを狙う転職であれば、今より条件が悪くても転職に踏み切る事も考える必要があります。

キャリアは現状維持でも、家族との時間を増やしたいなどのライフワークバランスを考えた転職などもあるでしょう。将来のキャリアについてじっくり考えるよい機会でもあるため、自分なりに考えておくとよいでしょう。

 

働きながら転職活動をしてみる

自分自身のスキルは、資格などの客観的な目安がない場合には、評価しにくいこともあるでしょう。転職での自分の市場価値を知るために、まずは働きながら転職活動をしてみるのがおすすめです。

先に退職してしてしまうと、就職することに焦ってしまったり、生活にいきづまったりして、落ち着いてよい結果を引きせないこともあります。転職活動=転職しなければいけない、とはならないため、働きながらのほうが安心して活動できるでしょう。

転職を思い立った理由によっては、転職しなくても解決できることや転職では解決できないこともあります。心身を害するなどの緊急事態に直面していない限りは、安易な退職してしないようにしましょう。

転職エージェントを活用する

しかし、働きながらの転職活動で、モチベーションを維持したまま続ける事が大変に感じた場合、転職エージェントを活用するのがよいでしょう。

転職エージェントでは企業の紹介だけでなく客観的なキャリアの評価もしてくれます。

また、様々なアドバイスをくれるだけでなく、それぞれのエージェントは独自の非公開案件も持っているため、一般では応募できない理想の求人に出会える確率が高いです。

30代で転職をする際には、転職エージェントを利用することでモチベーションを高く自分に適した職場を見つけられます。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 

30歳の転職に役立つ資格

客観的なスキルの目安となるのが、各種の資格です。30歳、思い立ってすぐの転職に自信がないなら、まずは資格取得にチャレンジしてみるのもよいでしょう。ここではいくつかおすすめの資格をご紹介します。

TOEICスコア

グローバルな活躍を目指して転職したい場合は、TOEICスコアが必須です。最低限のレベルとして600点あれば、だいたいの職種で有利になるでしょう。それ以下のスコアであれば、履歴書に記載しないほうが、印象がよいこともあります。

TOEICスコアは、あくまでも英語力の目安であるため、あわせて使えるスキルでプラスアルファを目指しましょう。

 

 

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、女性にもおすすめの資格で、節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、お金にまつわるエキスパートの資格です。

金融・不動産業界や各種士業事務所でも募集のある資格です。プロとして活躍するには1級やCFPと上位資格もあります。自分のキャリアプランにマッチするか考えてみましょう。

各種士業

不動産系であれば、行政書士、土地家屋調査士、弁理士など、経営系ならば弁護士、司法書士、税理士、中小企業診断士、などの士業は、難易度が高かったり、通学が必要だったりと、取得までに時間がかかる資格ではありますが、思い切って取得するのもよいでしょう。

経験を積めば独立も可能であるため、長い目でのキャリアプランを考え、ある程度気長にがんばることが必要です。

資格があるからといって転職が成功するわけではない

資格は、あくまでもスキルの目安になるもので転職を有利にするものではありますが、資格=転職成功とはなりません。+アルファで何かできる物がないと、資格を使った実務経験をアピールしにしくいでしょう。

また士業でも、今では食べていける資格は少なくなっています。思い切って退職をして資格にチャレンジしようと思うときには、充分にキャリアプランを考えましょう。

30代の転職についてのまとめ

  • 今では30歳の転職は不利ではありませんが、有利な転職にしたいならスキルがなければ難しいでしょう。採用企業側は、30歳の転職者には即戦力になることを求めます。スキルの棚おろしと自分のキャリアプランを考えて転職に臨みましょう。
  • まずは、働きながら転職活動をするのがおすすめです。焦ることなく、じっくりと転職活動を進められます。また。働きながらの活動なら、転職エージェントを活用するのもいいでしょう。客観的な評価やアドバイスをもらえるだけでなく、それぞれのエージェントは非公開の募集案件も持っています。
  • 30歳の転職を有利にするのにオススメの資格には、600点以上のTOEICスコア、ファイナンシャルプランナー、各種士業などがあります。すぐに転職する自信がない時には、とりあえず資格取得に動くのもいいでしょう。
  • 資格取得の際には、キャリアプランにあった資格を目指しましょう。資格=食べていけるとはならないので、資格に+アルファの何かがなければ有利に活用できないと考えておくのも大切です。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda