多数決で何かを決定するとき、本当の多数決の場合と、見えない圧力によって多数派に同調しなければならない場合とがあります。権力を持った人のいうことに従っていた方が有利な場合、しばしば起こるのが同調圧力です。

今回の記事では同調圧力について、以下の点について解説いたします。

・同調圧力の意味
・同調圧力が感じられる場面
・同調圧力の英語表現

同調圧力の意味

同調圧力とは、一定の人数がいる集団において、意思決定をする際に多数派の集団が少数派の人に無言の圧力をかけ、多数意見に合わせることを強制する行為のことをさします。

同調圧力が感じさせる場面

同調圧力に苦しめられることは職場やママ友、学校など色々な場面であります。中でもなかなか逃れられないのが職場です。職場を例にどのような同調圧力の例は以下の通りです。

お局さんに悪口を同意させる同調圧力

お局さんが同僚や他の社員の悪口をいった事に同調させられる。同意しなければ、自分がターゲットになり、同意すると、自分だけがその人の悪口をいったことになっている場合もあります。

年齢と仕事の出来で新人や後輩に圧力をかけてくる人が、職場における同調圧力を起こす人である場合もあるでしょう。  

先輩が後輩に自分と同等のきつさを強要する

先輩社員が後輩の自分に向かって「俺も休みたいのに、何自分だけ休んでいるんだよ」といってくる場合があります。

自分の仕事が大変なのに、お前だけがよい思いをするな、と同調圧力をかけてくる場合もあるでしょう。

同じ苦しみを味わえ、といわんばかりに圧力をかけてきても、逆の立場になったときには自分だけ休みを取ってしまうのがこのタイプに多いです。

ボランティア活動への参加を強要する

会社としてボランティアへの取り組みを世間にアピールしたい場合、無理やりボランティアに参加させられるケースもあります。例えば社外清掃、土日の地域イベントへの参加などです。

会社とは関係のないこと(やるに越したことはないが)に勤務時間外で参加しなければならないという場合があります。

ボランティアは本来、参加したい人だけが参加するものですが、上司が参加し、断ることができない状況を作られる事も同調圧力の一種です。

自分の職場で、人や環境に対し、逃げ出したいほど苦しい思いをしている場合、心身の健康のために転職を考えてみるのも手です。転職エージェントを利用することで、より早く自分に合った職場を見つけることができます。