ふるさと納税がお得な制度だとは知っていても、仕組みがよくわからず、まだ使ったことがない人もいるでしょう。

平成27以降、現在のふるさと納税は、以前よりお得になりました、さらに最近では手続きが簡単になる制度もあります。ここでは、そんなふるさと納税の仕組みを解説していきます。

そもそもふるさと納税とは

ふるさと納税は、納税ではなく寄付なので税金の控除がある制度です。自己負担額2,000円で、限度額内での税金の控除を受けられます。

一般的な寄付による税金の還付・控除よりもお得に設定されているうえに、寄付した自治体から返礼品がある事も魅力です。

本来は地方創生のための寄付ですが、いまでは節税とお得、珍しい返礼品を目当てにふるさと納税をする人も少なくありません。

平成27年からふるさと納税がお得になった

平成27年にふるさと納税の控除額が2倍になり、寄付先が5つの自治体以内、確定申告の必要がない給与所得者なら「ワンストップ特例」で、控除を受けるためにわざわざ確定申告をしなくて済むようになりました。

また、それを機に参加自治体が増え、返礼品の質も高くなりました。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は、複雑な仕組みではありません。誰でも簡単に寄付ができる仕組みです。ここでは、ふるさと納税の流れを解説いたします。

ふるさと納税で寄付する自治体を選ぶ

まずは、寄付をしたい自治体を選びます。自治体選びに悩むなら、受け取りたい返礼品で選ぶのもよいでしょう。ポータルサイトのランキングなどを参考にすると選びやすいです。

ふるさと納税の寄付を申し込む

寄付は、年収や家族構成でそれぞれ違う寄付の限度額があります。総務省のホームページでその目安が確認できるので、申し込み前にみておきましょう。限度額を大幅に超えて寄付すると、損をしてしまいます。自己負担額2,000円で最大限の控除を受けましょう。

寄付の申し込みは、ほとんどがオンラインでできます。その際に選べる支払い方法には、銀行振込、納付書払、または一部の自治体を除きクレジットカード決済なども選べます。

確定申告の必要がない給与所得者で、寄付自治体が5つ以内なら、申し込みの時点で「ワンストップ特例」を使うチェックを入れるのを忘れないようにしましょう。ふるさと納税のためだけに確定申告する手間が省けます。

ふるさと納税の返礼品を受け取る

返礼品があるふるさと納税を選んだ場合には、返礼品が送られてきますが、発送までに1週間から数か月かかるものなどまちまちです。気長に待ちましょう。

返礼品とは別に、申し込み完了日から2か月ほどしたら「寄付受領証明書」と請求した人には「ワンストップ特例申請書」が送られてきます。

「寄付受領証明書」は、確定申告をする時に控除を受けるために必要なので、大切に保管しましょう。「ワンストップ特例申請書」は、必要事項を記入して寄付をした自治体に送り返します。その結果、確定申告の必要がなくなります。

ふるさと納税分の確定申告をする

ワンストップ特例制度が使えない人や自営業者などは、確定申告をする際に、ふるさと納税分を申告するのを忘れないようにしましょう。

確定申告は、ネット環境とプリンターがあれば、国税庁のウェブサイトで必要な情報を入力しながら申請書を作成できます。普段確定申告をしていない人でも簡単にできます。

ふるさと納税の図

ふるさと納税の制限額の計算

ふるさと納税は、好きなだけ寄付できるわけではありません。実質負担 2,000円で控除を受けられるのがふるさと納税ですが、控除額には制限があります。

給与所得者の制限額の目安は、総務省のホームページで確認できます。自営業者やフリーランスの人、年金受給者などは、また別な制限額の計算になります。正確な限度額は、住んでいる市町村に聞いてみるのもいいでしょう。

ふるさと納税のおすすめの本

ふるさと納税については、仕組みや自治体選びに悩む人が多いので、たくさんのふるさと納税関連の本が出版されています。

ポータルサイトのふるさとチョイスは、全国の自治体が提供しているすべてのふるさと納税を掲載しているサイトです。そんなサイトが厳選した自治体が紹介されているので参考になります。ふるさと納税の仕組みも紹介されています。

お金のプロともいえる雑誌「日経マネー」が編集したムック本なので、わかりやすくふるさと納税の仕組みについても解説されています。人気自治体ランキングなど、参考になる情報がたくさんつまっています。

ふるさと納税の仕組みについてのまとめ

  • ふるさと納税は、納税ではなく寄付なので税金の控除がある制度です。
    平成27年までは、ふるさと納税での税金控除を受けるには、確定申告をしなくてはいけませんでした。しかし今は、「ワンストップ特例」制度があり、条件を満たせば確定申告をしなくても控除を受けられます。
  • ふるさと納税の仕組みは、まず寄付する自治体を選んで申し込みをします。申し込みの際に、ワンストップ特例を使うチェック入れるのを忘れないようにしましょう。選んだ寄付の納入方法で支払いを済ませると、返礼品が送られてきます。「寄付受領証明書」「ワンストップ特例申請書」は、返礼品とは別に届くので、大切に保管しましょう。
  • ふるさと納税には、それぞれの年収や家族構成から限度額があります。その目安は総務省のホームページで確認できます。
    ふるさと納税の仕組みや寄付する自治体選びに迷ったときには、ふるさと納税に関する本を参考にするのもよいでしょう。

 

ふるさと納税についての関連情報は以下でも解説しています、気になる方はどうぞご覧ください。
ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説