転職をしたい気持ちがあるけれども、今動くべきか、もう少し待つべきか…など、転職時期やタイミングの見極め方が分からず、悩む方が多くなっています。ここでは、ベストな転職時期やタイミングとポイント、求人数の多い時期、退職のタイミングについて解説しています。適切な転職時期に見極めこそが、転職の成功に繋がります。

20代のベストな転職の時期とは

同業の職種であれば5年前後

同じ職種でよりキャリアアップを目指したい時や、より条件の良い環境で働きたい時など、今と同じ職種で転職を目指すのなら、勤務してから5年前後が転職の時期としては良いといわれています。

仕事の上での基礎を身に着けて実践できるようになるまで、丸三年かかるといわれています。三年の勤務経験で仕事の基礎ができている事に加えて、+二年の勤務経験で、仕事に対する応用力や対応力も身につける事ができます。その為、同業の職種では、5年前後での転職が良いのです。20代で同業種への転職を目指すのなら、30代になる直前当たりが、転職時期としては最適と言えます。

異業種であれば3年前後で

一方で、かねてより憧れていた職業へのチャレンジなど、未経験から始める異業種への転職の場合には、3年前後での転職が時期としては最適です。

経験したことのない職種へのチャレンジの際には、新しい知識や技術を習得しなければいけないので、できるだけ社会人経験は浅い方がよいです。けれども、新卒で就職してから、1年から2年での転職は、忍耐力がないなどと悪い印象を与えてしまいがちです。

一方で、3年前後での転職なら、新卒からの転職ならちょうど25歳から26歳当たりでの転職になる為、若年層に当たります。そして、3年ならビジネスマナーは心得ているなど、社会人として必要な基礎はできていると判断されるからです。

「とりあえず3年は働いてみよう」は実際どういう印象か

就職した企業が自分に合わない、と感じても新卒で就職した場合、3年間は我慢して働いて見た方が良い、とよくいわれています。一般的には3年で辞めると忍耐力はないといわれています。しかしブラック企業が話題になってからは早期退職への理解をされるようになりました。そのため、良い印象と悪い印象は人それぞれといえます。

悪い印象と捉えられないためにも「なぜ退職したのか?」という理由をまずは明確にしましょう。

退職理由の伝え方 ネガティブな理由をポジティブに伝える方法

転職の際に面接で退職理由をきかれた場合の答え方・例文

30代からの転職でベストな転職時期

30代前半の転職は、即戦力になれるかがポイント

30代からの転職は、20代からの転職に比べて不利になりがち、といったイメージを持たれる事も多いですが、今では30代でも積極的に採用する企業も多くなりました。

30代前半で転職を目指す時のポイントは、即戦力になれるかなれないかです。企業が30代を採用する理由のひとつが、即戦力として貢献できる人材である事です。30代前半で転職を目指す時には、自分には即戦力として働けるだけの実績や能力があるのかどうかが、転職する時期の見極めのポイントとなります。

30代後半の転職は、管理能力も求められる

35歳以降での転職は、管理職のポストの候補にも挙がりますので、現場で即戦力として働けるだけでなく、管理職としてのマネジメント能力もあるのかどうかが求められています。

もしも、35歳以降で転職を考えている時に、在職している企業で昇進の話が来た場合、一旦は転職をせず管理職を経験しておくと良いです。管理職経験は、転職の上でも実績となり、なにより実際にマネジメント業務に携わっていたという経験は、30代後半での転職でも有利になるからです。

転職活動成功のカギは、「転職計画を立てる」

転職理由を考える際にはキャリアの棚卸しが便利です。
転職を成功させるために準備するべきこと キャリアの棚卸しのやり方

具体的な転職計画を立ててから転職活動をする

転職活動全体にかかる時間は、およそ3か月から半年と言われています。転職を決める時期から逆算して、転職活動を開始する時期を決めてから、具体的な活動に移りましょう。

転職の理由を冷静に把握しておく

職場の環境がいわゆるブラック企業であったり、人間関係での悩みが合ったりするときには、どうしても今すぐ転職したい!と思ってしまいがちです。しかし、焦って転職活動をすると、次の転職先でもまた違った悩みを抱えたり、より劣悪な環境で働く事になったりするリスクもあります。

実際に転職活動を始める前に、まずは自分が転職を希望する理由を冷静に把握できるようにしておきましょう。

希望の条件や妥協できる点を絞っておく

年収を高くしたい、激務ではなく余裕を持って仕事をしたい、自分の本当にやりたい仕事がしたいなど、転職を決める理由はさまざまです。

転職活動を始める前に、転職する理由を冷静に把握した上で、まず自分が希望する条件の中でも、絶対に譲れないものと、妥協できるものを絞っておきましょう。あらかじめ、条件の中でもこの2点を絞っておけば、転職後の理想と現実のミスマッチも防げ、納得した上での転職が可能になります。

自分が希望する条件の例

絶対に譲れない点:
年収●●万円以上、業務内容、月の残業時間〇時間以下など
妥協できる点
通勤時間(本当は40分前後が希望だが、1時間前後までなら許容範囲)
年間の休日数(本当は120日ほど欲しいが、115日までならOK)
福利厚生(家族手当や住宅手当は欲しいが、なくてもOK)
など

月によって求人数が変わる?求人数の多い・少ない時期を知ろう

多いのは2~3月と9月

最適な転職の時期を見るポイントとして、求人数の多い・少ない時期を見極めるという事があります。せっかく転職活動をしても、求人数自体が少ないと、転職活動の成功には繋がりません。

求人数の多い時期は、2~3月と9月になっています。これは、上半期・下半期の決算の時期が3月と9月である事、2~3月に採用をすれば、4月入社に間に合う事、ボーナスや夏季休暇を取得してから退職する人が多いので、7~8月の退職が多く、9月に欠員補充での求人が多くなるなどの理由から来ています。

求人の多い2~3月や9月は、転職の時期としては最適となっています。しかし、職種によっては求人の出やすい時期も異なってきますので、自分の希望する職種がある時には、その業界の動向にも気を付けなければいけません。

ボーナスも貰いたい人も必見!退職する絶好のタイミングとは?

ボーナス支給後の3週間後あたりに退職を申し出る

ボーナスの支給を受けてから、退職したいと考えている時には、ボーナスの支給日から3
週間後に退職を申し出るのが絶好のタイミングです。

ボーナスの支給前に退職を申し出ると、ボーナスの減給や支給が受けられない可能性もあるからです。ボーナスの額は、支給する会社側が、経営状態や本人への評価を含めて、自由に支給額を決める事ができるので、退職を申し出たことによって減給される可能性も、ボーナス自体がカットとなる可能性も充分にあるのです。

そして、ボーナス支給直後の退職申し出も、あまり良い印象を与えられません。支給から3週間ほどたった後なら、職場からもボーナスの話題はなくなり、落ち着いている時期ですので、退職の申し出には絶好のタイミングと言えるのです。

会社に迷惑の掛からない時期に退職を申し出る事

会社の繁忙期や、新卒社員が多く社員教育に手いっぱいの時期は、できるだけ多くの社員が必要になります。このような時期に退職時期が重なると、退職する会社には迷惑をかけてしまう事になります。また、退職を申し出ても、引き留めに合う可能性も高くなります。

あらかじめ、会社に迷惑の掛からない時期に退職できるようにしておきましょう。

まとめ

・20代の転職でベストな時期は、同業種なら5年前後、異業種なら3年前後。新卒の場合にはまず3年間は働いてみる。
・30代の転職は、30代前半なら即戦力になれるだけの能力と実績がある時、30代後半なら管理職経験があるなど、マネジメント能力も見についている時が転職の時期としてベスト。
・転職活動を行う時には、転職計画を立てておくことが成功に繋がる。また、転職する条件の中で、ゆずれない点と妥協できる点を絞っておくと、納得した転職に繋げやすくなる。
・求人数が多いのは、毎年2~3月と9月。求人数も多いこの時期なら、転職の時期として最適。
・ボーナスを貰ってから退職したい時には、ボーナス支給日の3週間後に退職の申し出をするのが最適。
・退職希望時期が繁忙期などの場合は、会社に迷惑がかかるだけでなく、引き留めに合う可能性もあるので、避ける。

せっかく転職を決意しても、時期の選択を誤ると転職活動が長引いてしまったり、納得できる転職には繋がらなかったりする可能性があります。転職の時期として最適な時期を見極めれば、自分自身が納得できる転職を成功させる事もできます。また、転職には、働いていた元職場への退職申し出も伴います。「立つ鳥跡を濁さず」で、退職の申し入れをする時期についても、今までお世話になった職場に迷惑が掛からないように、適切な時期を選ぶようにしましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda