日程を表す「一両日」この言葉は1~2日をあらわします。どのように解釈すべきか、類語としてどのような言葉があるのかを解説します。

「一両日」は「一日、二日」という意味

「一両日」は「いちりょうじつ」と読みます。「一両日」とは、「一日または二日」のことを意味し、「今日・明日のこと」、「明日・明後日のこと」とされます。主に期日を指定する場合に使用します。

「一両日中」の解釈は人によって様々

一両日の意味は「一日または二日」で共通していますが、今日を一日目、明日を二日目と考えるか、今日を含めずに明日を一日目・明後日を二日目と考えるかによって解釈が分かれます。

相手の捉え方に重きを置かれるため、ビジネスにおいて口頭や文書・メールで締切日を伝えたい場合は、使わないほうがトラブルを避けられます。こちらは明日という意味で伝えたはずが、相手は明後日と捉えている場合もあります。この場合、相手は締め切りを守ったつもりが、こちらは締め切りを過ぎて受け取ったと認識してしまいます。

相手から「一両日中に~」と連絡が来た場合にはこちらから具体的に日程を確認しましょう。

「今日、明日」など一両日の類語を紹介

一両日には一単語で表せる類語はありません。

前述しましたが、一両日は相手の解釈の影響も大きいので、代替の言葉として、「今日明日中」「明日明後日中」「一日~二日以内」が使われます。納期や大事な日程を調整する場合は一両日ではなく、具体的な数字に置き換えたほうがトラブルを避けることができます。

一両日の実際に使える例文

一両日中に結果が分かる
一日~二日中に結果が分かる
一両日中にご返事ください
一日~二日の間にご返事ください
お中元のお礼状は、一両日中に送りましょう
お中元のお礼状は、一日~二日の間に送りましょう。
一両日中に書類を送らせていただきます
今日、明日中に書類を送らせていただきます。

「一両日」の英語表現

意味は「一日~二日」なので、その意味で英語に訳してみましょう。

英語では1~5くらいまでの少ない数を”a few”, “a couple of”と表します。したがって、以下のように表現できます。

・a few days
・a couple of days

「一両日中」と言いたい場合は、「1〜2日以内に」と言えば良いので、”within a few days” または “within a couple of days”などが使えます。

一両日についてのまとめ

・「一両日」は「いちりょうじつ」と読み、明日か明後日のことをあらわす
・「一両日中」とは「1~2日以内」という意味だが、年代や性別によって意味の捉え方が異なる
・ビジネスの期限を提示するときには、「一両日中」とは使わず、明確な日にちを指定した方がよい
・英語では、”a few days”や ”a couple of days”などが使われる

相手によって解釈が左右される「一両日」という言葉ですが、アポイメントや日程調整のメールでは使用しない方が無難でしょう。使う場面としては、終業時間、間際に口約束する場面で「明日用意します。」のかわりに「一両日中に用意します。」と答えると良いでしょう。普段、なにげなく使う言葉をこのように帰ると、語彙が豊富で知的なビジネスパーソンを演出することができるかもしれませんね。

こちらの記事も参考になります
ビジネスでのアポイントメールの件名や本文の作成ポイントと例文3つ
就活メールの返信の基本マナーと 場面ごとによる返信の例文を紹介
転職・就職が決まった後の試用期間についての解説

メールは転職活動においても大切なツールです。転職活動の際はこちらの記事も参考になります。
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業界特化型&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較