今働いている職場を辞め転職を考える場面もあるかとは思いますが、やはり失敗はしたくないもの。そこで、転職で失敗しないようにいろいろと準備をすることとなるのですが、具体的に何をしたら良いのかという疑問が出てきます。

この記事では主に以下の3点について解説します。

・転職のための準備期間とスケジュール
・採用されるために自分を売り込む
・情報収集の方法

この記事を通して、転職を成功させるためにはどのような準備が必要なのかが理解でき、転職成功のための一歩を踏み出せるようになるでしょう。

転職活動開始から決まるまで期間

給与面・人間関係での不満など転職を目指す理由は人によってさまざまでしょうが、「転職をしよう」と決めてからすぐに転職先が見つかるわけではありません。仮に転職をするために今の会社を退職した場合、次の就職先が決まらない限りは無収入となってしまいます。そのため、転職するためには準備が必要になってきます。

応募するまでの準備として1~2カ月、実際に応募し面接を受けるなどの転職活動期間は2~3カ月、退職や入社準備として1~2カ月程度とみると、「転職をしよう」と決意してから新しい会社に勤め始めるまでの目安はおおよそ3~6カ月と考えられます。

「希望する職種から内定をもらえない」「今勤めている会社との引継ぎがうまくいかない」など期間が延びてしまう要因も複数考えられますが、事前に準備をしておけばしておくほどこういったリスクは抑えられるでしょう。

転職期間を短くスムーズに進める方法と転職活動に最適な時期について

退職前転職、退職後転職の準備で大事なこと

転職を決意した際にはまず「在職中に仕事を探すべきか」「退職後時間的余裕をもって仕事を探すべきか」に分かれることになると思います。ではそれぞれのケースで大事になってくることは何なのでしょうか。メリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

退職前に転職を目指す

「退職=無収入」となってしまうので、仕事を辞める前であれば転職活動する上で金銭的不安が出にくいというのがまずはメリットとして挙げられます。他にも、履歴書を作成する場面で職歴欄に空白期間がなく連続して職歴を記入することができる点や「退職日=次の仕事先が決まった日」のように明確な目標ができる点、「辞めるのは次の就職先が決まってからで良いのではないか」と無用な引き止めをされなくて済むなどといったことが挙げられます。

デメリットとしては、就職活動をする上で時間的制約が発生することが第一に挙げられるでしょう。例え辞めることになるとはいえ今の会社に迷惑をかけてしまうことは避けたいところです。日々の業務に支障をきたさないよう面接日時などを調整していく必要がでてきます。

日々の業務にプラスして引継ぎなど仕事量が増加することも考えられるため、転職活動自体の質が下がってしまう危険性にも注意が必要です。

退職後に新しい職場を探す

転職活動を退職後に始める場合はちょうど前段の内容の裏返しとなります。メリットとしては「就職活動に充てることのできる時間が豊富となり、納得のいく転職を実現させやすいこと」が考えられます。

また時間的余裕から「自分に足りないスキルを身につけるため勉強できる」、無収入であるからこそ明確な目標を立てるなど覚悟をもって就職活動をしやすいことも挙げられます。

一方、デメリットとしては主に以下のことが挙げられます。

・無収入であるために金銭的に不安が残る
・履歴書の職歴欄に無職であった期間(空白期間)ができる
・「退職は次が見つかってからで良いのでは」と無用な引き止めにあってしまう

退職前・退職後のケースでこのようなメリットとデメリットが考えられます。自分の生活のリズムや性格などと相談して、それぞれに対応できるのかを考えることが重要となってくるでしょう。

転職の流れ

「今の会社でもらえる給料に不満」「他にやりたい職種を見つけた」など理由はさまざまでしょうが、「転職をしよう」と思った時点がスタートラインです。とすれば当然ゴールは転職を成功させること。

ただし、「転職をしよう」と思っただけですぐにはゴールにたどり着けないものです。そこで、まずは転職の流れについて確認することが重要となってきます。

「準備期間」の項でも触れましたが、転職を考えた際には「準備」「応募・面接」「内定・退職準備」のような流れで進めていくことになるでしょう。

「準備」とは「自分がどのような仕事をしてきたのか」「自分のスキルを役立てるにはどういった職種が向いているか」など自分の強みを客観的に見つめなおし、自分のこれからの方向性をしっかりと確認していく段階です。詳しくは「キャリアの棚卸し(自己分析)とは」の項にて後述します。

「準備」が済んだら次は実際に応募したり、面接を受けたりするわけですが、応募する際に重要となってくるのは志望動機を固めることと言えます。

自分の目指す会社に応募をしてくるのは一人だけとは限りません。面接担当者は複数の面接者の中から、より自分の会社の力となってくれそうな人材を採りたいものです。そのため前段階で見つけた自分の強みを絡めて面接官にアピールできる志望動機を準備しておくことが必要となってきます。

その後、面接等に合格すれば内定を受けることとなるのでしょうが、忘れてはいけないのが「今の会社を円満に退職すること」です。ここでトラブルが起きてしまっては退職する日程がずれてしまい新しい職場にも迷惑が掛かってしまう恐れがあります。

また、社員証など会社の備品は退職時に返すことが一般的であるため、そういったものもすぐに返せるよう準備しておく必要があります。

転職活動を長引かせない方法

転職期間が長引くと焦りや不安がでてきて、普段の実力を発揮できなくなるという場面も出てくるかと思います。そして上手く物事が進まないとさらなる焦りや不安を呼んでしまいどんどんと悪影響を及ぼしてしまう、そんなスパイラルに陥りかねません。

そのため転職期間を早く終わらせたいと誰しもが願うことでしょう。それでは転職活動を長引かせないためにはどのようなことが必要となってくるのでしょうか。

前項で「転職の流れ」について確認してきましたが、まずは自分がどのように動いていくのかを確認する必要があります。例えば「○○までに△△をやり終える」などと事前に決めておけばそれに向かって今何をするべきなのか見えてきやすくなります。

スケジュールの立て方

よほどのコネがない限り1カ月程度で転職を成功させることは難しいでしょう。まずは「準備」「応募・面接」「内定・退職準備」の期間をそれぞれ1~2カ月程度とって、全体として3~6カ月で転職を成功させるというスケジュールを作るのも手です。

スケジュールよりも早く達成できればそれに越したことはないですし、「予定から遅れているな」と感じれば遅れの原因を探りスケジュール通りになるよう努力する気持ちが芽生えてきます。

「転職をしよう」となったらまずは「○月までに転職を成功させる」とゴールを決めてしまい、そこから「準備」などの項目に自分はどれだけ時間が必要なのかを考えてスケジュールを立ててみても良いのではないでしょうか。

短期目標と長期目標について

一般的に「何か物事を成そう」となったときは目標を設定することとなるのですが、その際に注意しておきたい点があります。それはできる限り先の未来を想像すること。

転職活動においてのゴールは「自分の希望する会社に採用されること」です。このように「自分は最終的にこうなりたい」と願って立てた目標を長期目標と言います。

長期目標が明確になると、それを実現するためにやらなければいけないことが見えてきます。転職活動の例で言えば「どのような会社があるのか調べる」「面接官に認めてもらえる人材になる」などが挙げられるでしょう。これを短期目標と言います。

そして、こうした短期目標を一つ一つクリアしていくことで長期目標の達成に近づくことができます。

いきなり「転職をしたい」と願っても実際にどこから手を付けていったら良いか悩んでしまうこともあるかと思います。長期目標を達成するために短期目標を設定するように心がけると「自分が今何をするべきなのか」がより具体的に見えてくることでしょう。

キャリアの棚卸し(自己分析)とは

「物事を達成しよう」となった際には、まずはそれに向けて準備をすることが必要となってきます。では転職活動をする上での準備とはどのようなことなのかと問われれば、それは自分というものを客観的に見つめなおすことになります。

例えば自分が働きたいと思う会社の面接を何の準備もなくやみくもに受けてもなかなか採用には結びつかないことが多いでしょう。採用の決定権はどうあがいても会社側にあるので、会社側が「この人材を採用したい」と思わせることができなければ結果は出づらいと言えます。

そういった意味でもまずは準備として自分の強みを見つけ(キャリアの棚卸し)それを会社側にアピールすることができれば成功に近づくこととなるでしょう。

キャリアの棚卸しのポイント

「自分はこれまでどのような仕事を経験してきたか」「どのような役職についてきたのか」「そのような経験からどのようなスキルを得たか」など箇条書きでも良いので思いつく限り書き出してみると良いでしょう。

これらは全てその人のキャリアであり、その人の強みであると言えます。ここでキャリアの棚卸しがしっかりとしていれば、応募したい会社があったときに「自分のこの知識は役立てることができる」「この会社で働くにはこの力が足りない」などと客観的に自分を分析することができます。

自分では強みと感じていなくとも他の人からすれば強みであると感じる場合も多々あります。まずは転職活動の準備段階として自分のこれまでやってきたことをできるだけ多く挙げてみてはいかがでしょうか。

マナラボ式 キャリアの棚卸しシート DL

エクセルでのダウンロードはこちらから
マナラボ式キャリアの棚卸しシート

tanaoroshi

棚卸しシート書き込み用

マナラボ式履歴書の書き方

マナラボでは履歴書について、送るための切手の料金から封筒、学歴の書き方から通勤時間の書き方まで幅広く解説いたしております。
こちらも転職準備の際に力になりますのでぜひご覧ください

転職の情報収集のやり方

会社は数多く存在するわけですから一人の力だけでは一つ一つの会社を調べるには限界があります。そこで自分以外の力を使って情報収集する方法をいくつか紹介してみます。

キャリアコンサルタント・エージェントの利用

キャリアコンサルタントとは求職者に対して専門的なアドバイスをしてくれる人のことを指します。またそうした人たちをエージェントとも言い、就職に関してさまざまな相談やサポート、会社の紹介などを無料で提供してくれる会社も存在します。

無料で専門的なアドバイスが受けられるので使い勝手が良いとされていますが、エージェントと言ってもその質にはばらつきがあり、担当者次第ではあまり良くない案件を紹介されるといったデメリットも考えられます。

転職フェアでの情報収集

転職フェアとは、1つの会場に複数の企業が集まり就職の説明を行うイベントのようなものです。1回の来場で多くの会社を知ることができ、場合によっては担当者と直接話をすることができるため情報収集としては効率的と言えるでしょう。

ただし、多くの人が来場することもあるので周りの状況に圧倒されないようしっかりとそれぞれの会社について見定める力が必要になってきます。

口コミサイトでの情報収集

インターネットを使って口コミを参考に情報収集をする方法もあります。実際にその会社で働いている人の生の声を手軽に聞くことができるため、会社のホームページ等からでは入手できない情報を知ることができます。

こういった口コミを見るために会員登録が必要になる場合もありますが、興味のある方は参考にしてみても良いのではないでしょうか。

転職準備金 転職にかかる出費

特に今の会社を辞めてから転職先を探そうとしている人にとってお金の蓄えがあるとないとでは気持ちに大きく影響してきます。そのため転職活動中にかかる費用についても考えておく必要があります。

転職活動にかかる費用について

転職活動中にはさまざまなお金がかかります。また先に会社を辞めた人であればその間は無収入となるため、より切実な問題となりのしかかってきます。もちろん生活費は転職期間中にかかる費用の最たるものですが、他にどういった費用が考えられるのでしょうか。

生活費以外の出費

・履歴書や切手などの郵送費
・面接のための交通費
・スーツなどの被服費
・入社前に提出する健康診断書の代金

他にもいろいろ考えられますがこのようなものが挙げられます。

また失業手当をあてにする場合もあるでしょうが、自己都合の退職であれば給付開始に最低3カ月がかかります。少なくとも3か月分の生活費とプラスアルファした金額を転職準備金として用意しておきたいところです。

まとめ

転職は非常に労力がかかるものです。まずは明確に自分の目標を設定することが重要となってくるでしょう。また、転職成功のための大前提は相手先から「この人を採用したい」と思わせることです。そのためには自分に今何が必要なのかを見極めながら行動することも大事となってきます。

それでも自分の思った通りにはいかない場面も出てくるかと思います。そんなときは「この会社とは縁がなかった」として次へ向かう姿勢も転職を成功させるという目標を達成させる上で必要になってくるでしょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda