労働体系の変化に伴い、交代勤務という言葉も随分と馴染みのあるものになっています。しかし、交代勤務と一口にいってもその内容は業種によりさまざまであると知らない人は多いでしょう。

ここでは交代勤務の種類や交代勤務で生じるメリット・デメリットを解説していきます。交代勤務を正しく理解し就職活動や転職活動に役立てましょう。

また以下では転職について役立つ知識を解説しています。転職活動の際に役立つ様々なコツや注意点を見直すことで、より早く内定を得る事が出来るでしょう。

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
マイナビエージェント:転職活動のはじめ方

交代勤務とはなにか?

交代勤務(こうたいきんむ)とは、所定労働時間(通常は8時間)を超えての業務が必要な場合に、労働者を交代させながら勤務させる労働体系の事をいいます。

病院やホテル、警察官・消防隊、生産工場や飲食店、コンビニエンスストアなど、24時間切れ目なく勤務が必要な業種において、交代勤務の体系を取り入れています。

3交代勤務とは1日を8時間に分けた勤務

3交代制勤務は1日24時間を3区分に分けて8時間ずつ勤務する方法です。

ホテルや病院、工場などで多く取り入れられる勤務体系で、一般的には日勤が午前8時から午後4時、準夜勤が午後4時から午前9時、深夜金が午前0時から午前8時と別れています。

また、それぞれの勤務の交代時間の前後に30分から1時間程度の申し送りの時間が儲けられています。

2交代勤務は10時間以上の勤務

3交代制が原則8時間勤務であるのに対し、2交代制は勤務時間によっては連続で10時間以上の勤務となる場合があります。看護師の2交代勤務の場合、一般的には日勤が午前9時から午後5時、夜勤が午後5時から翌朝9時である事が多いです。

また、飲食店や小売店などでは朝9時から夜11時までの営業で、朝9時~午後5時まで、午後4時~夜11時までという2交代制勤務も存在します。業種によっては一概に勤務時間が長いとはいい切れません。

交代勤務のメリット

「3交代勤務」のメリット

勤務時間が短い
3交代勤務は8時間ごとに勤務時間を割り振っている為、1回の勤務時間が短くて済みます。

残業が無い(少ない)
8時間ごとに交代する為、時間通りに勤務終了する事が可能です。業務内容も2交代制に比べると軽く済むことが多いため、残業も少なくて済みます。

心身への負担が少ない
業務時間が短く、残業も少ないため心身への負担が少ない事もメリットとしてあげられます。

「2交代勤務」のメリット

疲労回復が早い
2交代制の場合、夜勤のあと「明け休み」となる事が多く、長時間勤務の後でもしっかりと身体を休める事が出来ます。

休憩時間が長い
2交代制の夜勤の場合16時間~17時間の勤務となりますが、その代わり食事の時間や仮眠の時間をしっかりと取る事ができる為、勤務中もきちんと身体を休める事が出来れば長時間勤務であっても身体へかかる負担を減らすことができます。

プライベートの充実
夜勤明けの次の日は休みとなる事が多いため、3交代勤務に比べてプライベートを充実させる事が出来ます。また連休も取り易い為旅行などの計画を立てて仕事とプライベートをしっかり区別する事ができるのもメリットです。

給与が高い
2交代制の夜勤の場合勤務時間が長いことに加えて、深夜割増賃金が発生するため給与が高くなる特徴があるでしょう。また、勤務先や業種によっては夜勤手当などがつく場合もあります。

交代勤務のデメリット

「3交代勤務」のデメリット

疲労回復する時間が短い
3交代制の場合、日勤の後8時間休んで夜勤に入るといった勤務体系になる事もあるため、身体を休める時間が短く疲労がたまりやすくなります。

また、子供がいる人の場合は、夜勤の前に仮眠をとる事ができず、心身共に疲労がたまってしまうという事もあるでしょう。

連休が取りにくい
3交代制の場合、一回の勤務時間が短いのがメリットですが、その分休みは短くなり、連休が中々取れないといったデメリットがあります。

 

「2交代勤務」のデメリット

労働時間が長い
夜勤のある2交代制の場合、連続就業時間が10時間以上となるため、どうしても疲労がたまりやすくなります。普通ならば休んでいる時間帯に働く事で、体感時間が更に長くなるという意見もあります。

心身への負担が大きい
労働時間が長いため、心身への負担が大きいです。疲労回復ができる時間がしっかりあるといっても、一回で2日分の業務をするようなものであるため、心身の負担が大きくなるのは想像がつきます。

医療関係などでは、小さなミスが大きな事故に繋がる危険性もあるため、常に緊張感を保たなくてはならないというのも心身への負担を大きくする要因になるでしょう。

交代勤務に共通するデメリット

交代勤務で共通するデメリットに睡眠障害というものがあります。交代勤務を続ける事で寝る時間が不規則になり、質の良い睡眠が取れなくなるというものです。

通常、人は入眠してから深い眠りのノンレム睡眠に入り約90分でレム睡眠が現れます。しかし昼前に入眠すると本来90分後に現れるはずのレム睡眠が早く出現してしまい、ぐっすりと眠った感じがしなくなってしまいます。

また、休みになったとしても日中にしか出来ない用事をこなすために睡眠時間を短くしなくてはいけなくなったりと、睡眠の質も量も阻害されてしまいます。

また以下の記事では仕事が終わらない場合、辛いと感じる際に見直しておくと、今後に役立つ事を解説しています。悩みを一人で抱えそうになってしまう場合にぜひ役立てて不安を解消しましょう。

仕事が終わらなくて辛いと思ったときの原因や対処方法を詳しく解説
仕事に疲れる原因と対処の仕方を徹底解説
「休みがない」と感じてしまう原因とその対処法 転職もひとつの答え
仕事にストレスを感じやすい人の特徴・原因 ストレスに対する対処法
仕事が辛いと感じた時の対処方法について 仕事が辛いと感じる理由

交代勤務時に身体に負担を掛けない工夫

身体に負担をかけないローテーションの組み方

日勤や夜勤を短い期間に繰り返すと、身体のリズムに狂いが生じてしまいます。

交代勤務でなるべく身体に負担を掛けないようにするには、体内時計をなるべくずらさないようにする事が大切です。

身体に負担をかけないように仮眠をとる

夜勤中に仮眠をとる事で、眠気の減退だけではなく体内時計のリズムの乱れを防ぐ事も出来ます。また、疲労によるミスも軽減される為、可能ならば必ず仮眠をとるようにしましょう。

仮眠が取れない場合はサプリメントも有効

どうしても仮眠が取れない場合は、睡眠ホルモンであるメラトニンをサプリメントで補うのも有効です。メラトニンは体内時計を調整し、安眠効果を高める作用があります。

しかし、サプリメントに頼り過ぎると返って体内のホルモンバランスを崩す事もあるため、一時的な服用にとどめ、なるべく仮眠をとるように努めましょう。