入社1年で転職をすると、採用側は一体なにがあったのかと思ってしまい印象があまりよくありません。

しかし、事情によっては納得できることもあるでしょう。ここでは退職理由を整理した上で1年での転職に踏み切る方が得策である場面を解説します。

1年で転職する人に持つイメージ

まず、1年で転職する人に、採用する側はいったいどんなイメージを持っているのか見ていきます。

1年も我慢できなかった人

1年での転職は、我慢できない人というイメージがあります。

辛い仕事もあるし人間関係もいろいろあるのはわかるけれど、1年は我慢しないとダメでしょうというイメージです。

したがって、書類選考では通過しにくくなります。

ケンカやトラブルがあったのではないか

なにかケンカをしたのではないか、辞めたくなるようなトラブルに巻き込まれたのではないかという心配もあるでしょう。

どちらかというと気が短いのではないかと思われてしまい、面接では威圧的に出られて、短気かどうかを試される可能性があるため注意しましょう。

1年で転職する一般的な理由

しかし、現実はどうでしょうか。事情を聞けば、1年で転職を決意するのも仕方がないという理由があるのも事実です。

ブラック企業であった

たとえば給与や労働時間など、募集内容と実際の違いがいくつもあったり、あからさまにサービス残業があったりするなど、労働基準法違反が日常的に行われている会社だったという場合です。

経営の悪化や退職社員が増えている

入社するまではわからなかったけれど、会社の経営状況が怪しいことに気付いたとか、働いている社員に覇気がなく、周囲で退職する人が多いとわかってくると、会社を早く移りたいと思うでしょう。

1年での転職を成功させる方法

イメージの決してよくない1年での転職をなんとかして成功させるとなると、1番大切なのは「転職理由」の上手な説明です。

転職理由を具体的に整理する

前職のことを、「ひどい会社でした」とか「ブラックでした!」といっても、なかなか真意は伝わりません。

説得力があるのは、サービス残業が月に〇時間あったとか、1年の間に退職者が〇人あったとかいう具体的数値であるため、退職理由を明確に伝えられるように整理しておきましょう。

我慢より自身の人生観を大事にする

採用側は「1年ぐらいなぜ我慢できないの?」と思っているため、「ガマンしても改善の余地のない会社」、居続けても時間を浪費するだけであるため早く再出発したいという意気込みを見せることが大切です。

転職活動しながら1年我慢するのも方法

前職が入社後の労働条件で大きなウソがあったなど、ブラック度がわかってくるのにそんなに時間はかかりません。

「1年での転職」の理由をうまくいい表す言葉は方法は以下の通りです。

1年は我慢しようと考えました。
「入社後すぐにブラック度がわかったのですぐ辞めようと思いましたが、せっかく入った会社なので、1年間は我慢しその間、仕事のスキルだけでも習得できるように頑張りました。」
1年間転職活動をしてきました。
「一方で、私はこの1年間、転職のためにいろいろな企業研究と自己啓発に進めてきました。そして、約1年が経過した今、御社を志望することとしました。」

上記のように説明すると、1年の意味が違ってくるでしょう。

しかし、ブラック度合いがひどいと心身に悪影響が出ることもあるため、1年を待たずに退職を決意し早めに転職活動をした方がよいでしょう。

仕事をしながら転職活動を成功させる方法

仕事をしながら転職活動をし、成功させるにはどんな点に気を付ければよいのかを解説します。

「第二新卒」枠を狙う

転職市場で、卒業後短期間で転職をする若い世代を「第二新卒」といいます。

採用側は、年齢的にも新卒と変わらず期待できる世代として採用ターゲットにする企業が多くあるため、1年で転職を考える人たちとしては狙い目でしょう。

転職エージェントに登録する

初めての転職では、どんな企業があるのかとか、書類の書き方から面接までわからないことだらけが普通でしょう。

そこで、転職活動を一からフォローしてくれる「転職エージェント」をインターネットから検索し登録します。

登録も相談もすべて無料で、「第二新卒」として売り出してくれます。

転職エージェントの費用は本人が希望する企業に採用されたとき、採用先からエージェントに支払われのため無料となるため心配はいりません。

もし、転職を志しているならば、一度転職エージェントに相談することをおすすめします。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 

1年でする転職についてのまとめ

  • 1年で転職は、採用側からするとあまり印象の良いものではありません。あまり我慢できない性格なのではないかとか、なにかトラブルを起こしたのではないかと思われがちです。
  • しかし、会社の中にはブラック企業と呼ばれるような、勤めるに値しない会社も存在します。その場合は、我慢するより早く転職活動をする方が時間の無駄にならないという判断もあります。
  • 1年でやむなく転職活動をする場合に大切なことは、まずは、退職理由をきっちりと整理することです。また、すぐに辞めるのではなく、在職しながら転職活動をする方法があります。
  • 「1年間しか働かなかった」ではなく、「1年間我慢した」という実績で再チャレンジする方法をおススメします。実際の転職する時は、転職エージェントに登録することが最も近道です。