この記事では、ビジネスメールや文書、スピーチなどでよく見聞きする「この度」という言葉の意味やビジネスシーンでの使い方について、日本語・英語ともに例文を交えながら解説します。

この度(このたび)とは

この度とは、「今度」「今回」を丁寧に表した言葉です。最近起きたことや、近々起きるとわかっていること、また現在進行中の事柄を指すときに用います。

「この度は、〇〇の件で大変お世話になりました。」や、「この度は〇〇へのご昇進、誠におめでとうございます。」というように使われます。
この使い方の場合、「前回、今回、次回」のような時間的な意味合いは薄く、主文の冒頭に置く「起語」として、本題の切り出しや話題の転換をスムーズに行う繋ぎの役割をします。

言い換えられる語句は、「先日」「本日」「先頃」「先般」「今般」「このほど」などです。

ビジネスメールでの「この度」の正しい使い方

「この度」と「このたび」、どちらの表記が正しいか、疑問に思う人も多いのではないでしょうか。
これについては、文化庁「公用文における漢字使用等について」が参考になります。

次のような語句を,( )の中に示した例のように用いるときは,原則として,仮名で書く。

こと(許可しないことがある。)
とき(事故のときは連絡する。)
ところ(現在のところ差し支えない。)
引用元: 文化庁「公用文における漢字使用等について」より一部抜粋

上の例に挙げた語句は「形式名詞」に分類されます。
形式名詞は、「事」「時」「所」などの語句が表す本来の意味が希薄で、多くの場合、これ単体では意味をなさない言葉です。
「この度」の「度」は、本来「度合い」という意味で、「明度」「角度」「温度」などの語句に用いますが、「今回・今度」という意味で用いる場合には、本来の「度合い」という意味から離れています。したがって、形式名詞の表記に倣って、ひらがらなで「このたび」とするのが正しい表記です。
ただし、ビジネスの場では「この度」と表記した方がかしこまって見えることから、あえて漢字で表記しているケースも多くあります。

メールを送る相手にどのような印象を与えたいか、会社や部署の方針ではどのように表記しているかによって、使い分けるとよいでしょう。

「この度(このたび)」のビジネスでのフレーズ・例文4選

この度は弊社〇〇職求人募集にご応募いただき、誠にありがとうございます。
この度の〇〇部へのご栄転、誠におめでとうございます。
この度は、ご多用中にもかかわらずお打ち合わせの機会をいただけましたこと、厚く御礼申し上げます。
この度はひとかたならぬご厚意を賜り、心より感謝申し上げます。

ビジネスメールにおける「この度」の英語表現

枕詞のように用いる「この度」という言葉は、英語のビジネスメールでは該当する表現がありません。「この度は~ありがとうございました。」のように、主文の冒頭に記述するという点では、
Thank you for…
より丁寧な言い回しにするのなら、
I would like to thank you for…
を用いるとよいでしょう。

Thank you for contacting us.
この度はお問い合わせいただきありがとうございます。
I would like to thank you for your kind support.
この度はご協力いただき誠にありがとうございました。

また、「複数回あるうちの今回」という意味であれば、
this time
「この機会」という意味であれば、
on this occasion
という表現が当てはまります。

Thank you for your new deal this time.
この度(今回)は新たなお取引をしていただきありがとうございます。
Thank you very much for your help on this occasion.
この度(この機会)は誠にお世話になりました。

ビジネスメールにおける「この度」のまとめ

ビジネスメールにおける「この度」という言葉は、メールの前文から主文へスムーズに繋げられる便利な言葉です。
事柄が起こる時期によっては別の語句に言い換えることもできるので、うまく使い分けながら活用してみてください。