なにか決意を表明するときに、「誠心誠意」という言葉がつかわれます。この言葉はどのようなときに使用すべきなのか、またどのくらい重要な意味を持つのか、例文含め解説いたします。

誠心誠意の意味

「誠」という漢字が嘘偽りのない心のことで、これをふまえ、私欲にとらわれず真心をもって物事に尽くすという意味の言葉です。類義語は「一生懸命」・「一心不乱」・「力一杯」「尽力」などがあります。

「お力添え」「ご尽力」ビジネスで助ける意味を持つ敬語の例文15選
使い方として、誠心誠意頑張ります、誠心誠意努力しますなど、形容詞や動詞を修飾する副詞として使用し、「頑張り」・「努力」・「謝罪」などの自発的な貢献、真摯な姿勢を示す言葉が続きます。

「誠心誠意」の意味合いを含む、いいかえられるやわらかな表現として「誠意を込めて」・「真剣に」・「思いを込めて」などがあります。

誠心誠意のビジネスシーンでの使い方

「誠心誠意」を使うと自分の真摯な覚悟を伝える事が出来ますが、一方でその案件を失敗した場合、自分に期待して信頼をかけてくれた相手を大きく落胆させてしまいます。

日常の会話で使用することはなく、大抵の場合はビジネスで使用します。それは「誠心誠意」が自分の心構えを示しその案件すべてに責任を持つことを確約する意味合いを持つ強い言葉だからです。

誠心誠意のビジネスシーンでの活用のポイント

実際にビジネスの場面ではどの様に使用するのが適切なのか?2つのポイントをあげてみました。

上司に対して

「誠心誠意」を使用する時には、言葉に重みがあるため、偽りない決意を最も表明したい時のみに使用するよう心がけましょう。

このため何度も連発して言うと、重要な意味の言葉を軽く使っているという印象を与えかねません。まだ大きな責任を負っていない新入社員が使用する場合、やる気や心構えを大きく評価してもらえますが、その期待にこたえることが必要となります。
また、「誠心誠意」は硬い表現であるため、上司のタイプや場面によっては「真剣に頑張ります」や、「努力します」という言葉に置き換えてみても良いでしょう。また、「誠心誠意」の姿勢を見せれば、言葉で語らずとも上司に伝わるはずです。

期待に応えられるよう誠心誠意努めてまいります。

謝罪の際に

相手に対して陳謝する時に使用します。失ってしまった信用を回復するために、後続の言葉に具体的な案を提示すると良いです。

今後二度とこの様なことが無いよう、社員一同誠心誠意サービス向上に取り組んで参ります。

※「誠心誠意」を使った案件が失敗した時の謝罪に「誠心誠意」は通用しません。そのことを踏まえて使用しましょう。

ビジネスでの謝罪・お詫びメールの件名・本文・結びの書き方と例文集

まとめ

「誠心誠意」は言葉通りに全力を尽くし、先方に誠意が伝われば、大きな信頼を得ることが出来ます。使用する場面に気を付け、慎重に使うことで意義を発揮します。中途半端な気持ちで使用すると「誠心誠意」という言葉のプレッシャーに自分が潰されかねません。そうならないよう心構えの最高表現として捉え、使用しましょう。

おすすめリンク

「若輩者」の意味と読み方と類語とビジネスシーンで使える例文8選

【2018年卒就活生限定】特性マッチング求人サイトFuture Finder

ドコイクで学ぶ!ビジネス用語

ビジネス用語・カタカナ語 一覧まとめ

心理統計学から自己分析ができる! Future Finder