日常的に何気なく使っている「○○いたします」という言葉ですが、「致します」の言葉の意味、正しい使い方を例文をあげて、詳しく解説します。

「いたします」は「します」より丁寧な表現

「いたします」は、「○○する」の謙譲語である「いたす」に、語尾の「ます」が結びついた敬語です。相手への敬意をはらい、「○○させてもらいます」、「○○させていただきます」とみずからが率先する意味として使うことが多い敬語です。

「失礼します」「確認します」「連絡します」を、より丁寧にした表現は以下の通りです。

「失礼します」
 ↓
「失礼いたします」
「確認します」
 ↓
「確認いたします」
「連絡します」
 ↓
「ご連絡いたします」

接頭語の「お」と組み合わせて使う言葉に「いたします」をつけることもできます。

「お願いします」
 ↓
「お願いいたします」
「お供します」
 ↓
「お供いたします」

また「します」は、敬語ではありますが、相手への敬いや自分がへりくだっていないため「丁寧語」です。

以下の記事では、敬語、丁寧語の一覧表と、正しい使い方を例文を交えてて解説していきます。この記事と合わせ、ビジネスパーソンとしてより丁寧な言葉遣いを目指しましょう。

【敬語】丁寧語・謙譲語・尊敬語の一覧表
就職、転職時の面接における尊敬する人の答え方について具体的に解説
上司へメールを送る際に重要なポイントと例文

「いたします」と「させていただきます」の違いと使い分け

「させていただきます」は、自分の行動に対して、相手から承諾してもらうことを前提に、許しを得るための言葉で、「いい切り」の表現です。

「相手に問いかけて、行動してもよいかどうかのイエス・ノーを求めるわけではなく、自分の行動を『○○しようと思う』という意味で表現します。

本日都合によりお休みいたします。
本日都合により休ませていただきます。

注意点として、言葉やシーンを考えずに、丁寧な言葉だからとむやみに「させていただきます」を使うと、どことなく違和感があったり、相手が押しつけがましく感じ、不快感を与えてしまいます。「させていただきます」を多用しないように工夫して使いましょう。

また以下の記事では、上司や取引先との緊張するやりとりの際に気を付けておくべき分の書き方や、マナーを守る性格の特徴と見習うべきポイントについて解説しています。この記事と合わせてご覧ください。

上司に丁寧なメールを送る際の重要ポイントと例文
「何卒よろしくお願いいたします」の意味と使い方、例文集
ビジネスでの謝罪・お詫びメールの丁寧な例文集
丁寧な社内メールの送り方 謝罪や報告など例文解説
自己PRで協調性のある人、ない人の特徴を解説
自己PRの際に言葉使いを間違えないために注すべき事とコツ マイナビエージェント

「いたします」と「申し上げます」の違い

「申し上げます」の元の形は謙譲語「言う」に補助動詞の「あげる」、丁寧語の「ます」で、それらが組み合わさって一つの形になっています。

「いたします」は謙譲語「致す」に丁寧語「ます」がついた形です。

どちらもビジネスシーンで使用できますが、以下のようなニュアンスの違いがあります。

・申し上げます→送り手が動作の対象
・いたします→受け手が動作の対象

もし、相手に何かを依頼したい場合、「お願い申し上げます」より「お願いいたします」の方が好まれるのはそのためです。依頼した後は、相手が何かを行わなければならないため、相手(受け手)の動作が強められます。そのため、「いたします」を使った方が丁寧な表現に聞こえます。

一方、「申し上げます」は自分(送り手)の動作が対象になるため、「お詫び申し上げます」「御礼申し上げます」「お祈り申し上げます」などと使うことができます。

補助動詞として使う場合は「いたします」と書く

同じ「いたします」でも、ひらがな表記で使う場合、漢字表記で使う場合があるでしょう。ビジネスシーンで一番目にする、「よろしくお願いいたします」「よろしくお願い致します」では、前者のひらがなでの使い方が正解です。理由は以下の通りです。

「いたす」は前述のとおり、「する」の謙譲語で補助動詞です。

一方、漢字表記での「致す」は「届くようにする、至らす」という意味があり、動詞として使われます。「よろしくお願いいたします」は「お願い」の補助動詞として「するの謙譲語のいたす」が付くため、ひらがな表記で使われます。

漢字表記の「致す」は「私の不徳の致すところ」といったように動詞として使う場合に使用します。

「いたします」の例文

「いたす」は謙譲語で、自分の行動について話す時に使われます。

どうぞよろしくお願いいたします。
ご迷惑をおかけいたします。
来週の会議には、弊社より2名で参加いたします。
資料をお送りいたします。

「致します」「いたします」についてのまとめ

いたします
「する」の謙譲語で補助動詞「お願いたします」「連絡いたします」などはひらがな表記
致す
「不徳の致すところ」と動詞で活用する場合は漢字表記
します
「する」の丁寧
申し上げます
お詫びや御礼など、送り手が強調されるシーンで使われる