職務経歴書は、自分をアピールする大切な書類であるため、書き方に迷ってしまうことが多いでしょう。インターネットで検索すれば例となるたくさんのフォーマットがありますが、重要なのは職種にあった書き方です。

ここでは、営業職の職務経歴書について、おさえるべき基本の4つのポイント、営業先に合わせた書き方などを解説していきます。アピール能力のある営業職の職務経歴書を書けるようになりましょう。

以下の記事では、営業職の仕事内容や、必要な能力について詳しく解説しています。この記事と合わせ、営業職についての理解をさらに深め、営業職への就職・転職を成功させましょう。


海外営業の仕事内容や求められるスキル やりがいを詳しく解説
企画営業について 具体的な仕事内容 向いている人の特徴
ルート営業について 具体的な仕事内容と必要な能力
営業事務について 具体的な仕事内容と必要な能力
営業職への転職 志望動機や未経験はなにを重視するべきかを解説

また以下では実際の営業職の方に向けて営業に役立つ情報を解説しています、役立つコツや注意点について学び実際の業務に備えましょう。

営業トークで使えるバーナム効果意味と使用例をまじえ解説
提案書と企画書の違いと、営業提案書の基本の書き方と盛り込む要素
ビジネスにおける営業メールとはなにか 送り方と効果的なポイントを解説
反響営業とは 反響営業の基本的なやり方やコツについて解説
転職・就職で営業に向いてない人はどのような人か 特徴を解説

営業職の職務履歴書はプレゼン能力が大事

職務履歴書は、フォーマットも内容も自由だからこそ、書き方に迷ってしまうものですが、採用側にとっては、営業職の職務経歴書自体でプレゼン能力を見極める材料にもなります。

採用のニーズに合わせて、それまでの経験やスキルを十二分にアピールしましょう。

営業職の基本の4つのポイント

職務経歴書はしっかりと仕上げるために抑えるべきポイントは以下の四つです。営業職は他の業種よりも特にプレゼン能力が大切な業種です、基本の要点を押さえて、企業の目にとまる職務経歴書を目指しましょう。

何を売ったかを書く
商品かサービスか、価格帯や消耗品なのかなどを明確にして書きましょう。売った物についての書き方は、応募する企業の商品やサービスと比べれる事で、どんな視点から解説すればよいかひらめきやすくなるでしょう。
どれだけ売ったかを書く
数字での実績がわかりやすいでしょう。売上高、顧客数だけでなく、目標達成率、前年比などの相対値があると効果的に伝わります。
どこに売ったかを書く
個人か法人か、国内か海外かなど詳しく伝えましょう。
どうやって売ったかを書く
新規開拓かルート販売か、店頭販売かなどの形態、どのくらいの時間をかけたのか、どんなツールを使ったのかなどをわかりやすく、かつ簡潔にまとめましょう。

営業活動は戦略や行動で伝える

営業活動の経験と成功をストーリーで伝えるには、どんな営業戦略をとったかに興味が持たれるでしょう。ストーリーで伝える際には、企画力や提案力、交渉力、課題解決力などの行動力のアピールも大切です。

特に、個人向け営業では、プロセスから人柄までを感じ取ろうとする採用企業も多々あります。数字以外を組み合わせてアピールする方が、伝わりやすさがアップするでしょう。

営業先に合わせたアピールのポイント

営業職といっても、営業先は様々です。営業先に合わせた職務履歴書で、アピールするのが効果的です。

それぞれの営業職で、抑えておきたいアピールポイントをご紹介します。加えて、どの営業職も相手があってこその仕事です。人柄も見られるのも忘れないようにしましょう。

また転職エージェントDUDA・リクルートエージェント・aidemは、営業職を目指す方にも特に仕事を探しやすいサイトです。うまく活用することで自分に合った仕事を見つけられるでしょう。

個人向け営業へのアピールは新規開拓力

個人向け営業は、新規開拓の能力がアピールポイントです。

また、相手が個人であるため、信頼関係を築ける人柄も大切でしょう。どのように信頼関係を構築したかなど、自分自身のスキルを具体的に表現しましょう。

例えば、コミュニケーション能力が高いという言葉から、わかりやすい説明を思い浮かべる人もいれば、親しみやすい会話をイメージする人もいます。

 

法人向け営業へのアピールは柔軟性

法人向け営業では、提案力や課題解決力などが問われるところでしょう。

管理職経験がなくても、チームリーダー的立場の経験があるなら、それも書くようにします。また、成果をあげるために、チームとしても個人としても、どんな工夫をしたかも踏み込んで書いておきましょう。

法人向けの商品やサービスは、他の業界の人にはわかりにくいものが多いので、専門用語に気をつけながら丁寧に説明するのも重要です。

メディカル系営業へのアピールは工夫が大事

MR、MSなどのメディカル系営業の場合には、同業種での経験があるならば、まずは専門の領域がなにかをわかりやすく書きましょう。

メディカル系営業は、差別化した営業スタイルを表現すのが難しいかも知れません。少しでも、自分なりの工夫や気遣いを書くようにしましょう。他の人との差別化がポイントです。

未経験の場合でも、それまでの営業経験で自分なりに工夫して成果を引き寄せたストーリー仕立てを意識しましょう。

海外営業へのアピールは強さと柔軟性

海外営業は、語学力などはもちろんですが、社会的情勢などの外的な要因に左右されることも多く、精神的に強いことや柔軟性がアピールになります。また、リスクヘッジ能力も評価されるので、営業対象の国やエリアの情報・文化を理解していると有利になるでしょう。

 

営業職の職務経歴書についてのまとめ

  • 営業職の職務経歴書では、プレゼン能力を見極める材料にされることもあります。十分に自分をアピールする職務履歴書にしましょう。
  • 営業職の職務経歴書では、何を売ったか、どれだけ売ったか、どこに売ったか、どうやって売ったかを抑えて仕上げるようにします。成功へのプロセスは、営業戦略などを具体的にしながら、どんな行動をとって成功させたかをストーリー方式で伝えるとうまく伝わります。
  • また、営業先に合わせた職務履歴書にして、効果的にアピールするといいでしょう。
  • ポイントは、個人向け営業なら新規開拓の能力と信頼関係の構築方法、法人向け営業では提案力や課題解決力など、メディカル系営業なら専門性と営業方法や戦略の他の人との差別化、海外営業なら精神的な強さや柔軟性などが重要視されます。
  • 人を相手にする営業職なので、当然人柄も営業先に関係なく、重要されるポイントでもあります。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda