「仕事が辛い。」社会人なら、誰もが一度は思った事があるのではないでしょうか。適度なストレスは、成長するための良い刺激になります。

しかし、「職場に行くのが苦痛で仕方がない」、「もう限界かもしれない」という状態なら、一度自分の状況を見つめなおす必要があります。具体的に何が辛いのか、どうして辛いのかを分析してみることで、解決できることもあります。

その上で、仕事を辞めても良い場合とそうなる前に対処できる方法を解説していきます。

仕事が辛いと感じる瞬間

与えられた仕事が上手く出来ない

「苦手分野の仕事を任されて成果を残せない。」
「得意なはずなのに思うように進まない。」

理想はあるのに思うように仕事が進められずに苦しんでいる状態です。

職場の雰囲気が自分に合わない

「新しいアイデアを提案していきたいのに、職場は聞く耳を持ってくれない。」
「丁寧な言葉遣いが当たり前だと思っていたのに、転職先は乱暴な言葉が飛び交っている。」

自分のイメージする職場像と現実にギャップがある状態です。

自分のやりたいことと全く違う

「制作部から営業部に配属されてしまった。」
「当初の説明と違う仕事ばかり任されている。」

やりたい仕事があるのにそれが叶えられない状態です。

体力、体調などがついていかない

「閉店後、深夜まで力仕事があり体力的にきつい。」
「肉体労働の仕事だが、長時間労働が当たり前で慢性的に疲労している。」

自分の体が順応できること以上の労働をしている状態です。

仕事が辛いと感じやすい人の特徴

仕事が辛いと感じやすい人の多くは、以下の特徴を持っています。

気配りができ、繊細な人

「こうすれば、あの人の仕事がスムーズに進むはず。」「私の発言で、気分を害したのではないだろうか。」など、周りのことを考えるあまり仕事を自ら増やしてしまったり、心配事で思うように仕事が進まないタイプです。周りの様子が気になって、集中できないことが多いです。

自分の限界を気にせず頑張ってしまう人

「私がやります」「私が残業すれば、この業務の進度が上がるはず」と、会社や仲間のために多くの仕事を背負い込んでしまうタイプです。傍目からはとても頑張り屋で精力的に見えるので、疲れを溜めていたり辛さを感じていると思われにくい人もいます。

与えられた仕事に責任感を強く持つ人

「この仕事は私抜きには完了しない。」など、妥協せずに仕事に取り組むのがこのタイプです。責任感が強いゆえに、自分のミスや仕事の遅れが強いストレスとなります。また、目標が高いために、どの仕事に対しても思い通りにいかないジレンマを抱えていたりします。

限界を感じるほど辛い場合は辞めてもよい

心身に不調をきたすほどなら、潔く辞めましょう。うつ病やうつ状態に陥ると、自力で回復することは困難ですし、再発を繰り返すことも珍しくありません。そうなると働くこと自体が難しくなり、今後の人生が大きく揺らぎかねません。

「気配りができる」「頑張り屋」「責任感が強い」人ですから、いざ辞めるとなると踏み切れない方もいることでしょう。

仕事を辞めたいが踏み切れない時の対処方法

仕事だけが人生ではないと考えてみる

仕事というのは、人生を豊かにするためにあるもので、人生を台無しにするためのものではありません。

ここで今一度考えてみましょう。これからの人生で本当に大切にしたいことは何ですか。それを守るためならば、ここで仕事を辞めるという選択も間違いではないでしょう。

辞めることが逃げることにはならない

「辞めることは逃げ」「仕事は辛くて当然」というのは、社会に出てから刷り込まれた思い込みです。乗り越えられる程度の辛さであれば、それは成長の糧になりますから踏みとどまるのも良いでしょう。

しかし心身のバランスを崩しそうになっているのなら、わが身を守るためにも仕事を辞めて、休むべきです。残念ですが、会社は必ずしも従業員を守ってはくれません。自分のことは自分で守るしかないのです。

仕事が辛いと感じ始めた時の対処方法

身近な人に相談をしてみる

仕事が辛いと感じやすい人は、周囲に迷惑をかけまい・弱いところを見せまいと悩みを相談できずにいることが多いです。

同僚や上司に相談するのがはばかられるなら、友人や家族、恋人などに相談してみるのも良いでしょう。案外、言葉にしてみたら気が楽になったり、共感や助言を得られただけで安心することもあります。

専門機関に相談をしてみる

労働基準法に違反するような環境が原因の場合、労働基準監督署に相談してみることで解決することもあります。

賃金やいじめ、パワハラなど労働にに関する問題全般であれば、各都道府県労働局や全国の労働基準監督署内などに設置されている「総合労働相談コーナー」を利用することも一つの方法です。

厚生労働省 総合労働相談コーナーのご案内

自分の力では解決できないことは、思いつめる前に専門機関に相談してみることです。

自分自身を認めてみる

仕事が辛いと感じやすい人は、実は自己肯定感が低く、ありのままの自分では社会で認めてもらえないと感じています。

「自分はダメなやつ」と思い込んでいるために、「気配りができる自分」「頑張っている自分」「仕事ができる自分」を一生懸命に演出しています。そうしないと、周囲から認めてもらえないと思い込んでいるのです。そんな人は、自分の本当の気持ちや状態と向き合ってみてください。

本当は自分の事で手一杯で気配りどころではない自分、本当は定時に退社してご飯をゆっくり食べたい自分、本当はもう少し余力を残して働きたいと思っている自分を認めて、実際にその気持ちの赴くままに行動してみましょう。案外、そんな姿を周囲はすんなり受け入れてくれるものです。

それに気づけば自然と頑張りすぎることが減り、辛さが和らいでいくでしょう。

まとめ

・仕事が辛いと感じる人は、「気配りができて、頑張り屋で、責任感が強い」という人が多いです。

・ありのままの自分を、自分自身が認めてあげることが大切です。

・仕事を辞めたいと思ったときは自分自身の気持ちを優先してみましょう。

仕事が辛いと思ったときは誰かに相談しましょう。
転職相談アプリはジョブクルチャット相談

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda