アベノミクス効果で経済指標は上向きですが、景気回復の足取りは依然として重く、そのしわ寄せで、給料は増えずに仕事ばかりが増えているという人が多くなっています。平日は残業につぐ残業で、家にはただ寝るために帰るだけ。

休日も疲れがとれずゴロゴロしているうちに、また月曜を迎えてしまう。これでは人生の円熟期を仕事漬けでむなしく終えてしまいます。そんな生き方を変える方法を、今回は考えていきます。

帰って寝るだけの生活になっている人は約7割いる

2016年に、大学生活情報サイトの「マイナビ学生の窓口」が社会人を対象に実施したアンケート調査によると、「毎日が『職場と家の往復』で終わってしまう」と答えた人が67.0%にのぼっています。

実際、仕事がハードで残業も多く通勤時間が長いという人は、家に帰るころには体も心も疲れ果てて何もできずに寝てしまうのも無理はありません。

でも、そんな生活を続けていると、本当に仕事だけの人生になってしまいます。長い社会人生活を実りあるものにするためにも、「帰って寝るだけ」の生活を根本から見つめ直すべきではないでしょうか。

帰って寝るだけから脱出する方法

ここでは「帰って寝るだけ」の生活から脱出する方法を6つあげてみたいと思います。

仕事の完璧主義をやめる

定時に仕事が終わらないのは、過度な完璧主義のせいである場合があるでしょう。仕事の完璧主義にとらわれる人は、手抜きは害悪だと考えがちですが、仕事に集中しすぎるのも体にとっては害悪です。

100メートルを10秒で走れる人が、その速さで42.195kmのフルマラソンを走りきることができないように、朝から晩まで全力で仕事をし続けることは誰にもできません。

まず仕事の優先順位を決めて、最初にやるべきことを完璧に片付け、あとは効率重視でスピーディーにこなす、というように緩急を使い分けて、いい意味での手抜きをしたほうが、時間も疲れも少なくてすむようになります。

残業しない宣言をする

仕事の疲れと時間の無駄を減らすには、残業をしないのが一番ですが、日本の場合、仕事をさっさと終えて定時に退社する社員よりも、遅くまで黙々と残業している社員のほうが、むしろがんばっていると思われやすい傾向があります。

本来なら同じ仕事を短時間でこなせるほうが能力的には優秀なはずですが、日本では不当なほど評価されないのが現実です。おすすめしたいのが、「私は原則として残業しません」とはっきり宣言することです。もちろんそれは大胆な行為です。

一歩まちがうと「仕事しない宣言」と曲解され、周りの反発を買うことにもなりかねません。だからこそ、定時までにきっちり仕事をすませることを、周囲にアピールしなければなりません。

そうすることで周囲に自分の能力やポリシーを理解させることができ、定時退社を習慣化すれば、仕事にメリハリがついて効率アップにもつながるでしょう。職場で理解を得るのは難しいかもしれませんが、一考の余地はあります。

平日にやりたいことを計画

せっかく定時で退社しても、その後に何もしないのでは、「帰って寝るだけ」の生活を抜本的に改善することにはなりません。

アフターファイブはフィットネスジムで思い切り体を動かしたり、スパやエステでリラックスしたり、ショッピングしたりして、心と体をリフレッシュさせましょう。土日のあいだに一週間分の計画をたてて、平日にやりたいことをきちんと決めるのがよいでしょう。

家に帰る前に外で用事を済ます

資格やスキルの取得をめざして日夜自宅で勉強している人も多いと思いますが、平日の夜ともなると仕事の後で気がゆるんでしまう上に、1日の疲れもあって、なかなか勉強に集中できません。

ついつい休憩のつもりでテレビのリモコンやスマホなどに手を伸ばし、そのまま見入ったりすることも多々あります。その意味では、自宅というのは案外、勉強には適さない場所です。

そこで最近では「勉強カフェ」のような自習ブースつきのカフェも増えています。勉強や調べごとなどは家に帰る前に済ませ、家では勉強や仕事めいたことはせず、心と体をリラックスさせたほうが睡眠の質もよくなって、疲労回復につながります。

会社の近くに引っ越す

社会人にとって職場の人間関係や長時間労働は疲労とストレスの大きな要因ですが、そのうえ通勤時間が長いと、心身ともに疲れきってしまい、仕事に対するモチベーションを保てなくなります。

日本の満員電車の混雑ぶりや日本人の長時間勤務は世界的にも有名ですが、それが日本人の疲労とストレスを増幅し、生産性にも重大な悪影響を及ぼしているのはまちがいありません。 最近は郊外から都市部に引っ越す人が増えているのも、そのためでしょう。

通勤時間を短縮できれば、疲労やストレスが軽減し、仕事に対するモチベーションや生産性が高まって、お金を稼ぐことができ、自由な時間も増やせるでしょう。

転職を考える

平日は家に帰っても寝るだけの生活になってしまう原因が通勤よりも仕事にあるとしたら、引っ越すよりも転職を考えたほうがよいでしょう。最近の求人情報サービスはインターネットが主流です、スマホさえあればいつでもどこでも最新の求人情報を得ることができるでしょう。

職種や勤務地、給与や福利厚生など自分が希望する条件を、誰にも気兼ねせずに検索することができ、もちろん応募することも可能です。

仕事がつらいと思ったら、転職サイトに登録しましょう。求人情報を見るだけでも気分転換になりますし、運良く希望の求人が見つかれば、新たな道を選ぶのもよいと思います。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 ブックマーク推奨!
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 ブックマーク推奨!

帰って寝るだけについてのまとめ

  • 毎日が職場と家の往復で終わってしまう、という人は約7割に達している。
  • 仕事の完璧主義は効率を悪化させることがある。
  • 残業なしのライフスタイルを周知徹底するために「残業しない宣言」をする手もある。
  • 平日のアフターファイブは有意義に時間を使うべき。
  • 「帰って寝るだけ」の生活を変えるには、転居や転職も視野に入れたほうがよい。