丁寧な言葉で嬉しさを表すとき、「嬉しい限りです」と使うことがありますが、「嬉しいです」とはどう違うのかわからない人も少なくありません。

今回の記事では「嬉しい限り」について以下の点を解説いたします。

・嬉しい限りの意味
・他のいい回し
・英語表現

「嬉しい限り」は「嬉しい」の敬語表現

「嬉しい限り」は「嬉しい」の尊敬表現の一つです。

言葉の成り立ちは「嬉しい」と「限り」に分けられます。嬉しいは言葉の意味の通り、気持ちがよく、はずむような心持ちのことを表します。「限り」とは「至り」「極み」と同じような形容詞の度合いを表す言葉で、「この上ないほど」という意味を持っています。

「嬉しい限り」は「この上なくはずむような気持ちである」ことを目上の人に伝える表現です。

しかし「嬉しい」自体は敬語ではないため、このままの形で敬語ではありません。敬語として使う場合には「喜ばしい限り」「嬉しい限りです」といった表現に変えましょう。

「嬉しい限りです」はビジネスでも使える表現

嬉しいという言葉は形容詞であるため、「嬉しい」自体には敬語がありません。したがって、「限り」という程度を表す言葉をつけて「嬉しい限り」と表現するようになりました。

目上の人に使う場合は最後に「です」をつけて、「嬉しい限りです」というようにしましょう。

 

※注意点
他の敬語表現にも共通していえることですが、あまりにも堅苦しい表現はときと場合によって違和感があります。

「嬉しい限りです」もその一つで、「嬉しいです」と使ってもよい場面があります。例えば、取引先の人や初対面の自社の社長などには「嬉しい限りです」と使うのがよいでしょう。

自分との距離感があり、初対面でその距離を縮める必要がないためです。逆にいつもお世話になっていたり、同じプロジェクトで親しい上司などには「嬉しいです」という表現でよいでしょう。

むしろ「嬉しい限りです」「喜ばしい限り」などと使うと堅苦しく、違和感があると感じられるかもしれません。

 

「嬉しい」の言葉に関連した記事は以下の通りです。

「嬉しいです」を敬語として使う場合の注意点と他のいい回し

「嬉しい」の他のいい回し

「嬉しい」の他の敬語表現
・この上なく喜ばしいです
・感無量です
・嬉しく存じます
・嬉しく思います
・喜ばしい限りです
・ありがたく存じます
・嬉しいです

「嬉しい限りです」の英語表現

I am extremely glad.
(嬉しい限りです)
I can’t tell you how happy I am!
(言葉にできないほど嬉しいよ!)
I’m so touched!
(感激!)
I have never been this happy.
(最高の気分だ)
I couldn’t be happier.
(この上なく幸せだ!)

海外から来客があったときの例文

海外からの来客に対して、「お会いできて光栄です」「この上なく幸せです」といった表現を英語で伝えたいときは以下の表現を使います。

Nice to have you here in Japan.
(日本にお越しいただいて光栄です。)
It’s a pleasure to have you here.
(お越しいただいて光栄です。)
It’s so nice to finally meet you.
(やっとお会いできて光栄です。)
A pleasure to have you come and finally meet.
(ようやくお越しいただいて会えるなんて本当に嬉しい限りです。)
Very pleased that you have come this far to see us!
(お越しいただいてお会いできたことは大変喜ばしい限りです。)

「嬉しい限り」についてのまとめ

  • 「嬉しい限り」という言葉は「嬉しい」+形容詞の程度を表す「限り」から成っている
  • ビジネスで使う場合は「嬉しい限りです」という形で使う
  • 「喜ばしい限り」「感無量です」など他のいい回しもあるので、時と場合に応じて使い分ける
  • 英語にも「嬉しい限りです」という意味の表現がある