働いていると、どうしても会社やバイトに行きたくない日があるものです。会社やバイトを休bむ理由は何にすればよいのか、休む理由は何が適当なのか、事前に伝えておく休む理由は何かよいのかなどが疑問点としてあげられます。

この記事では、会社やバイトを休む理由、よくある休む理由と注意すること、事前に休む理由を伝える場合についてのマナーを解説します。

会社やバイトは適度に休むのが大事

会社やバイトを休む理由には、病気やケガ、旅行や用事など、休む理由には様々なものがあります。病気や用事などで、やむをえず休暇を取得する場合や、旅行やレジャーなどでリフレッシュのため休暇を取ることもあるでしょう。

休みを取らないでずっと働いていると、ストレスがたまって心身ともに疲れてきってしまいます。たまには思い切って休暇を取得することが、仕事が長続きするコツです。

リフレッシュのために休暇を取得してストレスを溜め込み過ぎないようにしましょう。「働き方改革」が叫ばれている今日、休暇を上手く取得することも、働く人にとって必要な能力です。休む理由の伝え方をマスターして、仕事と仕事以外のバランスを取るようにしましょう。

よくある休む理由と注意すること

休む理由としてよくある理由は、なるべく正直にいうことが理想ですが、どうしてもサボりたい日などでは、正直な理由をいえないこともあります。

病気を休む理由にする

休む理由で一番多いのは風邪です。風邪をひいて病院にいくので休ませてほしい、風邪をひいて熱があるので休みたいなどが休む理由として一般的です。

しかし1日だけサボりたいという場合には、風邪は1日で治りにくいため、休む理由としてはあまり適当ではありません。

昨日風邪で休んだのに翌日出社して元気にしていると、昨日は本当に風邪で休みだったのか疑われてしまいます。1日だけサボりたいという場合には、風邪ではなく頭痛や発熱・腹痛など、一日だけ不調となる理由の方がバレずらいです。

ただ1日だけサボりたい日が金曜日でその後の土日が休日という場合は、休みの理由が風邪であってもバレることが無いといえるでしょう。

身内の病気・通院を休む理由にする

身内が病気になったことを、休む理由にすることがあります。具体的には、子供の具合が悪いので病院に連れて行く、子供の具合が悪いので看病する等の理由です。

また、理由が親の病気の場合には、親が一人では病院に行けないので付き添って連れて行くなどの理由があるでしょう。

祖父母などの親族が急に危篤になったという理由を使いたくなるかもしれませんが、職場の上司や同僚などが心配しすぎる場合もあるため、注意が必要です。休む理由は、なるべく本当のことがよいですが、同じ理由を何度も使うと怪しまれるということも覚えておくとよいでしょう。

また、本当に身体の病気で休みが多くなっている場合、会社自体に原因がある場合も考えられます。ご自身の職場に耐えられそうにない場合、一度就職・転職エージェントに相談することをおすすめします。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 

事前に休む理由を伝える場合の注意

事前に休暇を申請する場合には、必ずしも理由を伝えなければいけない訳ではありませんが、周囲の人に迷惑をかける又は協力してもらう場合には、ある程度理由を伝えた方がよいでしょう。

結婚式や法事を休みの理由にする

友人や親族の結婚式は、休暇の理由として適切です。親族や親友の挙式が海外であって休暇を取得する場合もあります。もちろん本人が結婚式の場合は、休暇になるでしょう。会社によっては結婚休暇を貰えるため、この時に新婚旅行にも行く方も多いです。

また結婚式とは真逆になりますが、法事などで休暇を取得する場合があります。一周忌、三周忌などの法事で休暇を取得する場合、告別式や通夜などの葬儀で休暇を取得する場合などがあります。法事が遠方の場合には数日の休暇が必要です。

親族の葬儀の場合には忌引休暇を貰える会社があるため、通常の有給休暇でなく忌引休暇を取得する方法があります。

忌引き休暇をとる際のマナーや会社での報告のしかたについて

人間ドッグや精密検査を休む理由にする

人間ドックや精密検査などの理由は、周囲の理解を得られやすいです。

人間ドックや精密検査を受ける医療機関は、通常平日しか開いていないため休む理由としてはふさわしいものになります。健康診断で、再検査になった場合も精密検査などは会社が義務付けた検査であるため理解がえられやすいでしょう。

会社の健康診断は義務なのか 健康診断の基本情報を解説

本人の立ち合いが必要な手続きを休む理由にする

人の立ち合いが必要な用事で休むことがあります。住民票や印鑑登録など手続きで役所に行く場合、免許の更新や確定申告などで休む場合もあるでしょう。その他、子供の保護者会や三者面談などで休暇を取得する場合もあります。

また、自宅を工事するのでその立ち合いのために休暇を取得したり、ガス設備の点検や防災設備の点検などの理由で休暇が必要になったりすることがあります。

当日の休みの連絡は電話が必須

当日急遽休みを取得する場合には、メールやLINEだけでなく、電話をするようにしましょう。

電話の時間は上司の出勤に合わせて、なるべく上司がいる時間帯に電話するようにしましょう。同僚やバイトが電話に出た場合でも上司に取り次いでもらい、直接上司と話して急遽休みを貰うことを伝えましょう。

メールなどでは上司が直ぐに確認しない場合もあり、同僚などから伝えてもらう場合には、何かの理由で上司に伝わらない場合もあるでしょう。メールで上司から返信が来た場合は問題ありませんが、マナーとして当日の休暇連絡は電話が原則です。

休み明けにはお礼をする

また休暇明けには、上司に急遽休暇を取得したことを直接お礼しましょう。一言「突然休暇を頂き、申し訳ございません」などと伝えるだけで構いません。
伝える義務はありませんが、一言添えるだけで、相手へ配慮する姿勢をあらわすことになり、よりよい人間関係の構築につながります。

会社やバイトを休む理由についてのまとめ

  • ここまで休暇を取得する理由について色々な説明を行ってきました。
  • 会社やバイトを休む理由には、病気やケガ、旅行や用事など様々
  • サボりたい時の休む理由で風邪は、1日で治りにくいためNG
  • 事前に伝える休む理由に、結婚式や法事、人間ドッグ、
  • 役所の手続き、自宅の工事などがある
  • 急遽当日に休む場合は、必ず電話をし、休み明けにはお礼をする
  • 働く者として休暇を理由を伝えるマナーの基本を理解しておきましょう。
敬語の使い方やメールのルール、細かいビジネスマナーに疲弊しているというあなた、

本当は人間関係に疲弊しているのではないでしょうか??

転職理由の大半は、人間関係や職場環境による悩みからだそうです。

余計な心労を溜め込み、体調を崩してしまう前に、思い切って転職してみるのも良いかも知れません。

気になるあなたは、まず下記の記事も合わせて読んでみてください。

転職するもしないも万人に告ぐ!エージェントを利用しない転職は不利!?