全くストレスのない生活を送ることができれば理想なのですが、仕事をしていると自分のやりたくないことをやらされたり、自分の思うように事が進まなかったりと少なからずストレスを感じてしまうことがあります。

ただし、ストレスは過度にたまりすぎてしまうと深刻な事態を起こしかねませんので、上手く対応していく必要があります。

この記事では仕事をする上でストレスを感じやすい人の特徴や原因・対処法について解説していきます。ストレスの原因が分かれば対処する方法を見つけるきっかけとなることでしょう。

仕事にストレスを感じやすい人の特徴

周囲の視線が気になる

「自分がこの行動をすると相手に悪い印象を与えてしまうのではないか」などと考えること自体は悪いことではありません。むしろ相手の気持ちを考えている優しい人であることが多いです。

しかし、自分の行動を無理に押さえ続けてしまうとそれがストレスの原因になることがあります。

気を遣い過ぎて神経質

こちらも一般的に優しいと言われている人の特徴です。「人のために何かをしたい」「自分がこうすれば相手も喜んでくれるのではないか」と人のためにいろいろと行動する性格の持ち主です。

ときに、自分が疲れていてもそういったことをしてしまうので、気づいたときには体が悲鳴を上げていたなどということがあります。

過度な負けず嫌い

負けることが好きという人は多くはいないでしょう。

しかし、ささいなことでも「人に負けたくない!」と思いすぎてしまうと過度に自分を追い込むこととなり、精神的に疲れてしまう原因になります。

人一倍責任感が強い

仕事に一定の責任感は重要です。

しかし、他人の力を全く借りずに自分の力のみで仕事をやり遂げようとすることが続いてしまうと、いつも心と体が緊張した状態となり余計に疲れやストレスを感じやすくなってしまいます。

完璧主義でこだわりが強い

予想を超えた成果を出し続けてくれる人や細かなところまで配慮できる人は職場でも重宝されることでしょう。しかし、完璧主義でこだわりが強いと、人より多く行動している分疲労度も増すこととなります。

また、「このレベルをずっと維持しなければならない」と義務のように感じてしまうこともあるため、そういった考えがストレスの元となることがあります。

仕事のストレスの原因

仕事内容に不満がある

自分のなかでやりたくないことでも、仕事であればやらざるを得ない場面もあると思います。

ただし、こういった状態が続くと仕事に対して「やらされている感」が出てきてしまい、ストレスが溜まる原因にもなってしまいます。

職場環境が良くない

上司からは結果を出すよう言われるのですが、結果を出すだけの設備が整っていなかったり、人材が足りず一人あたりの仕事量が膨大であったりと職場環境の悪さも仕事をする上でのストレスを感じてしまう原因となります。

また、自分は頑張っているのに周りが足を引っ張ってくる場合もイライラやストレスを感じやすい環境と言えます。

人間関係やコミュニケーションがうまくいかない

職場の人とは毎日顔を会わせます。職場での人間関係もストレスと大きく関わってきます。

例えば、分からないことを聞いたとしても「なんでそんなことも分からないのだ」と怒ってくる人もいることでしょう。少しでも嫌われないように自分の感情を押さえてまで無理をしてしまうとそういった行為自体がストレスの元となってしまう場合もあります。

仕事内容や職場環境については事前にある程度調べることもできますが、人間関係の問題は実際に働いてみないと分からない部分が多いため、こればかりは「運」としか言えない場合もあります。

仕事上でのストレス対処法

人に相談してみる

不満や心配事がある場合は人に相談してみると良いでしょう。悩みを共有できたり、自分でも気づかなかった点を指摘されたりすることがあります。単にグチを聞いてもらうだけでも一人で抱え込むよりかは気分が晴れることでしょう。

睡眠を多くとる

寝不足の状態で疲れを残したまま出勤したのでは体が思うように動かず、それがまたストレスの原因になりかねません。よく眠ることでリフレッシュでき新たな気持ちで職場へ向かうこともできるのではないでしょうか。

仕事中、こまめに小休憩をとる

職場ごとに休憩時間は決まっているでしょうが、折を見て体を伸ばしたり、トイレに立ったりなど仕事とはちょっと違うことをするだけでも緊張感は緩和されます。

ただし、あまり長い時間席を外していると非難の対象になるので注意が必要です。

自分の好きなことを休日にする

仕事は楽しいことばかりではありませんので、休日を心待ちにして働いている人も多いのではないでしょうか。

休みの日は趣味の時間に充てたり、寝て過ごしたりと何でも良いので自分のやりたいことをやるというのも日頃たまっているストレスの軽減となるでしょう。

ストレスが過度にある場合は転職を考える

「会社に行くのが嫌だ」という状態が続くようであれば転職も視野に入れる必要があります。転職を考えた際にいくつか注意すべき点があります。

次の就職先が確実に決まるまでは辞めない

仕事を辞めればストレスは軽減されるでしょうが、次の仕事が見つからない限り無収入となってしまいます。

蓄えのあるなしはさておき、経済的な問題を抱えるとそれがまたストレスの原因ともなりかねませんので、働いている間に転職活動を行うなど次の就職先が決まってから辞めるという選択肢もあります。

自分に合った職場をよく考える

仕事を辞めた場合、自分にはどんな点が合わなかったかを振り返ってみることが大事です。

転職先の会社では前の職場で経験した同じ思いをしないよう、次の就職先には前回の反省点を踏まえた職場選びが必要になります。

まとめ 仕事のストレスに関するおさらい

ストレスが溜まる原因には職場の人間関係、環境などがあげられます。
責任感が強い人や優しい人ほどストレスを溜めやすい傾向にあります。
休日に好きなことをする、睡眠を多くとるなどストレスを発散することが大切です。
万が一ストレス状態が続く場合は転職も考えてみましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda