毎年、年末調整の時期が近づいてくると生命保険などの控除証明書が送られてきます。
しかしその際、国民健康保険控除において控除証明書が疑問点としてあげられます。

この記事では、国民健康保険控除での控除証明書、国民健康保険控除を受けられる人、状況別での国民健康保険控除について解説します。

国民健康保険控除は、個人事業主や転職中の方など何かと忙しい方が対象になることが多いため、適切に申告して可能な税金の控除を確実に受けるようにしましょう。

以下では国民健康保険について関連する情報を解説しています、この記事と合わせてより深く知識を深めましょう。

国民健康保険と社会保険との違い 会社の入退社したときの切り替え手続き
健康保険とは何か、国民保険と社会保険の違いや、切り替方法を解説
ふるさと納税の限度額と、お得な控除額の計算方法を解説

控除とは何か

控除とはある金額から決められた一定の金額を差し引くことをいいます。所得控除は確定申告をする方なら誰でも受けられる控除のことをさします。

場合によっては税金の負担が軽くなる場合もあるため、自分が控除を受けられるかどうか把握しておくようにしましょう。

確定申告で適用される所得控除一覧

確定申告で適用される所得控除は以下の通りとなります。

  • 基礎控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 扶養控除
  • 障害者控除
  • 寡婦控除、寡夫控除
  • 勤労学生控除
  • 雑損控除
  • 医療費控除
  • 社会保険料控除
  • 生命保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 地震保険料控除
  • 寄附金控除

控除証明書とは何か?

控除証明書とは、生命保険、地震保険、国民年金などの支払いを証明する書類です。

年末調整や確定申告で必要になることが多く、生命保険控除、地震保険料控除、社会保険料控除などを行うときに提出する書類です。

国民健康保険に控除証明書はない

国民健康保険控除で控除証明書はありません。

生命保険料控除や地震保険料控除では支払った保険料を証明するために控除証明書の提出が必要です。

国民健康保険控除でも同様に控除証明書が必要だと思っている人は多いですが、実のところ不要です。

確定申告のとき、申告用紙の社会保険料控除の項目にその年に納付した国民健康保険の保険料の合計額を記入するだけで、領収書や控除証明書の添付は必要ありません。