せいては事を仕損じるの意味

「せいては」は、漢字では「急いては」と書き、「急いだら」という意味をあらわしています。

上記の事からせいては事を仕損じるとは、何事も焦ってやると失敗しがちだから、急ぐときほどじっくり落ち着いて行動しなさいという戒めを意味することわざです。

せいては事を仕損じるの同義語には、「慌てる乞食は貰いが少ない(あわてるこじきはもらいがすくない)」や「急がば回れ」「短気は損気(たんきはそんき)」「待てば海路の日和あり(まてばかいろのひよりあり)」などがあります。

せいては事を仕損じるのビジネスシーンでの意味

ビジネスで成功するためには、タイミングの見極めがとても重要です。

会社の中で新しい企画を立ち上げようとすれば、向かい風なのか、追い風が吹いているのか、全体の流れを見る必要があります。

いくら企画の内容が素晴らしいものであっても、周りの機が熟していないと失敗に終わってしまいかねません。

目先の物事だけでなく、周囲や全体の流れに常に留意して、その時が来たらすぐに行動に移せるように準備をしておくことが大切です。

せいては事を仕損じるは、何事も早ければよいというものではない事を戒めるために使うことが出来ます。

せいては事を仕損じるの例文

やる気があるのは結構だけれど、焦ってはいけないよ。せいては事を仕損じるからね。
せいては事を仕損じるから、慌てずにゆっくりやろう。
メールの返信を急いで送ったら、せいては事を仕損じて宛先を間違えてしまった。