他人に気遣いのできる人は、人間としてもビジネスパーソンとしても魅力的です。気遣いが出来る人になりたいと思う人も多いでしょう。

ここでは、気遣いの意味や気配りとの違い、気遣いができる人はどうしているか、「気遣い」の英語表現などを解説します。

また以下では似ている言葉である「お心遣い」と「お気遣い」の関連性や、使い方について解説しています、この記事と合わせて、より深く言葉の理解を深めましょう。
感謝の言葉「お心遣い」の使い方と類義語「お気遣い」との違いとは?

気遣いの意味とは


「気遣い」とは、「心づかい」「配慮」という意味です。また気遣いの後に打消しの意味が伴う場合には、”好ましくないことが起こるのではないか”という心配や”おそれ””懸念”という意味があります。

漢字は「気使い」ではなく「気遣い」

「気遣い」は、漢字では「使い」ではなく「遣い」を用います。

「使う」は主に一般的な動詞として使用されるのに対して、「遣う」は気持ちや心情などを工夫して用いる場合に使用するというのが違いです。

ただし「気遣い」という一つの名詞ではなく「気をつかう」とした場合、「つかう」という動詞が用いられているので「気を使う」と表記することもあります。

「気遣い」と「気を使う」はその意味にも違いがあり、「気遣い」は相手に配慮するという肯定的な側面があるのに対し、「気を使う」は相手に媚を売るというニュアンスがあるのです。

気遣いの類語

放送作家
前者の「心遣い」「配慮」の意味の類語は以下の通りです

  • 配慮
  • 恩情
  • 厚意
  • 厚情
  • 温情
  • 思いやり

後者の「懸念」「おそれ」の意味合いの類語は以下の通りです

  • 気苦労
  • 憂虞
  • 気がかり

気遣いと気配りとの違い


よく似た言葉に「気配り」があります。

「気配り」の意味とは

気配りの意味は、”相手に細かく心を気を遣うこと”や、”配慮する事”です。
辞書では気遣い、気配り、どちらの意味の解説にも“配慮”とありますので、2つの言葉の意味に大きな差はありません。

「気配り」と「気遣い」の意味の違い

ニュアンスの違いとして、「気遣い」は相手に対する配慮をさし、「気配り」はもっと広い範囲の集団に対しての配慮をさすことが多いです。

一般的には、「お気遣いありがとうございます」といいます。ですが「気配りありがとうございます」とはいいません。

また、「気遣い」は今現在する配慮のことをいい、「気配り」は少し先の未来に対する配慮のことを表す意味があります。

例えば、「彼はどんな時でも気遣いを怠らない人だ」や「彼女は気配りが上手なので、接客業に向いている」のような使い方が考えられるでしょう。

気遣いと心遣いとの違い


「心遣い」には「気遣い」と同じような意味がありますが、「心遣い」の方が「気遣い」よりも相手を労わる気持ちが強く表れています。

「心遣い」が相手への謝意を表現する文章でよく見られるのはそのためです。

また「気遣い」と「心遣い」を使った例文としては、次のようなものが挙げられるでしょう。

気遣いができる人は、接客業やサービス業など人と関わる仕事でとても重宝される。

接客業やサービス業など、人と関わる上では相手を思いやることができる人が重宝されるということです。

猛暑日に取引先へ訪問したところ、冷茶とおしぼりを出していただくという心遣いをしていただいた。

猛暑日で汗が出たり喉が渇いたりしているということで、冷茶とおしぼりを出すというのは相手に対する「心遣い」だといえます。

気遣いの英語表現


気遣いの英語表現として主に使われる英単語はいくつかあります。

concern気遣いの意味の中に、関心心配のニュアンスが含まれています。

 

considerationは、より相手のことを考えての気遣い思いやりという意味があります。

 

thoughtfulnessは、直訳すると思慮深さという意味がありますが、心遣いの意味でも使える表現です。

 

お気遣いありがとうございます

「お気遣いありがとうございます」のシンプルな伝え方には以下の表現があります。

Thank you for your concern.
Thank you for your kind consideration.

その他に、応用した表現には以下の表現があります。

Thank you for being so considerate.
That’s so considerate of you.

 

気遣いのできる人

彼/彼女は細かいところまで気の利く、という意味の例文は以下の通りです。

She/He is attentive.

相手ことを考えて配慮する、などの思いやりや気遣いの意味では。

She/He is considerate/thoughtful.
She/He is very caring.

などの表現があります。

気遣い、気配りができる人の特徴とは


他人に気遣いが出来る人は、対人関係において以下のことを気にしています。

他人に気遣いが出来る人は相手がしてほしいことを察する

他人に気遣いが出来る人は、周りを観察して、相手が言葉にする前に何をしてほしいか、何をしてあげたらよいのか理解することを大切にしています。

相手がしてほしいこと、というのが重要です。思いだけの気遣いでは、ただの自己満足になってしまいます。

気遣いが出来る人は積極的に行動する

考えるのは大切ですが、考えているだけでは相手に伝わりません。他人に気遣いが出来る人は小さなことからでも、思いついた相手のしてほしいことを、行動に移すようにしています。

積極的に行動すれば、だんだんその気遣いが身についていきます。
また、行動に移すときに相手からの感謝を期待しないことも大切です。

誰にでも平等に接する

「気遣い」ができる人は、特定の誰かに対してだけではなく、誰にでも平等に接するという特徴があります。

どんなことをされると嬉しいか、どんなことをされると嫌がるか、というのは人によって千差万別です。

したがって一部の人にだけ気配りをするというのは、気配りをする幅がかなり限られてきます。

それらのことを加味すると、本当に「気遣い」ができる人とは、一人ひとりの好みを考えながら相手が喜ぶことを行動に移すことができる人です。

気遣いができる人になるには?


いざ「気遣い」ができる人になりたいと思っても、どうやったら良いのか分からないという人も多いかもしれません。

そこでこの項目では、「気遣い」ができる人になるポイントとして3つ取り上げました。

相手の気持ちを想像する

一つ目のポイントは、相手の気持ちを想像することです。

「この人はどんなことをされると喜んでくれるのだろう?」や、「この人はどういうことに対して嫌悪感を持つのだろう?」など、相手の立場になって相手の気持ちを考えます。

重要なのは、自分がされて嬉しいことと、相手がされて嬉しいことは必ずしも一致するわけではないということです。

例えば自分が甘いものが好きだったとしても、甘いものが苦手な人にお菓子をプレゼントすれば喜んではもらえないでしょう。

したがってまずは相手の好き嫌いを尋ねるなど、相手の好みを把握することから始めてみると良いかもしれません。

心にゆとりを持つ

二つ目のポイントは、心にゆとりを持つことです。

自分のことで手一杯であったり、他の人に対して心を向ける余裕がない人は、「気遣い」をするというのが難しいかもしれません。

なぜなら心にゆとりがない人は、他の人のことを考える余裕がないからです。

心にゆとりを持つ方法としては、自分がやるべくタスクをまずは終わらせ、時間的なゆとりを生み出すことが考えられるでしょう。

時間的にゆとりを持つことができれば、その分を他の人に対して向けることができるというわけです。

自分がやるべきタスクが多すぎて把握できないという人は、紙に一つずつ書き出して可視化することから始めてみると良いかもしれません。

クッション言葉を用いる

三つ目のポイントは、「クッション言葉」を用いることです。

「クッション言葉」とは、「伝えたい本題に入る前に一言添えて気遣いを示す言葉」を指します。

「クッション言葉」の具体例としては、「お手数ですが」や「お言葉ですが」、「恐れ入りますが」や「差し支えなければ」といったものが挙げられるでしょう。

ストレートに発してしまうと厳しく感じてしまいがちな言葉の衝撃を和らげてくれる効果があります。

「クッション言葉」を使うことによって相手への「気遣い」を感じさせることができ、言いにくいことも言いやすくなるというわけです。

ビジネスシーンでもよく用いられるので、「クッション言葉」の意味や使い方は覚えておいた方が良いかもしれません。

気遣いについてのまとめ

  • 気遣いとは、気をつかうこと。心づかい。や好ましくないことが起こるのではないかという心配。の意味です。
  • 漢字では、「気使い」ではなく「気遣い」と書きます。
  • 気遣いの類語には、配慮・恩情・厚意・気苦労・気がかりなどがあります。
  • 気遣いと気配りの違いは、一般的には、気遣いは相手に対して、気配りは広い範囲に対しての配慮と対象に違いがあります。
  • 「心遣い」の方が「気遣い」よりも相手を労わる気持ちが強く表れています。
  • 気遣いの英語表現には、「concern」、「consideration」などがあります。「気遣いありがとうございます」は“Thank you for your concern.”など、 気遣いのできる人は“She/He is attentive.”などの表現があります。
  • 気遣い、気配りができる人の特徴は、相手がしてほしいことを察する、積極的に行動が出来る、などです。
  • 「気遣い」ができる人になるには、相手の気持ちを想像したり、心にゆとりを持ったりすることが考えられます。