心機一転(しんきいってん)の意味

心機一転とは、あることがきっかけとなって心持ちがよいほうへと大きく変わることです。

「心機」は心の動きをさし「一転」はまったく正反対に切り替わることをさしています。

同義語には同じ四字熟語の「気分一新」や「ふんどしを締め直す」などがあるでしょう。

心機一転のビジネスシーンでの使い方

誰しも、ビジネスで失敗してしまうことがあります。

大切なのは、失敗した経験を糧にしてよい結果につなげられるかどうかでしょう。

反省するのはよいことですが、失敗をいつまでも引きずっていることはよくありません。

心機一転は上司が部下を励ます際に使ったり、失敗から立ち直ろうとする社員が周りに決意表明を述べるときに使ったりするなど、ポジティブシンキングを表現するときに使われます。

心機一転はビジネスで悪い流れが続いているときに小さなよいきっかけを見逃さず、よい流れへと変えていきたい場面で使われる四字熟語です。

仕事に過剰な疲労を感じる場合は一度転職エージェントに相談してみましょう。転職エージェントについては以下の記事を参考にしてみてください。

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較
マイナビエージェント 転職活動のはじめ方

心機一転の使い方と例文

仕事で失敗して落ち込んでいる部下に対し
「もうすぐ新年だからそれをきっかけに心機一転頑張っていこう」
上司は励ましの言葉をかけた。
「大きなミスをしてしまいましたが十分反省し、4月からは心機一転頑張りたいと思います」
Aさんは会社の朝礼で周りに宣言した。
「ここのところ売り上げが落ち込んでいるが、新商品の発売をきっかけに心機一転巻き返しを図ろうじゃないか」
課長は部下たちに発破をかけた。