営業職はお客様に直接会い、企業の顔ともなる重要なポジションです。コミュニケーション能力が必要とされることはイメージできますが、志望動機はどのように書いたらいいのか悩みどころでもあります。
そのため、この記事では以下のことを中心に営業職について解説していきます。

  • 営業職の特徴
  • 志望動機を書くコツ
  • 未経験でも営業職に転職できる人の特徴

この記事を通して自分の長所をきちんと言葉にできるようになり、自信を持って面接に臨めるはずです。

また、マイナビAGENTには営業職への転職に成功した方々の成功事例も載っているため、ぜひ参考にしてみてください。
マイナビAGENT 営業職 転職成功事例

営業職の簡単な特徴

営業職は、企業の商品やサービスをより多くの人に周知し、購入してもらって売り上げを上げていく仕事です。ニーズのありそうな場所の情報収集から、実際に足を運んでの商品やサービスの提案、契約をして納品するという一連の作業が仕事内容になります。

また、もうひとつ忘れてはならないのがアフターフォローです。納品した商品に不具合はなかったか確認したり、引き続き契約してもらうための提案も欠かせません。

【営業職の仕事フロー】

営業先の情報収集

提案(資料・見積り)

契約

納品

アフターフォロー

次の契約へつなげる

営業職の志望動機を書くコツ

多くの履歴書を目にする面接者に興味を持ってもらえる履歴書を書くには、自分の経験に照らし合わせた具体的な内容を書くことが大切です。

営業職の志望動機は下記の点に注意して作成してみましょう。

この企業を選んだ理由を明確にする

営業職はどの企業にもある職種のため、なぜその企業を選んだのかという理由をはっきり述べる必要があります。

そのためにはしっかり企業を研究し、他社にはないどんな魅力があるのか、他社では実現できないどんな目標を持っているのかを明確にしておく必要があります。

こじつけな理由を書かない

営業職が特別やりたい仕事ではなかった場合、本心からの志望動機がみつからずに、無理やり長所らしきものとこじつけてしまうのはやってしまいがちなことです。

例えば、耳触りのいい「コミュニケーション能力」や「チームワーク」という長所。どちらも学生時代のサークルや部活などで培ったとアピールすことが多いですが、多くの人が経験していることで、企業側にしてみれば営業職を志望する動機には結びつきにくいものです。

営業職で役に立つ自分の長所を紹介する

志望動機で営業職に求められる長所をアピールできれば、採用に一歩近づきます。学生目線の長所ではなく、実際の営業職で必要とされるスキルは以下のもととなります。

  1. 行動力:営業先を新規開拓する必要があるため
  2. 企画力:顧客のニーズを掘り起こし、プランを練って提案する必要があるため
  3. 向上心:売り上げ目標やノルマを達成する必要があるため
  4. 人が好き:毎日たくさんの人に会って、積極的に話す必要があるため
  5. 聞き上手:相手の困っていることや隠れたニーズを聞き出す力が求められるため
  6. プレッシャーに強い:ノルマや売上の目標達成が求められ、顧客からのクレームも直接受ける場面が多いため

コミュニケーション能力があることを伝える

営業職は人と会って話をすることが不可欠なので、何よりもコミュニケーション能力が求められます。

このコミュニケ―ション能力とは、話すのが好き、よどみなく話すことができる、といった一方通行のものではなく、相手の話を聞き、きちんと会話のキャッチボールができることが大切な要素になります。

また、相手にわかりやすく伝えることができるのもポイントです。話し方はもちろんのこと、資料を用意するなど相手の立場に立った情報を選んで伝える能力が求められます。

営業職が未経験である場合でも転職できる人の特徴

職種を変えて転職する場合、多くの人が選ぶのが営業職であるといわれています。もちろん経験者が有利になることに変わりはありませんが、経験がなくても前職のスキルが生かせればアピールポイントにできます。

そのようにして転職を実現させた営業職未経験者の特徴は次の通りです。

やる気が全面的に見られる人

知識や経験以前に基本となるのがやる気があるかどうかです。暑苦しいくらいにアピールする必要はありませんが、静かな情熱を持っているならきちんと相手に伝えるべきです。

空回りするやる気よりも、何がやりたいのかをきちんと伝えることにポイントを置きましょう。

専門知識がある

扱う商品やサービスが同じ業界にいて専門知識が豊富であれば、営業職が未経験でもその経験を十分に生かすことができます。

また、趣味で得た専門知識ならば、顧客目線で商品やサービスの良さを語ることができるためアピールポイントにできます。

前職と共通点がある

営業職の経験がなくても前職が販売職であれば、人に物を売るという経験を生かすことができます。また、接客業であったならお客様の要望やニーズを満たすという点で営業職と類似点があります。

どちらも営業職とは似ていても同じ仕事ではないため、その違いもしっかり認識しつつ新たな職種へチャレンジしたいという気持ちをアピールしましょう。

コミュニケーション能力が高い

人を相手にサービスや商品をすすめる営業職は、コミュニケーション能力は欠かせない要素です。

前職がどんな職種であっても、会話のキャッチボールができ、聞き上手で相手の信頼を得やすいタイプの人は、営業職に向いていると判断してもらえるでしょう。

年齢が若い

営業職に限らず、転職は年齢が高くなると難しくなる傾向にあります。企業にしてみれば長く活躍してほしいというニーズがあったり、給与面での折り合いがつかない場合もあるからです。

特に未経験であれば、これから育てていくことを考えると採用側としては二の足を踏んでしまいます。若さは営業職への転職成功の十分な武器となるでしょう。

営業職の転職に関するおさらい

営業職の転職に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 志望動機には、コミュニケーション能力、行動力、企画力、向上心があり、プレッシャーに強いといった営業職に役立つ長所を書く
  • こじつけの志望動機では採用側には響かないので注意する
  • 未経験者が営業職に転職する場合は、前職との共通点や専門知識をアピールし、コミュニケーション能力が高いことは忘れずに伝える

自分の長所をからめながら志望動機をしっかり伝えて、希望の営業職に就きましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda