コミュニケーションスキルは、ビジネスにおいても大切なスキルのひとつです。

ここでは、自己顕示と自己開示の違いや、自己開示のメリット、自己開示が苦手な人の特徴と、行う方法などを解説します。この記事読むことで、ビジネスシーンでのコミュニケーションスキルを向上させることができます。

そもそも自己開示とはなにか?

自己開示とは、自分自身に関するプライベートな情報をありのままに伝えることをさします。自己開示は、意図なく自然にできてこそ効果を発揮します。

自己開示と自己顕示との違い

自己開示と似た言葉に、自己顕示があります。

自己顕示は必要以上に他人の注意をひくことで、自分を実際よりもよく見せかけ、自分に有利な情報しか開示しないことをさします。

自己開示をするメリットは人に好かれる事

自然に自分をあらわす自己開示には、自然に自分自身の情報を開示することで、相手も同じ程度の情報を開示してくれるメリットがあります。

心理学用語では反報性と呼ばれ、相手は結果的に自分のことを好いてくれことが多いです。

周りに好かれると、人間関係が円滑になります。相手からは信頼され、ビジネスシーンであれば重要な仕事を任されたりすることにもつながるでしょう。

自己開示が苦手な人の特徴

自己開示が苦手な人には、会話が相槌で終わってしまい、話が続かない人が多いです。自分のことを話すのが好きではないと、自分から話を振れずに、浅い話で終わってしまいます。

自己開示ができない人には、自分に自信がない人や、嫌われたくない気持ちが大きい人が多いです。

自然に自己開示をする方法

自然に自己開示をするには、コミュニケーションのきっかけをつくることが大切です。どんな小さな話題でも、自分から話を振る努力が求められます。

話を振れるようになったら、少しずつ話題を膨らませていきましょう。自分が相手に聞きたいことを自分から話してみると、前項で解説した反報性が働き、相手も同じ程度の情報を開示してくれるため、相手との距離を縮めることが出来ます。

しかし、初対面など知り合って日が浅い場合には、いきなり深い話をすると相手が引いてしまうことがあります。関係性を見極めながら自己開示していく事が大切です。

相手が気になる人の場合、なおさらの嫌われる事が怖いと思うでしょう。しかし、嫌われないことばかり優先していると、ついつい自分をよく見せるために自己顕示に走る可能性が高くなってしまいます。

人は全ての相手から好かれるわけではありません。嫌われてもよい、評価はどうでもよいという気持ちでコミュニケーションを取る事で、自然に自己開示ができるようになります。

自己開示についてのまとめ

  • 自己開示とは、特に意図なく自然に、自分自身に関するプライベートな情報を言葉でありのままに伝えることをさしています。
  • 似た言葉の自己顕示は、必要以上に他人の注意をひくことで、自分を実際よりもよく見せかける意図などがあるでしょう。
  • 自己開示のメリットには、相手が結果的に自分のことを好いてくれる、人間関係が円滑になるなどがあるでしょう。自己開示が苦手な人には、自分に自信がない気持ちから、相槌で終わり話が続かない人が多いです。
  • 自然に自己開示する方法は、関係性を見極めつつ、自分が相手に聞きたいことを、まずは自分が話してみるのがおすすめです。嫌われてもよい、評価はどうでもよいという気持ちも大切です。