会社でもプライベートでも、顔を合わせば常に喋っているような人から必要以上に口を開かない無口な人まで、様々な人と出会います。特に無口な人は口数が少ないぶん「怒っているのかな」などと感じてしまうこともありますが、実際は全く怒っていなかったりします。

この記事では、無口な人の特徴や心理、長所や短所を解説していきます。

無口な人5つの特徴

無口な人の特徴として特に下の5つが挙げられます。無口な人だからといって必ずしも全てが該当する訳ではなく、人によって無口な理由は様々です。

本心を知られたくない

本心を知られたくないから、あまり会話をしないという方もいます。

本心を話して失敗した経験がある、誰かを傷つけてしまった経験があるなど、これは過去のトラウマによるものが大きいです。

警戒心が強い

無口な人の特徴として、警戒心が強い人もいます。

これは、打ち解けていない人に自分のことを知られたくないという心理です。出会ってからしばらくは無口な人だったのに、打ち解けて仲良くなるとよく喋るようになる方も多いです。

人見知りで人に話しかけるのが怖い

ただ単に人見知りという理由で無口な人もいます。

これは先ほどの警戒心が強いこととは少し異なり、仲良くしたくてもどんな話をしていいかわからない、自分から話しかけるのが怖いといった心理です。

人見知りな方でも、打ち解けると普通に喋ったり仲良くしたりできる人が多いです。

会話がなくても苦にならない

無口な人の中には、そもそも会話がなくても苦にならない方もいます。

友達と喋っている時に不意に会話が途切れてしまったら、少し気まずいと感じる方も多いのではないでしょうか。しかし、それほど会話の間が気にならない人もいて、その結果必要以上に口を開かない無口な人となる場合があります。

自分に自信がない

自分に自信がないから無口になってしまうこともあります。

何か言いたくても、「こんなことを言ったら嫌われてしまうのではないか」と考えてグッと言葉を飲み込んでしまいます。

無口な人のビジネス上での長所

理解されないこともある無口な人ですが、余計なことを喋らないが故のビジネス上での長所もあります。

黙々と自分の仕事に取り組める

まず挙げられる無口な人のビジネス上の長所には、黙々と自分の仕事に取り組むことができる、というものがあります。

適切に業務を行う上でコミュニケーションが取れないとなると少し困ってしまいますが、無口な人でも業務上の会話は問題なく行えることが多いです。余計な雑談に時間を割かれないぶん、仕事を淡々とこなすことができます。

他人に流されず、自分のペースで過ごせる

他人に流されることなく、自分のペースで過ごせるのも無口な人のビジネス上での長所です。

口に出さないだけで、しっかりと自分の考や価値観を持った人も多くいます。安易に他人と同調しないことで他人の意見に流されずに仕事を行うことができます。

無口な人のビジネス上での短所

先ほどは無口な人のビジネス上での長所を紹介しましたが、逆に短所も存在します。

他人と意見を交換することが難しい

無口な人のビジネス上での短所、それは他人と意見を交換することが難しい点です。

自分の意見を多く語らないため、他人と意見をぶつけ合って議論するということができません。

業務上の会話だけでなく普段の何気ない雑談からその人との付き合い方を考えられたり、仕事のヒントを得られることもあるでしょう。しかし無口な人はそれがほとんどないため、これが短所と言えます。

無口な人に対する対処法

他人と喋ることが好き、という人には無口な人の考えていることは理解しづらいかもしれません。しかし無口な人と関わる時はこうしておけば大丈夫、という対処法もあります。

無理にコミュニケーションを取ろうとしない

無口な人とは無理にコミュニケーションを取ろうとしないことが大切。

仲良くなろうとして必要以上に話しかけたりすれば逆に警戒心を高めてしまう恐れがあります。

大人数での交流を避けてあげる

無口な人は大人数での交流が苦手であることが多いです。

なるべく、大人数で交流する機会が少なくなるように配慮してあげると無口な人も会話をしやすくなります。

時間をかけて関わっていく

先ほど無理にコミュニケーションを取ろうとしないことが大切と書きましたが、時間をかければ無口な人も必ず心を開いてくれます。短期間でその人のことを知ろうとせずに、時間をかけて関わっていくことが重要となります。

無口な人に向いている職業

例外もありますが、無口な人には他人と積極的に喋らなければならない営業は基本的に不向きです。

また、不特定多数の人と関わる機会が多くなるサービス業も不向きでしょう。無口な人に向いている職業としては、事務職や専門職、研究職などが代表的な例です。

ファンドマネージャーやディーラー、測量の仕事なども無口な人にはぴったりの職業です。無口な人には同時に真面目な人も多くなっていますので、正確なパフォーマンスが要求される専門性の高い仕事などは、無口な人が活躍しやすい職業です。

無口な人に関するおさらい

無口な人の特徴として、警戒心が強いことや人見知りであること、自分に自信がないことが挙げられます。しかしこれは必ずしも無口な人全員に該当する訳ではなく、人によってなぜ無口なのかという理由は異なります。

そんな無口な人のビジネス上での長所としては、雑談をあまりしないため黙々と仕事を進められることなどが挙げられます。逆に短所としては他人と意見の交換が難しいことが挙げられます。

あまり喋らない無口な人でも時間をかけてゆっくり関わっていけば必ず心を開いてくれます。無理にコミュニケーションを取ろうとせず気長に付き合いましょう。

無口な人には営業やサービス業ではなく、あまり他人と関わらなくても仕事ができる職業が向いています。真面目な人も多いため、正確性が求められる事務職や専門職、研究職などが無口な人が最も輝ける職業です。