「頭が悪いね〜」といわれて嬉しい人はいませんが、残念ながら頭が悪いと思われている人は少なくありません。会社に勤めていれば必ずそういう人が1人や2人はいるでしょう。

今回は頭が悪い人について以下の点を解説いたします。

・頭が悪い人の特徴
・頭が悪い人への対処法

頭が悪い人の共通点

頭が悪い人は非論理的

論理的に物事を伝えられないと相手に理解してもらうことは難しいです。

理解できないことばかりいっている人=頭が悪い人と思われてしまうでしょう。

同じ話を何度もしたり、抽象的な表現ばかり使っていると相手は退屈だったり、想像できなかったりしてしまいます。

自分の意見が一番正しいと思っている

頭が悪い人は頑固な人が多く、自分の意見がいつも正しいと思い込んでいる節があります。

実際に何か問題が起こったとしても、「なぜこうなるだ」と問題に対して、あるいは環境や周りの人に対して当たり散らすこともあり、周りの人は非常に迷惑です。

同じ間違いを何度もする

一度間違えると、恥をかいたり、相手に迷惑をかけてしまうため、次は同じ間違いをしないように心がける人が多いですが、何度も同じ間違いをする人が中にはいます。

わからないところ、間違ってしまった点は解決するために試行錯誤したり、自分で調べたり、何かしら対処をするものです。

頭の悪い人は、できないのは当たり前、わからないのは仕方がない、と考えるため、次も同じところでつまづいてしまいます。

自己弁護に長けている

ミスを犯した場合、普通は自分が至らなかったからだ、わからないことを解決できていなかったからだ、というように少しは自分にも非があると感じます。

しかし、頭の悪い人はすぐに人のせいにする傾向があります。

「××さんがこういったからやっただけ(自分は悪くない)」「××さんが再チェックをしてくれた(のにミスしたのはチェックできていなかった××さんが悪い)」「時間が足りなかった」などと自分には一切悪いところはなく、人の力が不足していたのだと主張するのが得意です。

頭が悪い人は集中力が足りない

何か物事に打ち込むときに集中力が切れやすいだけでなく、普段から注意散漫であるため、人の話も全て聞いていなかったり、途中で自分の解釈を入れ、最後まで聞かなかったりします。

目の前にあるもの、思い立ったものから処理していくため、優先順位がなく、飽き性であることが多いです。

頭が悪い人は感情的に話す(短気)

頭の悪い人は論理的思考ができていないことが多く、感情で話をする人が多い傾向があります。

感情的であることは芸術の面では良いかもしれませんが、一般的な会社では通用しません。感情的に話す人は短気でもあるため、すぐに怒って感情に任せて物をいうことがあります。

頭が悪い人は機転が利かない

人が困っているときにそれを察知して、対応することができる人は仕事でも評価が高く、上司から可愛がられます。

機転を利かすためには、常に周りで起こっていることに意識を向けていなければなりません。

しかし頭の悪い人は自分のことしか考えられない人が多く、周りで緊急事態が起こっていても、気づかず、気づいたとしてもすぐに対処法が思い浮かばないため、手助けできないことがしばしばあります。

頭が悪い人は気配りができない

頭がよい人は相手との付き合いが長ければ、相手が次にどのような行動にでるかを多少予測できるようになります。

とくにビジネスにおいては相手の意向を先に汲み取って、サービスを提供できると仕事のできる人だと思われやすい傾向があります。

一方、頭が悪い人は相手の立場に立つこともできず、相手の行動を予測できない(予測しようとする発想すらない)ため、自分のペースで自分中心に物事を考え、そのタイミングで相手に伝えたり、依頼したりします。

相手への配慮、気配りができないとビジネスでは、嫌われてしまいます。

分からないことを自慢げに話す

頭のよい人は、自分が無知であることを知っていて、少しでも多くの知識を得ようと努力するものです。

知らない言葉や知らない仕事が出てきたら、自分から進んで調べ、勉強し、自分の知識や技術として身につけていきます。

しかし、頭の悪い人はわからないのは当然、といった態度で、わからないことを自慢げに話す傾向があります。

知らないのは誰も教えてくれないから、と思い、教えてもらえないのだからわからなくて当然!と公言します。

無知なことを恥ではなく、得意げに話す様子は周りから見ても気の毒な気分になります。

頭が悪い人は話題に乏しい

頭がよい人はわからないこと、知らないことをしらみつぶしに調べたり勉強したりするため、知識がどんどん増えていきます。

一方、頭が悪い人は自分で調べることもしない、知らないことを人に自慢する、など、自分の知識を増やすどころか知らないことを正当化する傾向があります。

そのため、頭がよい人は様々な物事を色々な側面から捉えます。人と話していても共通点が見つけやすく、話題も豊富に持っています。

しかし、頭が悪い人は真逆です。自分の興味があることにしか反応せず、視野も狭いため、話せる話題が限られています。また、他の人から得た知識も自分に取り込もうという意欲に乏しいため、話題もずっと増えることがありません。

友人だけで遊ぶときは問題ありませんが、ビジネスシーンでの会食や商談のとき、雑談がどれだけできるかが鍵となります。

趣味の話で盛り上がり、交渉がスムーズにいった、というケースも少なくありません。話題に乏しいとビジネスシーンでの影響も大きく、決まるはずの仕事も決まらない可能性もあります。

頭が悪い人への対処方法

説明は大切なところだけに絞る

理解力と集中力に乏しい人に話をするときに、長くきちんと話しても最後まで聞いてもらえない可能性が高いです。

説明をするときは、大切なところだけに絞って最低限守ってほしいことや必要なことだけを話すようにしましょう。

指示するときは具体的に伝える

頭の悪い人に指示をするときはより具体的な行動を伝えましょう。

ニュアンスで汲み取ってくれると思ったら大間違いです。抽象的な表現やゴールだけを伝えても、思ったようには動いてくれません。ゴールを聞いてもプロセスが分からない場合が多いためです。

相手が理解し、すぐに取りかかれる具体的な指示を出すことが間違いを防ぐ方法の一つです。

質問して知りたいことを明確にする

例えば、「あと少しでできます!」と報告を受けた場合、『少し』の感覚が人によって異なります。

受け手は「あと少しって10分くらい?」などと聞き返し、具体的な数字を出してもらうとよいでしょう。もしかしたら、『少し』が1日の可能性だって考えられるためです。

頭が悪い人についてのまとめ

  • 頭が悪いと非論理的で同じ間違いを繰り返す傾向がある
  • 頭が悪い人は自分が無知であることを誇らしげに自慢するしたがる
  • 頭が悪い人は人の立場で物事を考えられないため、配慮や気配りができない人が多い
  • 頭が悪い人に説明するときは大切な部分だけに絞って最小限の情報を伝えるようにする
  • 頭が悪い人に指示を出すときは具体的な行動を示す
  • 頭が悪い人に質問するときはより具体的な答えが聞けるよう質問も具体的にする