ここでは「精神力」ついて解説します。日本では昔から「何事も気合いと根性で乗り切れ」という過剰な精神論がもてはやされる傾向にあります。その一方で、現代の日本社会ではストレス過多によるうつ病をはじめ重い精神疾患に苦しむ人が増えてきています。

そこで本項では、現代のストレス社会を生き抜くうえで不可欠な精神力に着目。「精神力とはなにか」という基本事項から、精神力を鍛える方法、精神力が強い人の特徴といった現代人なら見逃せないポイントについても解説していきます。

人間関係の不安や悩み、ストレスなどによる心身の不調を感じる人はぜひ本項をお読みになり、気合いや根性や忍耐などという時代遅れの精神論に頼るのではなく、人間らしく生きるために必要な精神力を鍛えて、健康で快適な生活をお送りいただければ幸いです。

精神力とは


そもそも「精神力」とは、どんな「力」でしょうか。基本的には、人が何かをやりとげようとするときに発揮される意志の強さや気力のこと。または人が何かを行うために精神を集中することで生じる気力、およびその力を維持しようとする意志の強さをいいます。

また近年では日常生活で直面するさまざまなストレスに対する耐性や適応力も精神力の大切な要素と考えられています。この場合、かつての根性論のように「気合いと根性で乗り切る」のではなく、ストレスをうまく制御して蓄積しないスキルが重要視されます。

精神力の英語表現

「精神力」の英語表現というと「根性論」に近い意味の「guts」や「spirit」「fight」をあげる人も少なくありません。「guts」は「根性」「闘志」。「spirit」は闘志」「霊」「心」。「fight」は「闘志」をあらわす言葉です。

一方、本項で述べる「精神力」の英語表現としては「感情の強さ」を意味する「emotional strength」。「心の強さ」を意味する「strength of mind」。「意志力」という意味の「willpower」などが適切な言葉といえます。

また「精神力」を「我慢強さ」の意味で英語に翻訳する場合は、「精神的に耐え忍ぶ力」を意味する「mental fortitude」。「忍耐力」を意味する「perseverance」などが最適です。

「精神力」は実態が明確な言葉ではありません。英語表現も正解がひとつやふたつとは限りません。翻訳するときは日本語の表現意図にマッチする英単語やフレーズを吟味して選択するように心がけましょう。

精神力を鍛える5つの方法

閾値
体力や筋力と同じように精神力もまた毎日の努力とトレーニングの継続によって鍛えることができます。精神力を鍛えることでストレスによる心身の不調を防ぐ効果があります。精神力を鍛たい方は以下の5つの訓練法をぜひお試しください。

物事を自分で決める癖をつける

重要な物事を決めるときに判断を他人任せにするのは気楽で良いように思えます。でも、それが癖になってしまうと、やがて自分のことも自分一人で決められなくなって、迷ったり悩んだり不安に襲われたりするようになります。

「人に頼るな」ということではありません。仕事上の課題や他人にも関係する問題は仕事仲間や経験者、信頼できる人のアドバイスを積極的に求めるべきです。そして最後は自分自身の問題として自分で考え、自分の責任で決断することが重要です。

毎日コツコツ継続する

一度やると決めたことは、最後まで投げ出さずにやり抜くことも精神力を鍛えるトレーニングになります。いわゆる「三日坊主」の人や、結果を急ぐあまり継続をおろそかにする人は精神力が身につかず、仕事や勉強でじゅうぶんな結果を出せなくなります。

他人への感謝の言葉を口にする

精神力を身につけるうえで大きな支えになるのは周囲の人々の信頼と協力、そして励ましです。日本人は感謝の気持ちを他人に表明するのが苦手と言われています。他人への感謝の言葉を口にすることで人間関係が円滑になり、モチベーションが高まります。

食生活・睡眠を改善する

「病は気から」といいますが、逆に「心の病は体から」ともいえます。栄養が偏ったり、生活が不規則になったりすると健康を害し「やる気」や集中力が失われます。よく食べ、よく運動し、よく眠ることは心身の健康を保つために必須の三要素といえます。

1日の中で瞑想の時間を作る

スティーブ・ジョブズが実践していた「マインドフルネス」。いわゆる「瞑想」が世界的に注目を集めています。「瞑想」は「座禅」と同じように座って何も考えず、意識を呼吸に集中させます。思考を短時間止めることで精神をリフレッシュすることかできます。

近年の研究では、脳の中で前向きな感情をつかさどる部位が瞑想によって活発化することがわかっています。さらに免疫機能が向上するという実験データも報告されています。瞑想は1日わずか5分でも効果があります。心身の健康を保つために毎日続けましょう。

精神力が強い人の7つの特徴

早々
自分自身の精神力に自信がない方は、精神力の強い人の言動を注意深く観察して参考にすると良いでしょう。精神力の強い人には以下に示すような特徴があります。

感情が安定している

精神力の強い人は他人の言動に惑わされず、不測の事態にも冷静に対処できるので、感情が安定しています。
 

自分の苦手なことを理解している

精神力が強い人は自分自身の苦手なことを客観的に認識できるので自信過剰に陥ることがありません。自分の苦手なことを理解しているということは、それを他人に指摘されても反発しない、ということでもあります。その謙虚さも精神心の強さの秘訣です。

何事にも積極的にチャレンジする

精神力が強い人は「やらない失敗」よりも「やる失敗」を選択します。やったうえでの失敗は、次の成功に通じる大きな教訓になるからです。精神力の強い人は失敗を恐れず、積極的にチャレンジすることで貴重な経験を獲得できる前向きな意志を持っています。

失敗を引きずらない

失敗を恐れない精神力の持ち主は、失敗しても立ち直りが速いという特徴があります。自信を持って臨んだことがうまくいかなかったとしても、すぐに気持ちを切り替えて改善策に集中できるため、失敗を引きずることがありません。

情報に振り回されない

精神力が強い人は何事も自分なりの価値観で判断できるので、他人の言動や怪しげな情報に振り回されることがありません。情報を軽んじるのではありません。むしろ多くの情報を収集して的確に取捨選択し、正確で有用な情報だけを参考にするということです。

自分と他人を比較しない

精神力が強い人は、自分自身の限界や可能性を客観的に評価できます。そのため自分と他人を比較して優劣を判断するようなことはしません。自分と他人を比較することでしか自分の優位性を認識できない人は誰よりも劣っているといえるでしょう。

さまざまな価値観を尊重できる

精神力や意志の強さは「頑固さ」とは違います。ほんとうの精神力の強さとは、さまざまな人の意見や価値観を尊重し、学ぶべきところは謙虚に学び、受け入れがたい価値観も拒絶するのではなく「他山の石」として尊重できる謙虚な柔軟性があります。

まとめ

  • 「精神力」とは何かをやりとげようとする意志の強さや気力の強さをいいます。
  • 「精神力」の英語表現としては「emotional strength」「strength of mind」「willpower」などが適切です。
  • 「精神力」は毎日の努力とトレーニングの継続によって鍛えることができます。
  • 「精神力」が強い人は感情が安定していて、自分と他人を比較しないなどの特徴があります。