転職で面接や書類選考の鍵を握るのは志望動機と自己PRです。業界に合う内容をつかんで的確にまとめることが基本です。

業界全体の流れをつかんだ上で、応募する会社の企業研究をすすめるとスムーズです。IT業界に限らず、志望動機はきちんとその会社に対して作り上げるものです。他の会社でも使い回せるようなものは採用担当者に見抜かれてしまうでしょう。

志望動機に関してより理解を深めたい方はこちらの記事をおすすめします
就職・転職における志望動機の書き方・伝え方
就職・転職の志望動機 各種業界で使える例文

IT業界が求めている人物像

IT業界では、基本的にはやはりスキルのある人が求められます。しかし、現在持っているスキルだけではアピール要素としては不十分です。

IT業界はこれからもめまぐるしい進化が継続的に続くことが予想されるので、新しい技術に対して積極的に勉強していける人が求められます。むしろ、そういった姿勢を重視している企業が増えています。

様々な業界との開発が進むことも予想されるので、コミュニケーションスキルも問われるようになるでしょう。会社の持つ技術を応用するためには、社会の様々な動きに敏感で幅広い視野を持っている人が望まれます。

今持っているスキル、未知の技術に前向きに取り組む姿勢、コミュニケーション能力や好奇心などをアピールすると業界の求める人物像にマッチします。

また、他の業界に比べ、比較的論理的な思考も求められます。面接での話し方はより建設的になるよう工夫しましょう。

IT業界の志望動機でアピールするポイント

転職の選考では志望動機は非常に重要視されます。より具体的に伝わりやすい内容にするにはどういったポイントを押さえればよいのでしょうか。

IT業界で働きたい理由

まずは、なぜIT業界で働きたいと感じたのかを説明します。

IT業界全体の動きを知っていないと説明のできない部分なため、業界研究をすることで他の業界とは異なる魅力を見つけましょう。

IT業界を志望する人の多くは「将来性」という言葉を使います。具体的にはどういったことなのか、よりミクロな世界での話なのか、よりグローバルな展開をしたいのか、具体的に自分がこの業界に感じる点を表現しましょう。

IT業界の中でその会社を選んだ理由

その会社を選んだ理由は、志望動機のメインともいえる部分です。言い換えれば採用担当者が一番知りたい部分でもあります。

他の会社でも使えそうな言い回しやフレーズでは、採用担当者は内容が薄いと判断することでしょう。

その会社が業界内で何を行っているのか、他の会社と比較することでより具体的な姿をつかむことができます。徹底的にその会社とライバル企業の企業研究を行い、何が優れていて何が足りないのかという点に注目しましょう。

自分が感じたその会社の他とは異なる魅力(その会社の強み)を具体的に挙げ、そこにどのように関わりたいのかを説明しましょう。

例えば、他の企業よりも顧客層が厚い場合は、なぜ指示されているかを自分なりに分析して伝えましょう。

例文

御社が行った~という考えに基づいたサービスの提供は、~といった面で他のIT企業よりも顧客からの指示が高く、自分もそれを支える~として頑張っていけたらやりがいを感じられそうだと思い応募しました。

IT業界で何ができるのか

IT業界で働くと言っても、その職種は多岐にわたります。その会社で自分のどんな能力を活かして、その会社の何にどのように関わりたいのかを伝えましょう。

採用担当者にその人が会社で働いている姿が具体的にイメージできるような表現をすると好印象を残せます。

その会社が今、力を入れている分野や、これから発展させようとしている分野に対しての内容であるほど、企業は積極的に採用しようという姿勢になります。企業が事業を縮小させようとしている分野に対して「興味がある、携わりたい」と伝えても、採用される可能性は低いといえます。

もし自分が未経験で、ただ漠然とIT業界を志望している場合はスクール型のIT転職がよいでしょう。スクール型なら、未経験からのサポートが充実しており、相談もしやすい環境です。

 

IT業界の志望動機でよくない例

志望動機は、具体性が明暗を分けるといっても過言ではありません。具体性のないぼんやりとした志望動機では、採用担当者は首を縦に振ることはないでしょう。

例文

御社はこれからWEB開発に重きを置くとニュースで見たので、将来性があると思い応募しました。

一見、その会社のことを調べたような雰囲気はありますが、WEB開発をしている会社であればどこでも良いと感じさせる志望動機です。具体的にどういう意味で将来性があると言っているのかというものも伝わりません。

例文

御社の携帯アプリが好きで、自分もユーザー目線で開発に関わりたいと思い応募しました。

その企業を受ける時点で、その会社のことが好き、その会社のファンであることは大前提となり、わざわざアピールするようなことではありません。好きだから仕事がしたい、好きだから関わりたいというだけでは、1人よがりな志望動機になってしまっています。

きっかけである内容の他に、自分のどのような点がその会社にマッチしているのか、どのような仕事で関わっていくことで双方にメリットがあるのか自己PRを入れるようにしましょう。

IT業界の志望動機例

志望動機例は以下の通りとなります。

【例文1】

大学を卒業したころは単純にパソコンが好きなので、そういった分野に関わりたいと思い就職しました。前職では、PHP言語を用いたサイトの開発に携わっておりました。小さな会社でしたので、SEといえど営業と同行し、システムについての説明をクライアントに行うことも多くありました。より専門性の高い開発業務に専念したいと思い転職を決意しました。御社のユーザー参加型の口コミサイトの機能の良さは以前より魅力的に感じており、御社が同じPHP言語で開発されていると知って、経験を活かして頑張りたいと思い応募しました。前職で営業と同行することで知ったマーケティングの大切さや、「売る」ためのコンテンツの見せ方などを開発にも活かして頑張らせていただけたらと思っています。

【例文2】

前職では経理システムの開発に携わっておりました。専門的な分野を深く勉強できたとは思いますが、マンネリ化を感じ、もっと幅広い知識を身に付けたいという思いが強くなり転職を決意しました。貴社は定期的に新しいシステムを開発されており、そのスピード力やニーズを読み取る力に大変魅力を感じております。新しいことへ次々に挑戦していくことは、多大な勉強と努力が必要かとは存じますが、分からないことは積極的に勉強していくつもりです。何卒よろしくお願いいたします。

IT業界の転職を考えている場合、おすすめの転職サイト

IT業界の転職を考えている場合、以下の転職サイトがおすすめです。

ワークポートがIT業界に特化しています。