「理想の社会人とは?」と質問されてもパッと答えが思い浮かぶものではありません。

しかしあなたの周りにはたくさんの尊敬する人がいて、こうなりたい!と憧れる人もいるのではないでしょうか。

一般的な理想の社会人像や企業で求められる社会人像について解説していきます。

一般的な理想の社会人像とは

一般的な理想の社会人像を想像する時には、あなたが尊敬できる人や身近にいる魅力的な人を思い浮かべるとよいでしょう。

周囲に信頼されている人

周りから頼りにされている人は、理想的な社会人像と言えるでしょう。

信頼を得るためには、普段の行動がとても重要になります。

例えば、相談のしやすさがあります。

仕事中ずっと機嫌が悪そうな顔をしている人には話しかけにくいものです。忙しい時に話しかけたら怒られるのではないか、といった不安が生まれてくると信頼関係を構築することはできません。

信頼される人になるためには、話しかけやすい空気を作ることが大切です。他にも、困っている時に手を差し伸べる行動が信頼を生みます。

自分の時間を犠牲にしてでも何とかしてあげようと行動を起こしてくれる人は、信頼をすることができます。

周囲に信頼されている人は、信頼を得るための行動を普段から「無意識」にしているのです。

目標を持っている人

目標を持って行動をしている人と、何の目標も持っていない人とでは、目の輝きに差が出てきます。

例えば、新年度に1年間の目標を立てるとしましょう。既に達成できているものや、簡単な目標は誰も立てませんよね。今の自分が努力をしなければ達成することができない事象が目標となるものです。

そうすると、今のままでは目標を達成できませんから、考え方や行動を変えなければなりません。苦労も多くなるでしょう。

しかし、目標に向かって努力することの意義を知っているからこそ、大変なことが待ち受けているとしてもチャレンジすることができるのです。

目標を持たずに生活している人とでは、人生の充実感が大きく違うのです。

仕事とプライベート両方を楽しんでいる人

人生を楽しむためには、仕事もプライベートも楽しむ必要があります。

月曜日から金曜日まで一生懸命働き、土日は昼過ぎまで寝ていて、起きても家から出ない、といった生活は退屈でしかありません。仕事とプライベートのメリハリがついていないと、仕事の生産性が低下することも考えられます。

逆に、プライベートがいくら充実していても、仕事が面白くなければ、次第にプライベートにも張り合いがなくなってくるものです。

仕事もプライベートも思いっきり楽しむことが理想の社会人になるための条件の1つなのです。

面接で理想の社会人像を聞かれる理由

企業研究をしているか

企業面接において理想の社会人像を聞くことで、面接に来た応募者が自社の事を研究してきているのかが分かります。

極端な事を言えば、フードチェーン企業での面接において、理想の社会人像が「コツコツとミスなく事務作業を継続できる人」であればアンマッチになるでしょう。

理想の社会人像とは、将来自分がなりたいと思っている目標であり、企業で長く働いていることがイメージできているかが重要なのです。

面接の前には企業研究をしっかりとし、そこで働いている自分を想像しながら理想の社会人像を作り上げていくようにしましょう。

転職活動をしている人で企業研究に行き詰っている方は転職エージェントに相談してみましょう。転職エージェントについては以下の記事を参考にしてみてください。
職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較

社風にあった人間かどうか

どの企業にも社風というものがあります。募集要項から読み取れるものもあれば、入ってみなければ分からないものもあります。

いくら優秀な人材であっても社風に合わなければ満足のいくパフォーマンスを発揮してもらうことはできません。

面接官は、理想の社会人像を聞くことで、社風とマッチするかどうかを判断しているのです。

配属部署の参考にするため

社風に合うことが分かれば、次は配属部署の検討に入ります。

仕事を覚えていくためにOJTを実施する時は、採用する人に合ったトレーナーや環境が成長をより促してくれることになります。

やりたいと思っていることができる環境や、目指している人物になりやすい上司がいる部署をコーディネートしてあげることが企業にとってもベストな選択となるのです。

面接官にとって、理想の社会人像の回答は、配属部署の参考情報となるわけです。

よくある理想の社会人像

両親

若い頃には気付きにくいですが、身近にいる人で理想的な人物像を想像すると、両親が思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

これまで自分を育ててくれた背景にある苦労を知るようになると、自分も両親のような人物になりたいと考えます。

特に、家では仕事の話をしない、決して機嫌が悪くならない、といった仕事とプライベートを割り切ることができている両親は、尊敬に値するのではないでしょうか。

自分が社会人になって初めて、両親の凄さというものに気付くものです。

姉や兄

身近で相談に乗ってくれたり、面倒を見てくれたりした姉や兄も理想の社会人像になりやすいです。

小さい頃から常に自分よりも知識を持っていて頼りになる背中を見てきているからこそ、自分の理想像として頭に思い浮かびやすいのです。社会人になって部下が出来たころ、姉や兄の行動を思い返すことが多いです。

先輩

社会人になってからの先輩に限らず、学生の頃の部活の先輩には憧れることも多いのではないでしょうか。

困った時に助けてくれた先輩の姿を想像すると、自分もそうなりたいと考えやすくなります。家族以外で身近にいる目標にしやすい存在といえます。

理想の社会人に関するおさらい

理想の社会人に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 理想の社会人像は、採用面接でもよく聞かれる質問の1つ
  • 理想の社会人に近づくためには、仕事とプライベートの両立を目指し、高い目標に向かって努力をすることが大切
  • 理想の社会人像をイメージできている人は、日々の行動から変わっていく

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda