決意を表明するときに、「誠心誠意」という言葉がつかわれます。誠心誠意はどのようなときに使用すべきなのか、またどのくらい重要な意味を持つのか、例文含め解説いたします。

「誠心誠意」の意味とは何か?


「誠心誠意」は「せいしんせいい」と読み、「私欲にとらわれず真心をもって物事に尽くす」という意味です。その意味合いから、「誠心誠意」はビジネスシーンでの会話やメール、書面や挨拶などで使われることが多々ある表現だといえます。

また「誠心誠意」は「誠心」「誠意」の二つの言葉から成り立っており、それぞれの意味は次の通りです。

  • 「誠心」:嘘偽りのない心、この上ない真心
  • 「誠意」:自分の良心のままに動き、正直で真面目に事にあたること

上記の意味を持つ二つの言葉が合わさっていることから、「誠心誠意」は先述のような意味を持っているというわけです。なお「誠心誠意」に限らず、言葉を分解することにより意味が分かりやすくなるケースは少なくありません。

ビジネスシーンにおける「誠心誠意」の使い方・例文


上述のように、「誠心誠意」はビジネスシーンでよく使われる表現です。そこでこの項目では、ビジネスシーンにおける「誠心誠意」の使い方を、場面ごとに例文と合わせてまとめました。

挨拶での決意表明で使う

「誠心誠意」は、様々なケースでの挨拶の決意表明で用いられることがあります。具体例としては、次のようなものが挙げられるでしょう。

「入社間もないですが、一日も早く戦力になれるよう、誠心誠意努力いたします」という新人の挨拶に対し、一同から拍手が送られた。

謝罪での決意表明で使う

ビジネスではミスをしたり迷惑をかけたりした際に謝罪をするのが常識です。しかしただ謝罪するだけでは気持ちが伝わらないことがあります。そこで以下のように「誠心誠意」という言葉を用いることで、決意表明とすることがあります。

「この職場で得た知識や経験を活かし、次の職場でも誠心誠意仕事に励みます」という言葉で、彼女の挨拶は締め括られた。
「今回の障害に伴う補償については、一件残らず誠心誠意対応いたします」という言葉がニュースで報じられた。
「この度の不祥事により皆様の信頼を損ねましたことを、誠心誠意お詫び申し上げます」という言葉から、心から謝罪している様子が伺えた。

営業などのアピールとして使う

営業や売り込み、接客などにおいては具体的な中身を伴って、下記のように「誠心誠意」という言葉を用いるケースがあります。

「この商品が御社のお役に立つよう、誠心誠意サポートいたします」という言葉を信じ、その商品を使ってみることにした。

「少しでも不明点などがあれば、全て解消されるまで誠心誠意説明いたします」との言葉がきっかけで、話を色々と聞かせてもらった。

「誠心誠意」は全てに責任を持つことを表す言葉


「誠心誠意」を使うと自分の真剣な覚悟を伝える事が出来ますが、一方で案件を失敗した場合、自分に期待してくれた相手を大きく落胆させてしまいます。

「誠心誠意」は日常の会話で使用することはなく、大抵の場合はビジネスで使用します。「誠心誠意」は案件すべてに責任を持つことを確約する意味を持つ強い言葉であるためです。

「誠心誠意」と似た意味を持つ言葉についての情報は以下の記事で紹介しています。この記事と合わせてご覧ください。

「誠心誠意」のビジネスシーンでの活用のポイント

起業家
誠心誠意を実際のビジネスの場面ではどの様に使用するのが適切なのかについて、二つのポイントを紹介します。

上司に対して誠心誠意を使う場合

「誠心誠意」を使用するときには、言葉に重みがあるため、偽りない決意を表明したいときのみに使用するよう心がけましょう。

「誠心誠意」を何度も連発していると、重要な意味の言葉を軽く使っているという印象を与えかねません。まだ大きな責任を負っていない新入社員が使用する場合、やる気や心構えを大きく評価してもらえますが、その分期待にこたえることが必要です。

また、「誠心誠意」は硬い表現であるため、上司のタイプや場面によっては「真剣に頑張ります」や、「努力します」という言葉に置き換えてみてもよいでしょう。また、「誠心誠意」の姿勢を見せれば、言葉で語らずとも上司に伝わります。

期待に応えられるよう誠心誠意努めてまいります。

謝罪の際に誠心誠意を使う場合

謝罪の際に「誠心誠意」を使う場合は、相手に対して陳謝するときに限られます。失ってしまった信用を回復するために、後続の言葉に具体的な案を提示するとよいでしょう。
今後二度とこの様なことが無いよう、社員一同誠心誠意サービス向上に取り組んで参ります。
※「誠心誠意」を使った案件が失敗したときの謝罪に「誠心誠意」は通用しません。注意して使用しましょう。

以下の記事では謝罪の際に書く文面について、書き方のコツや例文を紹介しています。謝罪の際の言葉遣いに困っている方は、この記事と合わせてご覧ください。

「誠心誠意」を使う際のポイント


「誠心誠意」は言葉通りに全力を尽くし、先方に誠意が伝われば、大きな信頼を得ることが出来ます。使用する場面に気を付け、慎重に使うことで意義を発揮します。

中途半端な気持ちで使用すると「誠心誠意」という言葉のプレッシャーに自分が潰されかねません。「誠心誠意」は心構えの最高表現として注意して捉え使用しましょう。

「誠心誠意」の類義語・言い換え表現

放送作家
「誠心誠意」についての類義語は以下の通りです

「誠心誠意」の類語
「一生懸命」「一心不乱」「力一杯」「尽力」

「誠心誠意」は、「誠心誠意頑張ります」「誠心誠意努力します」など、形容詞や動詞を修飾する副詞として使用し、「頑張り」「努力」「謝罪」などの自発的な貢献、真摯な姿勢を示す言葉が続きます。

「誠心誠意」の意味を含む、柔らかな言い換え表現には以下のものがあります。

「誠心誠意」の意味を含む柔らかな言い換え
「誠意を込めて」「真剣に」「思いを込めて」

またそれらの類義語・言い換え表現を使った例文としては、以下のようなものが考えられるでしょう。

何年も一生懸命努力した甲斐があり、難関試験に合格することができた。
どんなことにも真剣に取り組むことが自分の信条だ。

まとめ この記事のおさらい

  • 「誠心誠意」は「せいしんせいい」と読み、「私欲にとらわれず真心をもって物事に尽くす」という意味がある
  • ビジネスシーンにおける「誠心誠意」は、挨拶や謝罪の決意表明や営業などのアピールとして使う
  • 「誠心誠意」は案件全てに責任を持つことを確約する意味を持つ強い言葉
  • 何度も使うと重要な意味の言葉を軽く使っていると思われかねないので、上司に対して「誠心誠意」を使うのは偽りのない決意を表明したいときのみにする
  • 使用する場面に気をつける必要はあるが、「誠心誠意」の言葉通り全力を尽くして誠意が伝われば、大いに信頼を得られる
  • 「誠心誠意」の類義語は「一生懸命」や「一心不乱」、言い換え表現は「誠意を込めて」や「真剣に」などがある