気を付けていたはずなのに、うっかりミスをして怒られてしまったという経験を持っている人は多いと思います。

怒られてしまうミスの理由や、怒られると叱られるは何が違うのか、怒られたときはどうしたらよいのかということが疑問点としてあげられるでしょう。

ここでは、怒られた理由、怒られると叱られるの違い、怒られた場合の対処法などについて説明します。怒られてしまったときでも落ち込みすぎないために、怒られた場合の対処法を理解しておきましょう。

上司に怒られてしまう理由

仕事をしていると上司から怒られてしまうこともあります。人によって怒られるケースはさまざまでしょう。

上司から怒られてしまうケースの例
・仕事でミスをしてしまった
(何度も同じミスを繰り返した)
・重要なことを報告し忘れた
・重要な会議に遅刻した
・報告や提出の期限に遅れた

また、自分が悪くなくても「上司の機嫌が悪かった」「気に食わないから」など、理不尽な理由で怒られる場合もあります。

怒られると叱られるの違い

「怒られる」と「叱られる」は似た言葉ですが、少し意味が違います。

「叱る」は間違った行いを正すという意味が含まれていますが、「怒る」には感情を抑えられず表に出すという意味があるでしょう。

「叱る」には、目上の者が目下の者を指導するといったニュアンスもあるため。「親が子供を叱る」や「上司が部下を叱る」といういい方をします。

ブラック企業と呼ばれる労働環境の過酷なところでは、上司が部下を人間扱いしないということもあるでしょう。現在の職場に耐えられないと思った場合、就職・転職エージェントを利用し職場を変えることも大切です。

怒られた際の対処法

怒られた場合の対処法を誤るとさらに怒りをかってしまったり、両者の関係が取り返しがつかなくなる可能性があります。ここでは怒られてしまった場合の対処法を解説します。

怒られた際は しっかり謝罪する

仕事の中で上司から怒られたときは、まずしっかりと謝罪をしましょう。誠実に正面から謝れば、相手も悪い気はしないはずです。また、上司が怒るには必ず理由があります。

気をつけるようにいわれていたのに、うっかりミスをしてしまった場合には、怒られるのが当たり前です。なぜ怒られたのかよく考えて、反省していることを相手に伝えることが大切です。

しっかり謝罪すれば、大抵は許して貰えるでしょう。しかし、謝罪しても許して貰えないときは、何もしないようにするしかありません。

謝り続けても状況は変わらないため、自分が参ってしまいます。少し待って相手の気持ちが変わらないのか様子をみてみましょう。

一旦すべてを受け入れて 怒られたことに対処する

相手が怒っている間は、一旦全てを受け入れるようにしましょう。怒っている間は、相手が感情的になっているため、途中で口を挟むことが、逆効果になってしまいます。

こちらが100%悪い訳ではありませんが、相手は頭に血がのぼっているため、冷静になるまで少し待つ必要があります。

特に注意してほしいことは、非常に深刻に考えて、落ち込み過ぎないようにすることです。怒っているのは、仕事のミスややり方の問題のことであり、相手自身を否定している訳ではないことを忘れてはいけません。

相手の言葉を一旦受け入れて、なぜ怒られているのか、相手の主張を聞くようにしましょう。

このようなときに反論すると火に油をかけるようになる可能性があります。一旦相手の主張に理解を示すことは、怒られたときに一番初めにしなければならないことです。

少し時間を置いて 説明と学びの機会をつくる

怒られたときは、お互い感情的になっているため、少し時間を置いて、話しあってみるとよいでしょう。

上司にしても成長してほしいと思って怒ったのかもしれません。何度も同じミスをするためお灸をすえるつもりで怒ったという場合もあります。

少し時間が経ってから、怒られたことをお詫びした後、怒られた本当の理由を聞いてみましょう。相手にしても、この前怒り過ぎたことを後悔しているかもしれません。

また、怒った本当理由を説明したいのだけど、照れくさくてなかなかいい出せないのかもしれません。今後、同じ過ちを繰り返さないようにするためにも、2人で話し合ってみましょう。

今後どのようにしたら怒られないのか、対策を話し合ってみてもよいです。こちらから、どうして怒られるようなことをしてしまったのか説明することもできます。

また、後で話し合うことは、嫌な気持ちを引きずらないという効果もあります。わだかまりの気持ちはこれで少しづつ無くなっていくものです。

怒られたことを改善する

怒られた場合には、なぜ怒られたのかをよく考え、同じ過ちを繰り返さないようしましょう。どうしてミスをしてしまったのか、どのようにすればミスを防げるのか、真剣に考えることが大切です。

一度怒られたのに、同じミスをしてしまうと今度こそ取り返しのつかないことになります。怒られているうちは、まだ見込みがあるということですが、同じミスをすると見放されてしまうでしょう。

このようなことで評価が下がったりすることもあるため、気を付けましょう。

上司に怒られた際のまとめ

  • 怒られる理由は、
    「仕事でミスをした」「重要なことを報告し忘れた」
    「重要な会議に遅刻した」「期限に遅れた」など
  • 「怒る」と「叱る」は、両者とも不満を表す言葉であるが、
    「叱る」には、相手が正すというニュアンスがある
  • 怒られた際の対処法には、以下がある
    「しっかり謝罪する」「一旦すべて受け入れる」
    「少し時間を置いて、説明と学びの機会をつくる」「怒られたことを改善する」
  • 誰でも怒られると落ち込んでしまうものです。しかし、怒られた時は、色々なことを覚えられたり、上司との良い関係が築けたりするチャンスとも言えます。