面接では短所はもちろん、長所についても同様に質問されます。
・どんな長所を答えるのが良いのか
・長所をどう伝えて良いかわからない

このような悩みを抱えている応募者に対して、以下のような点について解説いたします。
・長所の答え方
・好まれない長所
・短所との関連性

この記事を読み終わるころには、長所をうまく伝える方法を身につけることができます。

面接官に長所を聞かれる理由

長所を聞かれるとき、合わせて短所も聞かれることが多いです。

・性格を知りたい
・客観性
・会社でどう生かすか

上記のような点を面接官が知りたくて長所を質問しています。

1つ目は純粋に応募者の性格や特徴を知りたい、ということです。初対面なので、長所を聞くことで応募者の性格の一部が垣間見えます。

2つ目は客観性です。短所も同様ですが、長所や短所を改めて考えることは面接のときくらいかもしれません。自分の性格をきちんと客観的にみれているかという点を確認しています。長所や短所を考えるとき、自分が考えたものだけではなく、家族や友人に聞いていると客観的な見方ができるかもしれません。

3つ目は長所を自分の会社でどう生かしてくれるのか期待しているためです。採用後の部署配属の際、その人の得意分野を生かせるのところはどこかを考慮します。

長所の答え方 面接官の心をつかむ3つのポイント

長所を答える際、ただ長所を述べるだけでは面接官の印象に残りません。長所を聞かれた際は以下の3つに注意して話しましょう。
①その長所を選んだ根拠となるストーリー
②長所をどう仕事に結びつけるか
③話は簡潔に

面接官の心を掴む面接対策を受けたい場合は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントの中でもマイナビAGENT・リクルートエージェントがおすすめです。

マイナビAGENT 面接対策完全ガイド

フリーターの方で就職、転職活動中の方はハタラクティブを利用してみましょう。

フリーターの正社員就職支援

IT業界を目指している方はワークポートに相談してみましょう。IT業界に特化した面接対策やアドバイスをしてくれるでしょう。

長所の根拠を述べて説得力をあげる

長所だけを漠然と答えても、根拠がなければ、面接官には伝わりません。長所を述べた後、その根拠となる出来事を一緒に答えましょう。

仕事との結びつけで入社後の適性をアピール

長所を聞く理由の3つ目で挙げた「会社で長所をどう生かすか」という点に関わってきます。

面接で聞かれる質問なので、仕事に関連づけられるものであることが重要です。自分の長所を会社でこのように生かせるということが伝われば、その会社や仕事に適性があると面接官は思うでしょう。そうすると自ずと採用率も上がります。

話は簡潔にまとめることで相手に好印象をあたえる

自分の得意なことや長所はたくさん話せ、多くのことを伝えたいと思うかもしれません。しかし、人が話を集中して聞けるのはだいたい3分といわれています。それ以上だと集中力が途切れて、話が長い、と思われてしまいます。

ポイントをしっかりと押さえて簡潔に話すことができれば、論理的思考と表現力という点でプレゼンテーション能力があると感じてもらえるでしょう。

好印象をあたえる長所は仕事との関連性

面接官が長所を質問する理由として仕事の適性を判断するため、ということを述べました。好印象を持たれる長所は会社の社風に合っているもの、仕事がうまくまわるような想像ができるものなどです。

長所とそのエピソードは採用後の会社でどんな仕事をこなしていくのに役立つかをアピールしましょう。

あまり好ましくない長所

面接官が仕事において生かせる能力を聞きたいので、仕事と全く関係ない長所は答えとして望ましくありません。

例えば、長所が「リーダーシップがあるところ」と話しても、そのエピソードが友人の中だけの話だとプライベートで、かつ身近な人との間での能力なので説得力がありません。

また、身体的な特徴や容姿を長所として話すことも望ましくありません。前述したように、入社後の適正を訴えること、長所に対する明確な根拠を述べることが一番です。

短所との関連性があると面接官も納得

必ず短所と関連づけなければならないわけではありません。真反対でなくても、関連性があると面接官も納得しやすく分かりやすいでしょう。

面接の際の短所の答え方 短所を見つめ直すことは自己分析につながる

長所と短所の例
長所「行動力がある」⇔短所「せっかち」
長所「責任感がある」⇔短所「人に厳しすぎる」

長所がたくさんあってもすべて伝える必要はない

自分の良い部分を余すことなく知ってほしいからと言って、長所をたくさん答える必要はありません。面接官が長所を聞くのは、友だちになりたいからではありません。また、面接はアピールの場であっても自慢話を披露する場所ではありません。面接官はあくまで仕事をする上での適性を測るために長所、及び短所をききます。

以上のことを考えると、長所がたくさんあることは良いことかもしれませんが、それをすべて面接官に伝えるのが得策ではありません。

ポイントの面接をしている会社で仕事をするにあたって、どのような長所や特技は生かせるか、という点に集中し、長所と根拠となるストーリーを語るのが、面接官に対してアピールできる長所の答え方です。

性格別、面接での長所の答え方 例文5選

面接で長所「責任感がある」ことを伝える例文

私の長所は「責任感がある」ことです。自分が任された事柄は最後まできちんと責任をもってやり遂げたいタイプです。現在、私は飲食店でアルバイトをしております。アルバイト歴も3年目で後輩も増えました。お客様への挨拶やレジの会計、店内の清掃など率先しておこない、後輩にも指導してきた経験があります。

そのため、アルバイト先の上司にあたるチーフからも責任感があると言われています。この長所を御社での仕事にもしっかりと生かして、与えられた仕事は最後まで気を抜かずやり遂げるよう、心がけます。

面接で長所「社交的な人間」と伝える例文

私の長所は「社交的」であることです。幼い頃から転校が多かったのですが、新しい学校での友人づくりは得意でした。初対面の人にも自分から積極的に話しかけるので、登校初日から友だちができていました。見知らぬ場所へ行っても、臆することなく人と会話ができるので、パーティーなどでも一人寂しい思いをしたことがありません。

このような性格なので、きっと御社の仕事仲間や上司ともしっかりとコミュニケーションを取り、業務を進めていくことができると感じております。

面接で長所「まじめな人間」と伝える例文

私は自分のことを「まじめ」な性格だと感じています。幼いころから「まじめだ」を何度も言われていましたが、「堅物でガリ勉」のようなイメージが強く、あまりうれしくありませんでした。しかし、大学生になり、アルバイトを始めると、そのまじめさが良いと上の方に言われ、この性格が好きになりました。

アルバイト先には遅刻したことはありませんし、やらなければならないことはコツコツとやり遂げていました。仕事においてもミスは禁物です。一つ一つの業務にまじめに取り組んで、抜けがないように心がけます。

面接で長所「素直な心」があると伝える例文

私の良いところは「素直」であることです。自分の行動について指摘されても腹を立てることなく、受け止めます。自分なりに受け止め、今後どう行動すればよいかを考えます。2年前、友人との仲がこじれてしまいました。そのとき、先輩からアドバイスをもらい、素直に自分の非を認め、友人に謝りました。

その結果、仲なおりすることができ、友人からは「あなたの素直な謝罪で、私も自分の非を認めることができた」と言われました。相手も折れるタイミングを模索していたようです。このような出来事から、私の素直さは長所として生かせると感じました。

面接で長所「問題解決力の強さ」をアピールする例文

私の長所は「問題解決力」があるところです。現在、学習塾で講師のアルバイトをしています。中学3年生の生徒を教えていますが、あるときから急に成績が横ばい状態になりました。受験前で勉強量を増やしているのに成績に表れません。そこで受験生との面談や言動から、原因は何かを探りました。すると、志望校が自分の実力よりレベルが高く心配になり、勉強に対するモチベーションが下がってしまったということでした。

できないところからできるところへ目を向けるようにし、褒めることを意識しました。生徒は褒められて自分に自信が持てるようになり、成績も回復してきました。

このような経験を仕事の場でも生かし、問題に直面しても対処していきたいと思っております。

関連するおすすめ記事

面接の際には様々なマナーが問われます。
マナラボでは面接時のマナーをチェックできる診断も行っています。是非チャレンジしてみてください。
面接前にチャレンジしてみよう!!マナラボ式ビジネスマナーテスト【面接編】
面接はこちらから質問をする機会があります。なにも考えていないと言葉に詰まってしまい、アピールの機会をなくしてしまいます。逆質問では下記の記事でポイントを纏めているので御覧ください。
就職・転職で最終面接の逆質問で聞くべき事・聞いてはいけない事

まとめ 面接で長所を伝えるには

・面接官に長所を聞かれる理由は3つ:①性格を知る②客観性③仕事での生かし方、を見るため。
・長所は仕事と結びつけるエピソードを盛り込み、簡潔にまとめるとよい
・仕事と関係のない長所や身体的な長所は好ましくない

面接の最大のポイントは自分の言葉で伝えることです。上記のポイントと例文を参考にし、自分の言葉に置き換えることで、採用への道はひらけます。また、長所を考えたあと、第三者に相談すると客観的な意見がきけより完成度の高いものにちかずくことができます。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda